Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 浜岡原子力発電所(はまおか げんしりょくはつでんしょ)は、日本の静岡県御前崎市にある中部電力唯一の原子力発電所である。1号機から5号機まで5つの発電設備があるが、1号機と2号機は2009年1月に運転を終了した。敷地面積は160万m²(東西1.5km、南北1km)で、PR施設である浜岡原子力館が併設されている。東海地震の予想震源域にあり、活断層が直下にあるという説まで発表されており、またトラブルが多発していることなどから耐震性の不足が懸念されている(#地震に対する懸念、#過去の主なトラブルの節を参照)。また、今までは高さ10m - 15mの砂丘で高さ(斜面遡上高)8mの津波を防ぐ想定になっていたが、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震における福島第一原子力発電所事故の教訓から、同年3月16日に2、3年以内に地上高4m(標高、海抜12m)ほどの防波壁を作る計画が発表された。翌4月に海抜15mへの変更が決定されたが、7月22日に発表された新策定では、地上高は海抜18mへとさらに引き上げられ、完成予定も2012年12月と大幅な前倒しとなった。2011年5月6日、内閣総理大臣の菅直人が全原子炉の運転停止を経済産業大臣の海江田万里を通じて要請。これに対して中部電力は5月9日、「現在運転中の4号機、5号機を停止する決定をした」旨を発表した。また当時、定期検査から停止したままであった3号機についても「当面運転再開を見送る」と発表した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 118473 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 60331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59087792 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:公式サイト
prop-ja:公用語表記
  • Hamaoka Nuclear Power Station
prop-ja:出力
  • 54 (xsd:integer)
  • 84 (xsd:integer)
  • 110 (xsd:integer)
  • 113.700000 (xsd:double)
  • 138 (xsd:integer)
prop-ja:営業運転開始日
  • --01-18
  • --01-30
  • --03-17
  • --08-28
  • --09-03
  • --11-29
prop-ja:所在地
  • 〒437-1695
  • 静岡県御前崎市佐倉5561
prop-ja:正式名称
  • 浜岡原子力発電所
prop-ja:燃料
  • 低濃縮二酸化ウラン
prop-ja:燃料使用量
  • -
prop-ja:画像
  • Hamaoka NPP 201005.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 浜岡原子力発電所(浜岡原子力館展望台から)
prop-ja:着工日
  • --02-22
  • --03-01
  • --03-05
  • --03-19
  • --11-29
prop-ja:種類
prop-ja:経度分
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 138 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 39 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 37 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 34 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:電気事業者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 浜岡原子力発電所(はまおか げんしりょくはつでんしょ)は、日本の静岡県御前崎市にある中部電力唯一の原子力発電所である。1号機から5号機まで5つの発電設備があるが、1号機と2号機は2009年1月に運転を終了した。敷地面積は160万m²(東西1.5km、南北1km)で、PR施設である浜岡原子力館が併設されている。東海地震の予想震源域にあり、活断層が直下にあるという説まで発表されており、またトラブルが多発していることなどから耐震性の不足が懸念されている(#地震に対する懸念、#過去の主なトラブルの節を参照)。また、今までは高さ10m - 15mの砂丘で高さ(斜面遡上高)8mの津波を防ぐ想定になっていたが、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震における福島第一原子力発電所事故の教訓から、同年3月16日に2、3年以内に地上高4m(標高、海抜12m)ほどの防波壁を作る計画が発表された。翌4月に海抜15mへの変更が決定されたが、7月22日に発表された新策定では、地上高は海抜18mへとさらに引き上げられ、完成予定も2012年12月と大幅な前倒しとなった。2011年5月6日、内閣総理大臣の菅直人が全原子炉の運転停止を経済産業大臣の海江田万里を通じて要請。これに対して中部電力は5月9日、「現在運転中の4号機、5号機を停止する決定をした」旨を発表した。また当時、定期検査から停止したままであった3号機についても「当面運転再開を見送る」と発表した。
rdfs:label
  • 浜岡原子力発電所
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of