Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 木崎原の戦い(きざきばるのたたかい)は、元亀3年(1572年)、日向国真幸院木崎原(現宮崎県えびの市)において伊東義祐と島津義弘の間でおこなわれた合戦である。大軍(3,000人という説が有力)を擁していた伊東側が、少数の兵力(300人)しか持っていなかった島津側に大敗したことから、「九州の桶狭間」とも呼ばれる(但し桶狭間の戦いと違い、島津軍も将兵の8割以上が討死したという大損害を出している)。なお、この戦いには相良義陽も伊東軍と連合する予定で出陣したが、義弘の計略により撤退している。この戦いをきっかけとして伊東氏は衰退し始め、後の「高城川の戦い(耳川の戦い)」の遠因ともなった。なお「木崎原の戦い」とは島津側の呼び方で、伊東側では「覚頭(加久藤)合戦」とされている。
dbpedia-owl:casualties
  • 257 (xsd:integer)
  • 810 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • 伊東軍庵木瓜|20px
  • 島津軍丸に十字|20px
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:result
  • 島津軍の勝利
dbpedia-owl:strength
  • 300
  • 3000(有力説)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 661495 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5885 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58701101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 木崎原の戦い(覚頭(加久藤)合戦)
prop-ja:casualties
  • 257 (xsd:integer)
  • 810 (xsd:integer)
prop-ja:combatant
  • 伊東軍庵木瓜|20px
  • 島津軍丸に十字|20px
prop-ja:commander
  • 伊東祐安庵木瓜|20px
  • 島津義弘丸に十字|20px
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --01-01
  • --05-04
prop-ja:place
  • 日向国真幸院木崎原
prop-ja:result
  • 島津軍の勝利
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:strength
  • 300 (xsd:integer)
  • 3000 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 木崎原の戦い(きざきばるのたたかい)は、元亀3年(1572年)、日向国真幸院木崎原(現宮崎県えびの市)において伊東義祐と島津義弘の間でおこなわれた合戦である。大軍(3,000人という説が有力)を擁していた伊東側が、少数の兵力(300人)しか持っていなかった島津側に大敗したことから、「九州の桶狭間」とも呼ばれる(但し桶狭間の戦いと違い、島津軍も将兵の8割以上が討死したという大損害を出している)。なお、この戦いには相良義陽も伊東軍と連合する予定で出陣したが、義弘の計略により撤退している。この戦いをきっかけとして伊東氏は衰退し始め、後の「高城川の戦い(耳川の戦い)」の遠因ともなった。なお「木崎原の戦い」とは島津側の呼び方で、伊東側では「覚頭(加久藤)合戦」とされている。
rdfs:label
  • 木崎原の戦い
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 木崎原の戦い(覚頭(加久藤)合戦)
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of