Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 景観生態学(けいかんせいたいがく、英語:landscape ecology)は、景観を研究対象とした生態学。ドイツの地理学者、カール・トロールにより1938年に創出された。景観の諸特性と潜在的な価値を評価し、土地利用に応用することをその目的とする実学として発展した。この分野の研究対象は、人間活動の影響が少ない自然域の景観とともに人間活動の影響が多く反映している都市域の景観を含む。自然科学の枠を超える様々な方面からのアプローチが必要であると言われているが、その研究は世界的にもまだ少なく規模も小さい。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 523936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1494 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58693292 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 景観生態学(けいかんせいたいがく、英語:landscape ecology)は、景観を研究対象とした生態学。ドイツの地理学者、カール・トロールにより1938年に創出された。景観の諸特性と潜在的な価値を評価し、土地利用に応用することをその目的とする実学として発展した。この分野の研究対象は、人間活動の影響が少ない自然域の景観とともに人間活動の影響が多く反映している都市域の景観を含む。自然科学の枠を超える様々な方面からのアプローチが必要であると言われているが、その研究は世界的にもまだ少なく規模も小さい。
rdfs:label
  • 景観生態学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of