Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日本美術会(にほんびじゅつかい)は、日本美術の自由で民主的な発展とその新しい価値の創造を目的とする美術団体。略称「日美」。鈴木賢二や岡本唐貴といった、第2次世界大戦前のプロレタリア美術運動経験者も創立時に参加した。初代書記長の内田巌が藤田嗣治の戦争責任を追及したことでも知られる。創立時の委員には須田国太郎、林武、児島善三郎、岡鹿之助、柳原義達、土方定一ら。1949年から、1950年代の末にかけて、野口弥太郎、水沢澄夫、井上長三郎、別府貫一郎、吉井忠、新海覚雄、箕田源二郎、硲伊之助、中島保彦らが委員長や書記長(事務局長)に選ばれた。1960年前後、事務局長に桂川寛、中野淳、金野新一、澤田俊一ら、新進の美術家が選ばれた。1990年代に東京都美術館の予算縮減案が提出された頃、再三、都知事、都議会、教育庁に対して、美術家平和会議・全日本職場美術協議会とともに申し入れを行った。2003年1月12日、「ノー・ウォー美術家の集い横浜」(稲木秀臣、加藤義郎、日夏露彦ら10人)が発表した反戦アピール「戦争?やめてよ!!!」に団体として賛同。機関誌として『美術運動』(最近は年1回発行)を刊行している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1947993 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3719 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 93 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54881547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日本美術会(にほんびじゅつかい)は、日本美術の自由で民主的な発展とその新しい価値の創造を目的とする美術団体。略称「日美」。鈴木賢二や岡本唐貴といった、第2次世界大戦前のプロレタリア美術運動経験者も創立時に参加した。初代書記長の内田巌が藤田嗣治の戦争責任を追及したことでも知られる。創立時の委員には須田国太郎、林武、児島善三郎、岡鹿之助、柳原義達、土方定一ら。1949年から、1950年代の末にかけて、野口弥太郎、水沢澄夫、井上長三郎、別府貫一郎、吉井忠、新海覚雄、箕田源二郎、硲伊之助、中島保彦らが委員長や書記長(事務局長)に選ばれた。1960年前後、事務局長に桂川寛、中野淳、金野新一、澤田俊一ら、新進の美術家が選ばれた。1990年代に東京都美術館の予算縮減案が提出された頃、再三、都知事、都議会、教育庁に対して、美術家平和会議・全日本職場美術協議会とともに申し入れを行った。2003年1月12日、「ノー・ウォー美術家の集い横浜」(稲木秀臣、加藤義郎、日夏露彦ら10人)が発表した反戦アピール「戦争?やめてよ!!!」に団体として賛同。機関誌として『美術運動』(最近は年1回発行)を刊行している。
rdfs:label
  • 日本美術会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:elected of
is foaf:primaryTopic of