Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 差分法(さぶんほう、difference method)とは、微分方程式を解く数値解析における離散化手法のひとつである。関数が2つの変数値に対してとる値の間の有限な差を差分(さぶん、difference)といい、この差分を変数値の差で割って得られる商を差分商(さぶんしょう、difference quotient)という。微分を差分商で近似することにより微分方程式を解くものである。18世紀にオイラーが考案したと言われる。偏微分方程式の数値解法を特に有限差分法(ゆうげんさぶんほう、finite difference method, FDM)という。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 950818 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6290 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57018796 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 差分法(さぶんほう、difference method)とは、微分方程式を解く数値解析における離散化手法のひとつである。関数が2つの変数値に対してとる値の間の有限な差を差分(さぶん、difference)といい、この差分を変数値の差で割って得られる商を差分商(さぶんしょう、difference quotient)という。微分を差分商で近似することにより微分方程式を解くものである。18世紀にオイラーが考案したと言われる。偏微分方程式の数値解法を特に有限差分法(ゆうげんさぶんほう、finite difference method, FDM)という。
rdfs:label
  • 差分法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of