Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 対テロ戦争(たいテロせんそう、英語:War on Terrorism または War on Terror、略称はWOT)は、アメリカ同時多発テロ事件を引き金とした、アメリカ合衆国政府とそれに与する政府の有志連合による、国内外における外交、軍事作戦、金融、犯罪捜査、国土防衛、人道支援を通じたテロリズムとの戦いである。正式名はテロとのグローバル戦争と呼び、第三次世界大戦やテロとの戦いとも呼ばれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 4688 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9656 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 175 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59005310 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:casualties
  • ~17600人死亡
  • ~38500 - 46500人死亡
  • 軍の犠牲者のみ
prop-ja:casus
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
  • ウサーマ・ビン・ラーディン
  • ジョージ・W・ブッシュ、バラク・オバマ
  • トニー・ブレア
  • ムハンマド・オマル
prop-ja:conflict
  • 対テロ戦争
prop-ja:date
  • --10-07
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 戦闘は継続中であるが、「対テロ戦争」という定義はなされなくなった。戦争開始から約10年が経過した2011年に、オバマ政権により同時多発テロの首謀者であるオサマ・ビンラディン殺害が実現した事で一応の区切りがついたとされる事もある。
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 対テロ戦争(たいテロせんそう、英語:War on Terrorism または War on Terror、略称はWOT)は、アメリカ同時多発テロ事件を引き金とした、アメリカ合衆国政府とそれに与する政府の有志連合による、国内外における外交、軍事作戦、金融、犯罪捜査、国土防衛、人道支援を通じたテロリズムとの戦いである。正式名はテロとのグローバル戦争と呼び、第三次世界大戦やテロとの戦いとも呼ばれた。
rdfs:label
  • 対テロ戦争
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:battles of
is prop-ja:conflict of
is prop-ja:partof of
is prop-ja:war of
is prop-ja:wars of
is prop-ja:戦争 of
is prop-ja:戦闘 of
is prop-ja:歴史 of
is foaf:primaryTopic of