Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 宇田川氏(うだがわし)とは 15世紀頃(室町時代)から品川や葛西など東京湾岸に定着した豪族である。地域により、佐々木氏または上杉氏の庶流と伝えられる。 もともと鎌倉を拠点とした上杉氏や太田氏に従い江戸の開発に携わっていた。 分家等が品川(あるいは渋谷宇田川町)を中心として江戸の各地に広がったとみられ、現在では東京やその周辺(主に浦安市)で特徴的に多い姓として知られている。 浮世絵師・歌川豊春を祖とする歌川派の由来でもある。 津山藩の藩医(江戸詰)を勤めた一族であり、蘭学の名門である(祖は上に同じ)。室町時代から続く江戸発祥の氏であり、最初に名乗った人物は品川の宇田川和泉守長清(後述)と目されている。ただし、長清がこれらの系統すべての祖であるかどうかについては、明確な史料が流通しておらず不明である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 963755 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 140 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58226230 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 宇田川氏(うだがわし)とは 15世紀頃(室町時代)から品川や葛西など東京湾岸に定着した豪族である。地域により、佐々木氏または上杉氏の庶流と伝えられる。 もともと鎌倉を拠点とした上杉氏や太田氏に従い江戸の開発に携わっていた。 分家等が品川(あるいは渋谷宇田川町)を中心として江戸の各地に広がったとみられ、現在では東京やその周辺(主に浦安市)で特徴的に多い姓として知られている。 浮世絵師・歌川豊春を祖とする歌川派の由来でもある。 津山藩の藩医(江戸詰)を勤めた一族であり、蘭学の名門である(祖は上に同じ)。室町時代から続く江戸発祥の氏であり、最初に名乗った人物は品川の宇田川和泉守長清(後述)と目されている。ただし、長清がこれらの系統すべての祖であるかどうかについては、明確な史料が流通しておらず不明である。
rdfs:label
  • 宇田川氏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of