Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 台湾の宗教(たいわんのしゅうきょう)では現在の台湾での宗教の概況を説明する。台湾の宗教は中華民国憲法により宗教の自由が認められ、各宗教は平等であると規定されている。布教活動も自由であり政府と宗教の間には関係は存在していない(政教分離)。2009年の台湾政府内政部の統計報告によれば、道教・キリスト教・仏教が主流を占めており、それ以外に一貫道やイスラム教、バハーイー教、日本を発祥とする宗教団体(天理教、真光教)などの信者も存在している。2003年の米国国務省が発表した『世界の宗教の自由に関する報告』の中で、台湾の二大宗教として仏教と道教を掲示し、仏教徒が約548万人、道教徒が454万人と推計している。しかしこの報告書では民間信仰を道教に区分したり、また仏教と道教双方に算入される場合も有り、その信徒数は重複しているものと考えられる。また新興宗教や法輪功など広義の宗教は現在の台湾で数万以上の信徒を獲得し活発に活動している。調査では現在の台湾人の86%が宗教を信仰し、50%以上が日常より何らかの宗教儀式に関与しているとされている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1107132 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8041 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59144552 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
prop-ja:float
  • right
prop-ja:title
  • 台湾の宗教
prop-ja:titlebar
  • #ddd
prop-ja:width
  • 420 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 台湾の宗教(たいわんのしゅうきょう)では現在の台湾での宗教の概況を説明する。台湾の宗教は中華民国憲法により宗教の自由が認められ、各宗教は平等であると規定されている。布教活動も自由であり政府と宗教の間には関係は存在していない(政教分離)。2009年の台湾政府内政部の統計報告によれば、道教・キリスト教・仏教が主流を占めており、それ以外に一貫道やイスラム教、バハーイー教、日本を発祥とする宗教団体(天理教、真光教)などの信者も存在している。2003年の米国国務省が発表した『世界の宗教の自由に関する報告』の中で、台湾の二大宗教として仏教と道教を掲示し、仏教徒が約548万人、道教徒が454万人と推計している。しかしこの報告書では民間信仰を道教に区分したり、また仏教と道教双方に算入される場合も有り、その信徒数は重複しているものと考えられる。また新興宗教や法輪功など広義の宗教は現在の台湾で数万以上の信徒を獲得し活発に活動している。調査では現在の台湾人の86%が宗教を信仰し、50%以上が日常より何らかの宗教儀式に関与しているとされている。
rdfs:label
  • 台湾の宗教
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of