Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 台湾のメディア史(たいわんのメディアし)では台湾における近代メディアの萌芽とその発展を概説する。台湾のメディアは日本統治時代に新聞・放送の基礎が築かれたことに遡る事ができる。1945年の終戦によりメディアは比較的制約を受けない環境に置かれたが、二二八事件発生後は言論の自由は、1987年の戒厳令解除まで非常に制約された状況に置かれた。戒厳令解除後は1988年に中華民国政府は報道規制を解除、1993年には地上波放送とケーブルテレビの全面自由化が実施されると、台湾メディアは急速に発達することとなった。現在はメディアでは自由な競争が実現したが、メディアの急増により過当競争も発生、さらに政治勢力もメディア支配を完全に放棄しておらず、メディアの報道のありかたについて社会問題となり、その改善が課題となっている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1102020 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15569 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 327 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54008520 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 台湾のメディア史(たいわんのメディアし)では台湾における近代メディアの萌芽とその発展を概説する。台湾のメディアは日本統治時代に新聞・放送の基礎が築かれたことに遡る事ができる。1945年の終戦によりメディアは比較的制約を受けない環境に置かれたが、二二八事件発生後は言論の自由は、1987年の戒厳令解除まで非常に制約された状況に置かれた。戒厳令解除後は1988年に中華民国政府は報道規制を解除、1993年には地上波放送とケーブルテレビの全面自由化が実施されると、台湾メディアは急速に発達することとなった。現在はメディアでは自由な競争が実現したが、メディアの急増により過当競争も発生、さらに政治勢力もメディア支配を完全に放棄しておらず、メディアの報道のありかたについて社会問題となり、その改善が課題となっている。
rdfs:label
  • 台湾のメディア史
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of