Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 古代核戦争説(こだいかくせんそうせつ)とは、有史以前の地球に近代人の知らない超古代文明が栄えていたが、核戦争により滅亡したとする説。または、四大文明および同時代の文明が核戦争により滅亡したという説。常識的な歴史観に反するため正統派考古学者、歴史学者の間ではまともな論議の対象となっておらず、これまで学術的な分析でも成果は挙がっていない。成果がない以上、当然ながら科学的な根拠も存在しないので、現時点では単なる空想と見なされ、オカルトや疑似科学、SFの題材として扱われることが多い。また、この説が主張されたのは冷戦期、全面核戦争とそれによる文明の全面滅亡の脅威が真剣に論じられていたころ、言い換えれば文明は滅亡しても人類は存続できるだろうと信じられていたころであり、全面核戦争が起きればいわゆる『核の冬』によって人類そのものが絶滅するだろうと言われるようになり、さらに冷戦終了とともに全面核戦争の脅威が忘れられると、この説もまた忘れられていった(なお、古代に全面核戦争だけでなく核の冬も起きたという説は存在していない)。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 475213 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 89 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58677600 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 古代核戦争説(こだいかくせんそうせつ)とは、有史以前の地球に近代人の知らない超古代文明が栄えていたが、核戦争により滅亡したとする説。または、四大文明および同時代の文明が核戦争により滅亡したという説。常識的な歴史観に反するため正統派考古学者、歴史学者の間ではまともな論議の対象となっておらず、これまで学術的な分析でも成果は挙がっていない。成果がない以上、当然ながら科学的な根拠も存在しないので、現時点では単なる空想と見なされ、オカルトや疑似科学、SFの題材として扱われることが多い。また、この説が主張されたのは冷戦期、全面核戦争とそれによる文明の全面滅亡の脅威が真剣に論じられていたころ、言い換えれば文明は滅亡しても人類は存続できるだろうと信じられていたころであり、全面核戦争が起きればいわゆる『核の冬』によって人類そのものが絶滅するだろうと言われるようになり、さらに冷戦終了とともに全面核戦争の脅威が忘れられると、この説もまた忘れられていった(なお、古代に全面核戦争だけでなく核の冬も起きたという説は存在していない)。
rdfs:label
  • 古代核戦争説
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of