Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『前略おふくろ様』(ぜんりゃくおふくろさま)は1975年から1977年まで日本テレビ系列の金曜劇場で放送されたドラマである。倉本聰原案による、東京の下町(深川)を舞台にした、照れ屋な板前の青年(萩原健一)と周囲の人々との触れ合いを描いた青春ドラマ。当時まだ駆け出しの女優だった桃井かおりと東映の大部屋俳優だった川谷拓三を一躍有名にしたことで知られる。また、これまでの映画やテレビドラマでアウトローな役柄を演じてきた萩原を主人公の純朴な青年に、ヤクザやプレイボーイ役を演じることの多かった梅宮辰夫を熟練の渋い板前役にキャスティングし、イメージ・チェンジさせたのもこの作品である。タイトルは萩原演じる主人公が母親宛に書き綴る手紙の冒頭(冠省)部分であり、劇中のナレーションも萩原がその手紙を読むという形になっている。このナレーションの手法は後の倉本作品『北の国から』にも採用された。第1シリーズは1975年10月17日 - 1976年4月9日の放送で、料亭「分田上」が舞台、第2シリーズは1976年10月15日 - 1977年4月1日に放送され、前作から1年半後の設定で舞台は料亭「川波」に移った。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 559046 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 378 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59248904 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:2前番組
  • あがり一丁!
prop-ja:2放送局
  • 日本テレビ系
prop-ja:2放送枠
  • 金曜劇場(1976.10-1977.3)
prop-ja:2次番組
prop-ja:2番組名
  • 前略おふくろ様(第2部)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:前番組
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
  • 金曜劇場(1975.10-1976.4)
prop-ja:次番組
prop-ja:番組名
  • 前略おふくろ様(第1部)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『前略おふくろ様』(ぜんりゃくおふくろさま)は1975年から1977年まで日本テレビ系列の金曜劇場で放送されたドラマである。倉本聰原案による、東京の下町(深川)を舞台にした、照れ屋な板前の青年(萩原健一)と周囲の人々との触れ合いを描いた青春ドラマ。当時まだ駆け出しの女優だった桃井かおりと東映の大部屋俳優だった川谷拓三を一躍有名にしたことで知られる。また、これまでの映画やテレビドラマでアウトローな役柄を演じてきた萩原を主人公の純朴な青年に、ヤクザやプレイボーイ役を演じることの多かった梅宮辰夫を熟練の渋い板前役にキャスティングし、イメージ・チェンジさせたのもこの作品である。タイトルは萩原演じる主人公が母親宛に書き綴る手紙の冒頭(冠省)部分であり、劇中のナレーションも萩原がその手紙を読むという形になっている。このナレーションの手法は後の倉本作品『北の国から』にも採用された。第1シリーズは1975年10月17日 - 1976年4月9日の放送で、料亭「分田上」が舞台、第2シリーズは1976年10月15日 - 1977年4月1日に放送され、前作から1年半後の設定で舞台は料亭「川波」に移った。
rdfs:label
  • 前略おふくろ様
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of