Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 処罰(しょばつ)とは、一般的な意味として「罰を与えること」と定義される。法的な意味では、国家権力による刑罰権の発動を意味する。近代国家の多くは私的復讐や仇討ちを認めず、刑罰権を独占することで民主主義を担保している。刑罰原理はおおむね三つの観点から説明されるのが一般的である。すなわち、侵害原理(harm principle)道徳原理(moralism)家父長主義原理(paternalism)のいずれかによって正当化されるのである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 369190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 375 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53844370 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 処罰(しょばつ)とは、一般的な意味として「罰を与えること」と定義される。法的な意味では、国家権力による刑罰権の発動を意味する。近代国家の多くは私的復讐や仇討ちを認めず、刑罰権を独占することで民主主義を担保している。刑罰原理はおおむね三つの観点から説明されるのが一般的である。すなわち、侵害原理(harm principle)道徳原理(moralism)家父長主義原理(paternalism)のいずれかによって正当化されるのである。
rdfs:label
  • 処罰
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of