Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『三丁目の夕日』(さんちょうめのゆうひ)は、西岸良平による日本の漫画作品。および、それを原作としたアニメ、実写映画作品。『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて、1974年9月20日号より連載中。しかし、2013年4月20日号に体力の衰えなどの理由に『月イチ掲載のごあいさつ』を行い、以降は毎月1本(ビッグコミックオリジナルは毎月2回発行)の連載となる。1955年から1964年までの「夕日町三丁目」を舞台としている。単行本は2015年5月現在、63巻まで刊行中。単行本には『夕焼けの詩』というタイトルが付いているが、これは西岸の複数の作品が合わせて収録されているため、あくまで西岸の作品集という体裁で単行本固有のタイトルにしたものである。ただし収録作品のほとんどは『三丁目の夕日』からのものになっている。『夕焼けの詩』第1巻の作品はすべて『プロフェッショナル列伝』(『三丁目の夕日』の前に西岸が同誌で連載していた作品)、2巻・7巻は西岸のデビュー作及び初期の短編集となっている。他にも4巻に収録の「かくれんぼ」「振り子時計の下」、5巻の「サーカスの夜」「星ガメの夢」「五月の逃亡者」、6巻の「幻海紀行」、7巻の「影絵の部屋」、9巻の「涼子の不思議な力」「僕たちの青春」、10巻の「海岸通り」、11巻の「虹色坂の怪」、16巻の「海の動物園」、20巻の「コスモゾーン」などの一部の話は、『ビッグコミックオリジナル』増刊号などに掲載された読み切り短編である。なお、近年発売のコンビニ販売の廉価版シリーズ、傑作集、文庫版、他特別編などは、すべて『三丁目の夕日』からの収録である。
dbpedia-owl:creator
dbpedia-owl:director
dbpedia-owl:musicComposer
dbpedia-owl:productionCompany
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 102312 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6983 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 144 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59149581 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:writer
prop-ja:2前番組
prop-ja:2放送局
  • 毎日放送
prop-ja:2放送枠
  • 土曜17時台前半
prop-ja:2次番組
prop-ja:2番組名
  • 三丁目の夕日
  • (1991年4月 - 1991年9月)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アニメーション制作
prop-ja:タイトル
  • 三丁目の夕日
  • 夕焼けの詩
prop-ja:レーベル
prop-ja:作者
prop-ja:出版社
prop-ja:前番組
prop-ja:原作
  • 西岸良平
prop-ja:巻数
  • 既刊64巻
prop-ja:掲載誌
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
  • 金曜19時台前半
prop-ja:放送終了
  • --03-22
prop-ja:放送開始
  • --10-12
prop-ja:次番組
prop-ja:番組名
  • 三丁目の夕日
  • (1990年10月 - 1991年3月)
prop-ja:監督
prop-ja:製作
prop-ja:話数
  • 27 (xsd:integer)
prop-ja:開始
  • 1974 (xsd:integer)
prop-ja:音楽
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『三丁目の夕日』(さんちょうめのゆうひ)は、西岸良平による日本の漫画作品。および、それを原作としたアニメ、実写映画作品。『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて、1974年9月20日号より連載中。しかし、2013年4月20日号に体力の衰えなどの理由に『月イチ掲載のごあいさつ』を行い、以降は毎月1本(ビッグコミックオリジナルは毎月2回発行)の連載となる。1955年から1964年までの「夕日町三丁目」を舞台としている。単行本は2015年5月現在、63巻まで刊行中。単行本には『夕焼けの詩』というタイトルが付いているが、これは西岸の複数の作品が合わせて収録されているため、あくまで西岸の作品集という体裁で単行本固有のタイトルにしたものである。ただし収録作品のほとんどは『三丁目の夕日』からのものになっている。『夕焼けの詩』第1巻の作品はすべて『プロフェッショナル列伝』(『三丁目の夕日』の前に西岸が同誌で連載していた作品)、2巻・7巻は西岸のデビュー作及び初期の短編集となっている。他にも4巻に収録の「かくれんぼ」「振り子時計の下」、5巻の「サーカスの夜」「星ガメの夢」「五月の逃亡者」、6巻の「幻海紀行」、7巻の「影絵の部屋」、9巻の「涼子の不思議な力」「僕たちの青春」、10巻の「海岸通り」、11巻の「虹色坂の怪」、16巻の「海の動物園」、20巻の「コスモゾーン」などの一部の話は、『ビッグコミックオリジナル』増刊号などに掲載された読み切り短編である。なお、近年発売のコンビニ販売の廉価版シリーズ、傑作集、文庫版、他特別編などは、すべて『三丁目の夕日』からの収録である。
rdfs:label
  • 三丁目の夕日
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 三丁目の夕日
  • 夕焼けの詩
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:3前番組 of
is prop-ja:前番組 of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of