Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴァイマル文化(-ぶんか、Weimar culture. 「ヴァイマル」 は「ワイマール」 と発音されることも多い。)とは、ヴァイマル共和政期(1918年の第一次世界大戦終結におけるドイツの敗北から1933年のヒトラー政権成立まで)に叢生した諸文化の勃興を指す。この時代の知的成果は、人類史上最高水準のものの1つとして引用されることが多い。当時のドイツは理系分野はもとより文学、哲学及び芸術の最先端を行く国とされ、特に1920年代のベルリンはヴァイマル文化の牙城であった。なお、ヴァイマル共和政には当てはまらないものの、ドイツ語圏のオーストリア、就中ウィーンもヴァイマル文化の一部に含める場合がある。ドイツの知的環境に重要な新展開が見られたのは、国内の大学が初めてユダヤ人学者に門戸を開いた1918年であった。代表的なユダヤ人としては、社会学者のカール・マンハイム、エーリッヒ・フロム、テオドール・アドルノ、マックス・ホルクハイマー及びヘルベルト・マルクーゼ、哲学者のエルンスト・カッシーラー及びエトムント・フッサール、政治学者のアルトゥル・ローゼンベルクやグスタフ・メイエルらが挙げられる。同時期にはドイツ人9名がノーベル賞を受賞しているが、このうち5名がユダヤ人であったように、ユダヤ人はヴァイマル文化の諸分野において重要な役割を果たす。しかし保守派やナチ党といった右派は、これらの文化の多くを「退廃的」とみなした。1933年のヒトラー政権成立に伴い、これら「退廃的」な文化の担い手は、表現を変更してナチスに迎合するか、もしくは迫害、亡命の選択を迫られた。アメリカ合衆国やイギリスなどへの亡命者はユダヤ人、非ユダヤ人を問わず多い。国内に留まった者は活動を禁止されたり、ひどい場合は強制収容所に入れられる者もいた。ヴァイマル時代の文化は1960年代、ドゥルーズ、ガタリ、フーコーの他デリダら、主としてフランスの革新系知識人から再評価を受けた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2727666 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24505 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 442 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59144462 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヴァイマル文化(-ぶんか、Weimar culture.
rdfs:label
  • ヴァイマル文化
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of