Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯、およびその幸運と不運』(スペイン語:La vida de Lazarillo de Tormes y de sus fortunas y adversidades)は、16世紀のスペインで出版された作者不明の中編小説。下層階級出身で社会寄生的存在を主人公とし、一人称の自伝体で語られる写実主義的傾向を持った「ピカレスク小説」と呼ばれる小説の形式で書かれており、同時に最初のピカレスク小説とみなされている。また、スペイン文学者の長南実は『ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯』について、ピカレスク小説の最初の、最高の傑作と評している。あまり自慢にならない両親の間に生まれた主人公ラサロ(Lázaro)と言う少年が親元を離れ、盲目の男を始めとした様々な主人に仕えるといった話が第七章まで一人称の自伝体で構成されている。スペインの繁栄の影で、飢餓や貧困に苛まれる底辺社会の実相をペシミスティックに表現している。2014年現在、現存する最古の『ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯』の版は1554年にスペインのアルカラ・デ・エナーレス、ブルゴス及びベルギーのアントウェルペンの3つの都市で出版された三種類であるが、これらのうちアルカラ・デ・エナーレスで出版された版には「新たに増補せる第2版」と記してあることから、1554年よりも古い版があったことが推定されているものの発見には至っていない。『ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯』はピカレスク小説の嚆矢となり、それまでスペインで流行していた理想主義的傾向が強かった「騎士道物語」に対するパロディや反動として主に16世紀から17世紀にかけて階級を問わずスペインで大流行した。また、スペインに留まらず1560年にはフランス語訳で出版され、1576年には英語訳で出版されるなどヨーロッパ全土に流行をもたらした。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3000705 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8805 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 163 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52215359 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
  • 作者不明
prop-ja:caption
  • Title page of the 1554 edition
prop-ja:country
prop-ja:genre
prop-ja:language
prop-ja:mediaType
prop-ja:name
  • ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯
prop-ja:releaseDate
  • 1554 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯、およびその幸運と不運』(スペイン語:La vida de Lazarillo de Tormes y de sus fortunas y adversidades)は、16世紀のスペインで出版された作者不明の中編小説。下層階級出身で社会寄生的存在を主人公とし、一人称の自伝体で語られる写実主義的傾向を持った「ピカレスク小説」と呼ばれる小説の形式で書かれており、同時に最初のピカレスク小説とみなされている。また、スペイン文学者の長南実は『ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯』について、ピカレスク小説の最初の、最高の傑作と評している。あまり自慢にならない両親の間に生まれた主人公ラサロ(Lázaro)と言う少年が親元を離れ、盲目の男を始めとした様々な主人に仕えるといった話が第七章まで一人称の自伝体で構成されている。スペインの繁栄の影で、飢餓や貧困に苛まれる底辺社会の実相をペシミスティックに表現している。2014年現在、現存する最古の『ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯』の版は1554年にスペインのアルカラ・デ・エナーレス、ブルゴス及びベルギーのアントウェルペンの3つの都市で出版された三種類であるが、これらのうちアルカラ・デ・エナーレスで出版された版には「新たに増補せる第2版」と記してあることから、1554年よりも古い版があったことが推定されているものの発見には至っていない。『ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯』はピカレスク小説の嚆矢となり、それまでスペインで流行していた理想主義的傾向が強かった「騎士道物語」に対するパロディや反動として主に16世紀から17世紀にかけて階級を問わずスペインで大流行した。また、スペインに留まらず1560年にはフランス語訳で出版され、1576年には英語訳で出版されるなどヨーロッパ全土に流行をもたらした。
rdfs:label
  • ラサリーリョ・デ・トルメスの生涯
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of