Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マルタ護送船団の海戦(マルタごそうせんだんのかいせん、Battle of the Malta Convoy)は、1800年2月18日、フランス革命戦争中に、マルタ包囲戦のさなかに起きた海戦である。この時マルタは1年半もの間、シチリアのパレルモを基地とするホレーショ・ネルソンが総指揮を執る、イギリス海軍の戦隊により海上封鎖されており、陸上ではイギリス、ポルトガル、そしてマルタ非正規兵が、フランス軍の駐屯する首都バレッタを包囲していた。この1800年2月、ナポリ王国政府は、包囲軍のポルトガル兵を自国の兵と替え、このナポリ兵たちは、ネルソンとキース卿ジョージ・エルフィンストーンと共にマルタに派遣された。彼らが着いたのは2月17日のことだった。フランスの駐屯隊は、1800年が明けて間もない時期には、かなり食糧が不足しており、駐屯隊による実効支配をマルタで維持するため、なりふりかまわぬ試みがなされ、バレッタに、食糧や武器や援軍を輸送するための、ジャン=バティスト・ペレー准将下の船団がトゥーロンで編成された。2月17日、海岸線沿いにイギリスの封鎖戦隊をかわすことを期待して、このフランス船団は南東からマルタに接近した。1800年2月18日、イギリス艦「アレグザンダー」の見張り役がフランスの船団を発見し、ネルソン戦隊の残りの艦を連れてこの船団を追った。この時エルフィンストーンはバレッタにいなかった。大部分のフランス艦はイギリスの追跡を引き離したが、1隻の輸送艦が追い抜かれて降伏を余儀なくされ、一方でペレーの旗艦である「ジェネリュー」は、自分よりもっと小型のフリゲート艦である「サクセス」に妨害されていた。砲撃が始まった時、「サクセス」はかなりの損害を受けたが、、ペレーは致命傷を負った。この交戦によるフランス船団の遅れから、イギリス主力戦隊は船団に追いつくことができ、いちじるしく数の上で劣った「ジェネリュー」は降伏した。ペレーは負傷してほどなく亡くなり、物資はどれ一つとしてマルタに届かなかったが、フランス駐屯隊は、形勢がイギリス有利となって行く中でその後7か月間持ちこたえ、1800年9月4日に降伏した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2793970 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13742 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 83 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57066528 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • マルタ島、右にバレッタ、上にゴゾ島が見える。
prop-ja:casualties
  • 戦死1
  • 負傷9
  • ジェネリューと輸送艦1隻が拿捕
prop-ja:combatant
  • グレートブリテン王国
  • フランス共和国
prop-ja:commander
  • 准将ジャン=バティスト・ペレー
  • 少将ホレーショ・ネルソン
prop-ja:conflict
  • マルタ護送船団の海戦
prop-ja:date
  • --02-18
prop-ja:latitude
  • 35.900000 (xsd:double)
prop-ja:longitude
  • 14.510000 (xsd:double)
prop-ja:mapCaption
  • イタリア半島
prop-ja:mapLabel
  • マルタ島
prop-ja:mapSize
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:mapType
  • Italy
prop-ja:partof
prop-ja:place
  • マルタ北岸沖
prop-ja:result
  • イギリスの勝利
prop-ja:strength
  • 16 (xsd:integer)
  • 20 (xsd:integer)
  • 74 (xsd:integer)
  • ノーサンバーランド
  • フリゲート艦サクセス
  • フードロイヤント
  • 戦列艦アレクサンダー
  • 輸送艦ヴィユ・ド・マルセイユ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マルタ護送船団の海戦(マルタごそうせんだんのかいせん、Battle of the Malta Convoy)は、1800年2月18日、フランス革命戦争中に、マルタ包囲戦のさなかに起きた海戦である。この時マルタは1年半もの間、シチリアのパレルモを基地とするホレーショ・ネルソンが総指揮を執る、イギリス海軍の戦隊により海上封鎖されており、陸上ではイギリス、ポルトガル、そしてマルタ非正規兵が、フランス軍の駐屯する首都バレッタを包囲していた。この1800年2月、ナポリ王国政府は、包囲軍のポルトガル兵を自国の兵と替え、このナポリ兵たちは、ネルソンとキース卿ジョージ・エルフィンストーンと共にマルタに派遣された。彼らが着いたのは2月17日のことだった。フランスの駐屯隊は、1800年が明けて間もない時期には、かなり食糧が不足しており、駐屯隊による実効支配をマルタで維持するため、なりふりかまわぬ試みがなされ、バレッタに、食糧や武器や援軍を輸送するための、ジャン=バティスト・ペレー准将下の船団がトゥーロンで編成された。2月17日、海岸線沿いにイギリスの封鎖戦隊をかわすことを期待して、このフランス船団は南東からマルタに接近した。1800年2月18日、イギリス艦「アレグザンダー」の見張り役がフランスの船団を発見し、ネルソン戦隊の残りの艦を連れてこの船団を追った。この時エルフィンストーンはバレッタにいなかった。大部分のフランス艦はイギリスの追跡を引き離したが、1隻の輸送艦が追い抜かれて降伏を余儀なくされ、一方でペレーの旗艦である「ジェネリュー」は、自分よりもっと小型のフリゲート艦である「サクセス」に妨害されていた。砲撃が始まった時、「サクセス」はかなりの損害を受けたが、、ペレーは致命傷を負った。この交戦によるフランス船団の遅れから、イギリス主力戦隊は船団に追いつくことができ、いちじるしく数の上で劣った「ジェネリュー」は降伏した。ペレーは負傷してほどなく亡くなり、物資はどれ一つとしてマルタに届かなかったが、フランス駐屯隊は、形勢がイギリス有利となって行く中でその後7か月間持ちこたえ、1800年9月4日に降伏した。
rdfs:label
  • マルタ護送船団の海戦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of