Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリア・テレジア・フォン・ネアペル=ジツィーリエン(Maria Theresia von Neapel-Sizilien, 1772年6月6日 - 1807年4月13日)は、神聖ローマ皇帝フランツ2世の2度目の妃。フランツ2世は1804年以降オーストリア皇帝フランツ1世を名乗り、マリア・テレジアは最後の神聖ローマ皇后および最初のオーストリア皇后となった。ナポリとシチリアの王フェルディナンド4世および3世(後の両シチリア王フェルディナンド1世)とその王妃マリア・カロリーナの長女。イタリア語名はマリーア・テレーザ(Maria Teresa)。名前は祖母である「女帝」マリア・テレジアにちなんでいる。1790年に、母方の従兄にあたるフランツ大公と結婚した。同年に妹ルイーザ・マリアがフランツの弟であるトスカーナ大公フェルディナンドと、1797年に弟フランチェスコ1世がフランツの妹マリア・クレメンティーネとそれぞれ結婚している。1792年、フランツの神聖ローマ皇帝即位に伴い皇后となった。夫フランツとの間に多くの子をもうけたが、1807年に34歳で死去した。フランツはその後さらに2度再婚した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 964720 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1934 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54721358 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリア・テレジア・フォン・ネアペル=ジツィーリエン(Maria Theresia von Neapel-Sizilien, 1772年6月6日 - 1807年4月13日)は、神聖ローマ皇帝フランツ2世の2度目の妃。フランツ2世は1804年以降オーストリア皇帝フランツ1世を名乗り、マリア・テレジアは最後の神聖ローマ皇后および最初のオーストリア皇后となった。ナポリとシチリアの王フェルディナンド4世および3世(後の両シチリア王フェルディナンド1世)とその王妃マリア・カロリーナの長女。イタリア語名はマリーア・テレーザ(Maria Teresa)。名前は祖母である「女帝」マリア・テレジアにちなんでいる。1790年に、母方の従兄にあたるフランツ大公と結婚した。同年に妹ルイーザ・マリアがフランツの弟であるトスカーナ大公フェルディナンドと、1797年に弟フランチェスコ1世がフランツの妹マリア・クレメンティーネとそれぞれ結婚している。1792年、フランツの神聖ローマ皇帝即位に伴い皇后となった。夫フランツとの間に多くの子をもうけたが、1807年に34歳で死去した。フランツはその後さらに2度再婚した。
rdfs:label
  • マリア・テレジア・フォン・ネアペル=ジツィーリエン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:母親 of
is foaf:primaryTopic of