Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ビルハルツ住血吸虫(ビルハルツじゅうけつきゅうちゅう、学名:Schistosoma haematobium)とは、住血吸虫科住血吸虫属に属する吸虫の1種。1851年にドイツの医師テオドール・ビルハルツ(Theodor Bilharz)により発見された。体形は線虫様に細長く、雌雄異体であり、終宿主には雄が抱雌管で雌を抱えた状態で寄生する。中間宿主は Bulinus 属の淡水巻貝、終宿主はヒトやサルで膀胱静脈叢に寄生する。主に中近東、インド、ポルトガル、アフリカで発生する。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:colour
dbpedia-owl:colourName
  • 動物界
dbpedia-owl:division
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:genus
dbpedia-owl:kingdom
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:phylum
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1412064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1341 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57925125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上科
  • 住血吸虫上科
prop-ja:亜科
  • 住血吸虫亜科
prop-ja:亜綱
  • 二生亜綱
prop-ja:名称
  • ビルハルツ住血吸虫
prop-ja:和名
  • ビルハルツ住血吸虫
prop-ja:学名
  • 1858 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 住血吸虫属
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • 膀胱内のビルハルツ住血吸虫の卵
prop-ja:
  • 動物界
prop-ja:
  • 有壁吸虫目
prop-ja:
  • 住血吸虫科
prop-ja:
  • ビルハルツ住血吸虫 S. haematobium
prop-ja:
  • 吸虫綱
prop-ja:
  • 動物界
prop-ja:
  • 扁形動物門
dc:description
  • 膀胱内のビルハルツ住血吸虫の卵
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ビルハルツ住血吸虫(ビルハルツじゅうけつきゅうちゅう、学名:Schistosoma haematobium)とは、住血吸虫科住血吸虫属に属する吸虫の1種。1851年にドイツの医師テオドール・ビルハルツ(Theodor Bilharz)により発見された。体形は線虫様に細長く、雌雄異体であり、終宿主には雄が抱雌管で雌を抱えた状態で寄生する。中間宿主は Bulinus 属の淡水巻貝、終宿主はヒトやサルで膀胱静脈叢に寄生する。主に中近東、インド、ポルトガル、アフリカで発生する。
rdfs:label
  • ビルハルツ住血吸虫
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ビルハルツ住血吸虫
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of