Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ディールス・アルダー反応(—はんのう、Diels-Alder reaction)とは、共役ジエンにアルケンが付加して6員環構造を生じる有機化学反応である。1928年にドイツの化学者、オットー・ディールス (Otto Diels) とクルト・アルダー (Kurt Alder) によって発見された(1950年にノーベル化学賞受賞20px)。ジエン合成とも呼ばれる。ペリ環状反応のうち、付加環化反応のひとつ。ディールス・アルダー反応の最も単純な例として、エチレンと1,3-ブタジエンの反応を挙げる。ディールス・アルダー反応について考えるとき、共役ジエンに対して反応するアルケン(上式ではエチレン)のことをジエノファイル(親ジエン体、dienophile、ジエノフィルとも)と呼ぶ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 172215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2628 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54020144 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ディールス・アルダー反応(—はんのう、Diels-Alder reaction)とは、共役ジエンにアルケンが付加して6員環構造を生じる有機化学反応である。1928年にドイツの化学者、オットー・ディールス (Otto Diels) とクルト・アルダー (Kurt Alder) によって発見された(1950年にノーベル化学賞受賞20px)。ジエン合成とも呼ばれる。ペリ環状反応のうち、付加環化反応のひとつ。ディールス・アルダー反応の最も単純な例として、エチレンと1,3-ブタジエンの反応を挙げる。ディールス・アルダー反応について考えるとき、共役ジエンに対して反応するアルケン(上式ではエチレン)のことをジエノファイル(親ジエン体、dienophile、ジエノフィルとも)と呼ぶ。
rdfs:label
  • ディールス・アルダー反応
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of