サモエード語派(サモエードごは、Samoyedic languages)またはサモイェード諸語(サモイェードしょご)は、ロシア連邦北部に住むモンゴロイドのサモエード人が話す言語群。フィン・ウゴル語派(フィンランド語やハンガリー語を含む)とともにウラル語族に属する。 分布域はカニン半島からタイミル半島、オビ川・エニセイ川流域のミヌシンスク盆地からサヤン山脈におよぶ。 最も多いネネツ語話者は3万人ほどいるが、その他の言語の話者は数十人から千人程度であり、ほとんどがテュルク諸語、モンゴル諸語またはツングース諸語と同化したグループがいたため、すでに死語となってしまった言語も多い。

Property Value
dbo:abstract
  • サモエード語派(サモエードごは、Samoyedic languages)またはサモイェード諸語(サモイェードしょご)は、ロシア連邦北部に住むモンゴロイドのサモエード人が話す言語群。フィン・ウゴル語派(フィンランド語やハンガリー語を含む)とともにウラル語族に属する。 分布域はカニン半島からタイミル半島、オビ川・エニセイ川流域のミヌシンスク盆地からサヤン山脈におよぶ。 最も多いネネツ語話者は3万人ほどいるが、その他の言語の話者は数十人から千人程度であり、ほとんどがテュルク諸語、モンゴル諸語またはツングース諸語と同化したグループがいたため、すでに死語となってしまった言語も多い。 (ja)
  • サモエード語派(サモエードごは、Samoyedic languages)またはサモイェード諸語(サモイェードしょご)は、ロシア連邦北部に住むモンゴロイドのサモエード人が話す言語群。フィン・ウゴル語派(フィンランド語やハンガリー語を含む)とともにウラル語族に属する。 分布域はカニン半島からタイミル半島、オビ川・エニセイ川流域のミヌシンスク盆地からサヤン山脈におよぶ。 最も多いネネツ語話者は3万人ほどいるが、その他の言語の話者は数十人から千人程度であり、ほとんどがテュルク諸語、モンゴル諸語またはツングース諸語と同化したグループがいたため、すでに死語となってしまった言語も多い。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1449487 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1434 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77110046 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:child
  • 南サモエード語群 (ja)
  • 北サモエード語群 (ja)
  • 南サモエード語群 (ja)
  • 北サモエード語群 (ja)
prop-ja:familycolor
  • Uralic (ja)
  • Uralic (ja)
prop-ja:glotto
  • samo1298 (ja)
  • samo1298 (ja)
prop-ja:glottorefname
  • Samoyedic (ja)
  • Samoyedic (ja)
prop-ja:iso
  • syd (ja)
  • syd (ja)
prop-ja:mapCaption
  • サモエード諸語の地理的分布(黄色の部分) (ja)
  • サモエード諸語の地理的分布(黄色の部分) (ja)
prop-ja:name
  • サモエード語派 (ja)
  • サモエード語派 (ja)
prop-ja:protoname
  • サモエード語派 (ja)
  • サモエード語派 (ja)
prop-ja:region
  • 西シベリア・極北地帯 (ja)
  • 西シベリア・極北地帯 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • サモエード語派(サモエードごは、Samoyedic languages)またはサモイェード諸語(サモイェードしょご)は、ロシア連邦北部に住むモンゴロイドのサモエード人が話す言語群。フィン・ウゴル語派(フィンランド語やハンガリー語を含む)とともにウラル語族に属する。 分布域はカニン半島からタイミル半島、オビ川・エニセイ川流域のミヌシンスク盆地からサヤン山脈におよぶ。 最も多いネネツ語話者は3万人ほどいるが、その他の言語の話者は数十人から千人程度であり、ほとんどがテュルク諸語、モンゴル諸語またはツングース諸語と同化したグループがいたため、すでに死語となってしまった言語も多い。 (ja)
  • サモエード語派(サモエードごは、Samoyedic languages)またはサモイェード諸語(サモイェードしょご)は、ロシア連邦北部に住むモンゴロイドのサモエード人が話す言語群。フィン・ウゴル語派(フィンランド語やハンガリー語を含む)とともにウラル語族に属する。 分布域はカニン半島からタイミル半島、オビ川・エニセイ川流域のミヌシンスク盆地からサヤン山脈におよぶ。 最も多いネネツ語話者は3万人ほどいるが、その他の言語の話者は数十人から千人程度であり、ほとんどがテュルク諸語、モンゴル諸語またはツングース諸語と同化したグループがいたため、すでに死語となってしまった言語も多い。 (ja)
rdfs:label
  • サモエード語派 (ja)
  • サモエード語派 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:languageFamily of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:child of
is prop-ja:fam of
is foaf:primaryTopic of