Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グレゴリウス15世(Gregorius XV,1554年1月9日 - 1623年7月8日)はローマ教皇(在位:1621年 - 1623年)。本名はアレッサンドロ・ルドヴィシオ(Alessandro Ludovisio)。ボローニャ出身のグレゴリウス15世は前任者達と異なり、プロテスタントに対する神聖ローマ帝国皇帝の支援や、オスマン帝国に対するポーランド王の支援などのわずかな例外を除いてヨーロッパの政治に対してはほとんど干渉しようとしなかった。彼は学問を好み、教会改革の意欲にあふれた有徳の聖職者であった。在位中の事跡で特に有名なものは、フランシスコ・ザビエル、イグナチオ・デ・ロヨラ、アビラのテレサ、フィリッポ・ネリといった聖徳の誉れ高い人々を列聖したことであった。1623年7月に亡くなると、ウルバヌス8世がその後を継いだ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 169369 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1220 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57501724 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:タイトル
  • 第234代 ローマ教皇
prop-ja:先代
prop-ja:就任
  • --02-09
prop-ja:日本語名
  • グレゴリウス15世
prop-ja:曖昧
  • グレゴリウス
prop-ja:本名
  • Alessandro Ludovisio
prop-ja:次代
prop-ja:没地
  • 教皇領、ローマ
prop-ja:没年月日
  • --07-08
prop-ja:生地
prop-ja:生年月日
  • --01-09
prop-ja:画像
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:離任
  • --07-08
dcterms:subject
rdfs:comment
  • グレゴリウス15世(Gregorius XV,1554年1月9日 - 1623年7月8日)はローマ教皇(在位:1621年 - 1623年)。本名はアレッサンドロ・ルドヴィシオ(Alessandro Ludovisio)。ボローニャ出身のグレゴリウス15世は前任者達と異なり、プロテスタントに対する神聖ローマ帝国皇帝の支援や、オスマン帝国に対するポーランド王の支援などのわずかな例外を除いてヨーロッパの政治に対してはほとんど干渉しようとしなかった。彼は学問を好み、教会改革の意欲にあふれた有徳の聖職者であった。在位中の事跡で特に有名なものは、フランシスコ・ザビエル、イグナチオ・デ・ロヨラ、アビラのテレサ、フィリッポ・ネリといった聖徳の誉れ高い人々を列聖したことであった。1623年7月に亡くなると、ウルバヌス8世がその後を継いだ。
rdfs:label
  • グレゴリウス15世 (ローマ教皇)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is prop-ja:列聖決定者 of
is prop-ja:次代 of
is foaf:primaryTopic of