Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガートルード・バニシェフスキー (Gertrude Nadine Baniszewski、(Gertrude WrightやNadine van Fossanの名でも知られる)、1929年9月19日 - 1990年6月16日)は、アメリカインディアナ州の離婚女性で、殺人者である。ガートルードは、ジョン・バニシェフスキー、ポーラ・バニシェフスキー、リッキー・ホッブス、コイ・ハバードといった自身の子供達や近所の若者達を監督しながら、被害者であるシルヴィア・ライケンス(Sylvia Marie Likens)への拷問を助長させ、皮膚に文字を刻み付け、最終的に死に至らしめた。この殺人事件は、ガートルードの公判の場で検察官によりインディアナの犯罪史上で最も恐ろしい犯罪(the most terrible crime ever committed in the state of Indiana.)であると評された。なお、この事件はシルヴィア・ライケンス事件(Sylvia Likens Case)、あるいはバニシェフスキー事件(Baniszewski's case)などの名で知られている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1940818 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16230 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 135 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58504486 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガートルード・バニシェフスキー (Gertrude Nadine Baniszewski、(Gertrude WrightやNadine van Fossanの名でも知られる)、1929年9月19日 - 1990年6月16日)は、アメリカインディアナ州の離婚女性で、殺人者である。ガートルードは、ジョン・バニシェフスキー、ポーラ・バニシェフスキー、リッキー・ホッブス、コイ・ハバードといった自身の子供達や近所の若者達を監督しながら、被害者であるシルヴィア・ライケンス(Sylvia Marie Likens)への拷問を助長させ、皮膚に文字を刻み付け、最終的に死に至らしめた。この殺人事件は、ガートルードの公判の場で検察官によりインディアナの犯罪史上で最も恐ろしい犯罪(the most terrible crime ever committed in the state of Indiana.)であると評された。なお、この事件はシルヴィア・ライケンス事件(Sylvia Likens Case)、あるいはバニシェフスキー事件(Baniszewski's case)などの名で知られている。
rdfs:label
  • ガートルード・バニシェフスキー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of