Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ウィリアム・オウスリー(アウスリー、英: William Owsley、1782年3月24日 - 1862年12月9日)は、19世紀アメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、第16代ケンタッキー州知事、ケンタッキー州控訴裁判所陪席判事を務めた。またケンタッキー州議会の上院と下院双方の議員も務め、ジェイムズ・T・モアヘッド知事の時にはケンタッキー州州務長官だった。オウスリーはジョン・ボイルの下で法律を勉強した。ケンタッキー州下院議員を短期間務めた後、ボイルと共にチャールズ・スコット州知事から控訴裁判所判事に指名された。この判事である間に旧裁判所・新裁判所論争に巻き込まれた。1824年、州議会は債務者救済法に関する裁判所の判断に不満を抱き、控訴裁判所を廃止して、新しい裁判所に置き換えようとした。暫くの間新旧の裁判所が同時に運営され、双方が州内の最終審であると主張した。旧裁判所の支持者が議会の支配力を取り戻し、1826年には新裁判所を廃した。オウスリーはその2年後に控訴裁判所判事を辞任した。1831年、オウスリーは州議会に復帰し、1834年にモアヘッド州知事から州務長官に指名されるまで務めた。1836年には法律実務を再開したが、1843年にはそれも辞めた。翌年、ホイッグ党の州知事候補に指名され、選挙ではウィリアム・O・バトラーを破って当選した。オウスリーは財政面で保守的な政策を採り、州の負債を削減することができた。米墨戦争には反対していたが、ケンタッキー州から多くの志願兵が従軍した。州務長官のベンジャミン・ハーディンを罷免したときに、オウスリーの人気は急速に衰えた。ハーディンは罷免について裁判所に異議申し立てを行って勝訴し、オウスリーの行動に対する抗議で辞任し、その役人指名について縁故主義だと告発した。オウスリーは知事を辞めた後は公職を求めようとしなかった。オウスリーは1862年12月9日に死に、ダンビルのベルビュー墓地に埋葬された。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2948431 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11302 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55785012 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:birthPlace
prop-ja:dateOfBirth
  • March 24, 1782
prop-ja:dateOfDeath
  • December 9, 1862
prop-ja:deathDate
  • 1862-12-09 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ケンタッキー州ボイル郡
prop-ja:governor
prop-ja:lieutenant
prop-ja:name
  • Owsley, William
  • William Owsley
  • ウィリアム・オウスリー
prop-ja:occupation
prop-ja:office
  • ケンタッキー州知事
  • ケンタッキー州州務長官
prop-ja:order
  • 第16代
  • 第23代
prop-ja:party
prop-ja:placeOfBirth
  • Virginia
prop-ja:placeOfDeath
  • Boyle County, Kentucky
prop-ja:predecessor
prop-ja:profession
prop-ja:religion
prop-ja:residence
  • プレザント・リトリート
prop-ja:shortDescription
  • American politician
prop-ja:spouse
  • エリザベス・ギル
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • 1836 (xsd:integer)
  • --09-06
prop-ja:termStart
  • 1835 (xsd:integer)
  • --09-04
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1844 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ウィリアム・オウスリー(アウスリー、英: William Owsley、1782年3月24日 - 1862年12月9日)は、19世紀アメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、第16代ケンタッキー州知事、ケンタッキー州控訴裁判所陪席判事を務めた。またケンタッキー州議会の上院と下院双方の議員も務め、ジェイムズ・T・モアヘッド知事の時にはケンタッキー州州務長官だった。オウスリーはジョン・ボイルの下で法律を勉強した。ケンタッキー州下院議員を短期間務めた後、ボイルと共にチャールズ・スコット州知事から控訴裁判所判事に指名された。この判事である間に旧裁判所・新裁判所論争に巻き込まれた。1824年、州議会は債務者救済法に関する裁判所の判断に不満を抱き、控訴裁判所を廃止して、新しい裁判所に置き換えようとした。暫くの間新旧の裁判所が同時に運営され、双方が州内の最終審であると主張した。旧裁判所の支持者が議会の支配力を取り戻し、1826年には新裁判所を廃した。オウスリーはその2年後に控訴裁判所判事を辞任した。1831年、オウスリーは州議会に復帰し、1834年にモアヘッド州知事から州務長官に指名されるまで務めた。1836年には法律実務を再開したが、1843年にはそれも辞めた。翌年、ホイッグ党の州知事候補に指名され、選挙ではウィリアム・O・バトラーを破って当選した。オウスリーは財政面で保守的な政策を採り、州の負債を削減することができた。米墨戦争には反対していたが、ケンタッキー州から多くの志願兵が従軍した。州務長官のベンジャミン・ハーディンを罷免したときに、オウスリーの人気は急速に衰えた。ハーディンは罷免について裁判所に異議申し立てを行って勝訴し、オウスリーの行動に対する抗議で辞任し、その役人指名について縁故主義だと告発した。オウスリーは知事を辞めた後は公職を求めようとしなかった。オウスリーは1862年12月9日に死に、ダンビルのベルビュー墓地に埋葬された。
rdfs:label
  • ウィリアム・オウスリー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:successor of
is foaf:primaryTopic of