Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 下記は、成立順のアメリカ合衆国の州の一覧、すなわち、アメリカ合衆国に加盟した日付順の州の一覧である。最初の13州は、独立宣言の日(1776年7月4日)から、あるいは、連合規約を批准した日から合衆国の一員であったとも考えられるが、ここでは、バーモント州のように、各州が現在の合衆国憲法を批准した日に加盟したものとしている。50州25セント硬貨プログラムなど他の一覧でも、同様のことが行われている。その後の州が加盟した日は、オハイオ州を除き、加盟を定めた法律や、その法律に基づく後の決議によって定められている。オハイオ州が加盟した日は、1953年の連邦議会の法令により、1803年3月1日と決定された。これは、もともとの法令では、加盟した日を表す日付が事務的なミスによって欠落していたためである。また、この一覧では、南北戦争中に11州がアメリカ連合国を形成するために合衆国から脱退したこと、その後の1866年から1870年にかけてこれら諸州が連邦議会で代表権を回復したこと(しばしば「再加盟」と呼ばれる)、及び、これら諸州におけるレコンストラクションの完了は考慮されていない。それは、合衆国最高裁判所が「Texas v. White」事件において脱退が違法なものであると判断しており、これら諸州は法律上は連邦を去っていないためである。また、他の2州において形成された脱退主義政府も考慮されていないが、これは連邦主義政府による支配が概ね維持されていたためである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2699328 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12434 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55136148 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 下記は、成立順のアメリカ合衆国の州の一覧、すなわち、アメリカ合衆国に加盟した日付順の州の一覧である。最初の13州は、独立宣言の日(1776年7月4日)から、あるいは、連合規約を批准した日から合衆国の一員であったとも考えられるが、ここでは、バーモント州のように、各州が現在の合衆国憲法を批准した日に加盟したものとしている。50州25セント硬貨プログラムなど他の一覧でも、同様のことが行われている。その後の州が加盟した日は、オハイオ州を除き、加盟を定めた法律や、その法律に基づく後の決議によって定められている。オハイオ州が加盟した日は、1953年の連邦議会の法令により、1803年3月1日と決定された。これは、もともとの法令では、加盟した日を表す日付が事務的なミスによって欠落していたためである。また、この一覧では、南北戦争中に11州がアメリカ連合国を形成するために合衆国から脱退したこと、その後の1866年から1870年にかけてこれら諸州が連邦議会で代表権を回復したこと(しばしば「再加盟」と呼ばれる)、及び、これら諸州におけるレコンストラクションの完了は考慮されていない。それは、合衆国最高裁判所が「Texas v.
rdfs:label
  • アメリカ合衆国の州 (成立順)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of