Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『アフターマス』(Aftermath)は、1966年にリリースされたローリング・ストーンズのアルバム。本作は、ジャガー/リチャーズによるオリジナル曲のみで構成された最初の作品で、ストーンズの重要なターニングポイントとなった作品。本作も、ブライアン・ジョーンズによる実験的な作品とも言える。「マザーズ・リトル・ヘルパー」は、ビートルズの「ノルウェーの森」でジョージ・ハリスンがシタールを使ったことに影響されて導入。さらに「レディ・ジェーン」「アイ・アム・ウェイティング」では、ダルシマーを使用した。それとは対照的に、キース・リチャードはギターの演奏に集中した。本作レコーディング前からミックとキースによるバンドの支配が強まり、結成時からのリーダーであったブライアンはフラストレーションが高じることとなった。彼は、そのはけ口として様々な楽器を演奏するようになる。ブライアンのバンドへの寄与は、1969年6月の脱退までますます減っていった。 イギリスではシングル「19回目の神経衰弱」と「黒くぬれ!」の間にリリースされ、UKチャートに8週記録された。イギリス盤のジャケットには白抜きの「AFTERMATH」の文字に紫色の影が加えられた物が初期にごくわずかリリースされ、現在はコレクターズアイテムとなっている。アメリカでは14曲は多すぎると考えられ、「マザーズ・リトル・ヘルパー」「アウト・オブ・タイム」「テイク・イット・オア・リーヴ・イット」「ホワット・トゥ・ドゥ」がカットされ、シングルNo.1となった「黒くぬれ!」を加えた11曲でリリースされた。ジャケット写真も変更された。アンドリュー・ルーグ・オールダムとストーンズの妥協にも関わらず、アルバムチャートで2位を記録し、プラチナ・アルバムを獲得した。2002年の「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・アルバム500」において、108位にランクイン。その8月には、イギリスとアメリカ両ヴァージョンがアブコ・レコードによるリマスタリングで、SACDとのハイブリッドCDとしてデジパック仕様で再発された。
dbpedia-owl:album
dbpedia-owl:artist
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:previousWork
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:review
  • http://www.allmusic.com/album/aftermath-mw0000191599
  • http://www.allmusic.com/album/release/aftermath-uk-mr0000309151
dbpedia-owl:title
  • アフターマス
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 365915 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3435 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 63 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57904504 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:lastAlbum
prop-ja:length
  • 42 (xsd:integer)
  • 53 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • アフターマス
prop-ja:nextAlbum
prop-ja:producer
prop-ja:recorded
  • --03-06
  • --12-03
prop-ja:released
  • --04-15
  • --06-20
prop-ja:reviews
  • *AllMusic link *AllMusic link
prop-ja:thisAlbum
  • (1966年)
  • アフターマス
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『アフターマス』(Aftermath)は、1966年にリリースされたローリング・ストーンズのアルバム。本作は、ジャガー/リチャーズによるオリジナル曲のみで構成された最初の作品で、ストーンズの重要なターニングポイントとなった作品。本作も、ブライアン・ジョーンズによる実験的な作品とも言える。「マザーズ・リトル・ヘルパー」は、ビートルズの「ノルウェーの森」でジョージ・ハリスンがシタールを使ったことに影響されて導入。さらに「レディ・ジェーン」「アイ・アム・ウェイティング」では、ダルシマーを使用した。それとは対照的に、キース・リチャードはギターの演奏に集中した。本作レコーディング前からミックとキースによるバンドの支配が強まり、結成時からのリーダーであったブライアンはフラストレーションが高じることとなった。彼は、そのはけ口として様々な楽器を演奏するようになる。ブライアンのバンドへの寄与は、1969年6月の脱退までますます減っていった。 イギリスではシングル「19回目の神経衰弱」と「黒くぬれ!」の間にリリースされ、UKチャートに8週記録された。イギリス盤のジャケットには白抜きの「AFTERMATH」の文字に紫色の影が加えられた物が初期にごくわずかリリースされ、現在はコレクターズアイテムとなっている。アメリカでは14曲は多すぎると考えられ、「マザーズ・リトル・ヘルパー」「アウト・オブ・タイム」「テイク・イット・オア・リーヴ・イット」「ホワット・トゥ・ドゥ」がカットされ、シングルNo.1となった「黒くぬれ!」を加えた11曲でリリースされた。ジャケット写真も変更された。アンドリュー・ルーグ・オールダムとストーンズの妥協にも関わらず、アルバムチャートで2位を記録し、プラチナ・アルバムを獲得した。2002年の「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・アルバム500」において、108位にランクイン。その8月には、イギリスとアメリカ両ヴァージョンがアブコ・レコードによるリマスタリングで、SACDとのハイブリッドCDとしてデジパック仕様で再発された。
rdfs:label
  • アフターマス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:previousWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:fromAlbum of
is prop-ja:lastAlbum of
is prop-ja:nextAlbum of
is foaf:primaryTopic of