This HTML5 document contains 59 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

Namespace Prefixes

PrefixIRI
dcthttp://purl.org/dc/terms/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbohttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
dbpedia-wikidatahttp://wikidata.dbpedia.org/resource/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
n5http://ja.dbpedia.org/resource/Category:
wikipedia-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/

Statements

Subject Item
dbpedia-wikidata:Q21111069
owl:sameAs
dbpedia-ja:MDA5
Subject Item
dbpedia-ja:IPS-1
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:MDA5
Subject Item
dbpedia-ja:I型インターフェロン
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:MDA5
Subject Item
dbpedia-ja:MDA5
rdfs:label
MDA5
rdfs:comment
MDA5(melanoma differentiation-associated protein 5)またはIFIH1(interferon induced with helicase C domain 1) は、ヒトではIFIH1遺伝子にコードされる、二本鎖RNAヘリカーゼ酵素である。MDA5は(RLR)ファミリーの一員である。このファミリーには他にRIG-Iやなどが含まれ、ウイルスを検知するパターン認識受容体として機能する。一般的にMDA5は2000ヌクレオチド以上の長さの二本鎖RNAを認識すると考えられているが、一本鎖RNA部分と二本鎖RNA部分を含む高分子量RNA複合体によって活性化されることも示されている。多くのウイルスに対するMDA5を介した効率的な抗ウイルス応答は、機能的活性を有するLGP2に依存している。MDA5によるシグナル伝達カスケードはを介して開始される。がん細胞では、MDA5は細胞性RNAと相互作用して自己免疫応答を誘導することが観察されている。
dct:subject
n5:細胞内受容体 n5:EC_3.6.4
dbo:wikiPageID
4619698
dbo:wikiPageRevisionID
90592908
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:免疫応答 dbpedia-ja:5'キャップ dbpedia-ja:自己免疫 dbpedia-ja:細胞核 dbpedia-ja:パターン認識受容体 dbpedia-ja:RIG-I dbpedia-ja:リボ核酸 n5:EC_3.6.4 dbpedia-ja:間質性肺炎 dbpedia-ja:アデノシン三リン酸 dbpedia-ja:ヘリカーゼ dbpedia-ja:リン酸化 dbpedia-ja:遺伝子 dbpedia-ja:一塩基多型 dbpedia-ja:RecA dbpedia-ja:皮膚筋炎 dbpedia-ja:メチル化 dbpedia-ja:I型インターフェロン dbpedia-ja:1型糖尿病 n5:細胞内受容体 dbpedia-ja:転写_(生物学) dbpedia-ja:ウイルス dbpedia-ja:エカルディ・グティエール症候群 dbpedia-ja:亜鉛 dbpedia-ja:RNAウイルス dbpedia-ja:抗体
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:Cite_journal template-ja:Reflist template-ja:PDBe-KB2 template-ja:Refbegin template-ja:Refend template-ja:Infobox_gene template-ja:仮リンク
dbo:abstract
MDA5(melanoma differentiation-associated protein 5)またはIFIH1(interferon induced with helicase C domain 1) は、ヒトではIFIH1遺伝子にコードされる、二本鎖RNAヘリカーゼ酵素である。MDA5は(RLR)ファミリーの一員である。このファミリーには他にRIG-Iやなどが含まれ、ウイルスを検知するパターン認識受容体として機能する。一般的にMDA5は2000ヌクレオチド以上の長さの二本鎖RNAを認識すると考えられているが、一本鎖RNA部分と二本鎖RNA部分を含む高分子量RNA複合体によって活性化されることも示されている。多くのウイルスに対するMDA5を介した効率的な抗ウイルス応答は、機能的活性を有するLGP2に依存している。MDA5によるシグナル伝達カスケードはを介して開始される。がん細胞では、MDA5は細胞性RNAと相互作用して自己免疫応答を誘導することが観察されている。
foaf:isPrimaryTopicOf
wikipedia-ja:MDA5
dbo:wikiPageLength
15977
prov:wasDerivedFrom
wikipedia-ja:MDA5?oldid=90592908&ns=0
Subject Item
dbpedia-ja:RIG-I
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:MDA5
Subject Item
dbpedia-ja:COVID-19に対する薬剤転用研究
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:MDA5
Subject Item
dbpedia-ja:ミオパチー
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:MDA5
Subject Item
dbpedia-ja:リボヌクレアーゼH
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:MDA5
Subject Item
dbpedia-ja:皮膚筋炎
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:MDA5
Subject Item
dbpedia-ja:筋炎
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:MDA5
Subject Item
dbpedia-ja:筋病理学
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:MDA5
Subject Item
dbpedia-ja:自然免疫系
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:MDA5
Subject Item
dbpedia-ja:インターフェロン
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:MDA5
Subject Item
dbpedia-ja:エカルディ・グティエール症候群
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:MDA5
Subject Item
dbpedia-ja:IFIH1
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:MDA5
dbo:wikiPageRedirects
dbpedia-ja:MDA5
Subject Item
wikipedia-ja:MDA5
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:MDA5