This HTML5 document contains 83 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

Namespace Prefixes

PrefixIRI
dcthttp://purl.org/dc/terms/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
dbohttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
dbpedia-wikidatahttp://wikidata.dbpedia.org/resource/
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
n14http://www.emuseum.jp/detail/100309/000/
freebasehttp://rdf.freebase.com/ns/
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
n5http://ja.dbpedia.org/resource/Category:
wikipedia-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n15http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/

Statements

Subject Item
dbpedia-ja:サンリツ服部美術館
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:大和文華館
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:水墨画
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:寂室元光
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:牧谿
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:日本の国宝一覧
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:寒山寺
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:東京国立博物館所蔵文化財一覧
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:絵仏師
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:良全
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:可翁
rdfs:label
可翁
rdfs:comment
可翁(かおう、生没年不詳)は、鎌倉時代末期~南北朝時代にかけて活躍した画人。 黙庵らと共に日本の初期水墨画を代表する存在として名高い。 彼の作品に押捺されている二つの印章の解釈に従い、二通りの説がある。一つは、「可翁」の朱文方印の下に「仁賀」と判読される小さな朱文方印が押されることから、「可翁仁賀」という「賀」の字が付く事が多いの絵仏師であるとする説。もう一つは「可翁」の方を重視し、可翁宗然という禅僧とする説である。この可翁は、筑後国出身で建長寺の南浦紹明に参じた後、元応2年(1320年)に元に渡り中峰明本、古林清茂などに参学、嘉暦元年(1326年)帰国後、博多崇福寺や京都万寿寺、建長寺、南禅寺に入寺、貞和元/興国6(1345年)に示寂した、当時の禅宗界の大立者である。宗然については同時代の記録も多いが、禅余の絵事に触れた史料はない。
owl:sameAs
freebase:m.026dc0_
dct:subject
n5:生没年不詳 n5:14世紀日本の画家 n5:室町・安土桃山時代の僧 n5:水墨画 n5:禅の書画 n5:室町時代の画家 n5:鎌倉時代の僧 n5:鎌倉時代の画家
dbo:wikiPageID
2041183
dbo:wikiPageRevisionID
73336579
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:フリーア美術館 n5:生没年不詳 dbpedia-ja:1345年 dbpedia-ja:梅沢記念館 dbpedia-ja:元応 dbpedia-ja:南浦紹明 dbpedia-ja:鎌倉時代 dbpedia-ja:鹿王院 dbpedia-ja:貞和 dbpedia-ja:重要文化財 dbpedia-ja:東京国立博物館 n5:14世紀日本の画家 dbpedia-ja:1320年 n5:水墨画 n5:禅の書画 dbpedia-ja:興国 dbpedia-ja:崇福寺_(福岡市) dbpedia-ja:茨城県立歴史館 dbpedia-ja:嘉暦 dbpedia-ja:水墨画 dbpedia-ja:サンリツ服部美術館 n5:室町・安土桃山時代の僧 dbpedia-ja:詫磨派 dbpedia-ja:万寿寺 n5:室町時代の画家 dbpedia-ja:大和文華館 dbpedia-ja:建長寺 dbpedia-ja:元_(王朝) n15:Portrait_of_Kanzan-no_text-.jpg dbpedia-ja:絵仏師 dbpedia-ja:筑後国 dbpedia-ja:南北朝時代_(日本) dbpedia-ja:中峰明本 n15:Bamboo_and_a_Sparrow_(Yamato_Bunkakan).jpg dbpedia-ja:国宝 dbpedia-ja:黙庵 n5:鎌倉時代の僧 dbpedia-ja:南禅寺 dbpedia-ja:至文堂 dbpedia-ja:1326年 dbpedia-ja:吉山明兆 dbpedia-ja:禅林墨跡 n5:鎌倉時代の画家
dbo:wikiPageExternalLink
n14:000
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:Normdaten template-ja:Artist-stub template-ja:Reflist template-ja:Japanese-history-stub template-ja:Buddhism-stub
dbo:abstract
可翁(かおう、生没年不詳)は、鎌倉時代末期~南北朝時代にかけて活躍した画人。 黙庵らと共に日本の初期水墨画を代表する存在として名高い。 彼の作品に押捺されている二つの印章の解釈に従い、二通りの説がある。一つは、「可翁」の朱文方印の下に「仁賀」と判読される小さな朱文方印が押されることから、「可翁仁賀」という「賀」の字が付く事が多いの絵仏師であるとする説。もう一つは「可翁」の方を重視し、可翁宗然という禅僧とする説である。この可翁は、筑後国出身で建長寺の南浦紹明に参じた後、元応2年(1320年)に元に渡り中峰明本、古林清茂などに参学、嘉暦元年(1326年)帰国後、博多崇福寺や京都万寿寺、建長寺、南禅寺に入寺、貞和元/興国6(1345年)に示寂した、当時の禅宗界の大立者である。宗然については同時代の記録も多いが、禅余の絵事に触れた史料はない。
dbo:wikiPageLength
1865
prov:wasDerivedFrom
wikipedia-ja:可翁?oldid=73336579&ns=0
foaf:isPrimaryTopicOf
wikipedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:黙庵
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:国宝絵画の一覧
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:田中一松
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:禅林墨跡
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-ja:国宝シリーズ
dbo:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
dbpedia-wikidata:Q3192800
owl:sameAs
dbpedia-ja:可翁
Subject Item
wikipedia-ja:可翁
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:可翁