XQueryは、静的型付け機能を(実装依存の機能として)持つXMLデータ問合せの為の問い合わせ言語であり、チューリング完全な関数型言語でもある。XPathの目的が木の節点を指し示す(アドレッシング)ことであるのに対して、XQueryの目的はXMLデータソースのための照会機能を提供することである。 関係モデル (関係データベース) における関係問合せが、数学的背景を有する関係代数演算ないし関係論理演算に基づくように、XQuery問合せには形式意味論が与えられている。 XQueryはQuiltと呼ばれる言語をベースに設計されているが、他にもXPath 1.0, SQL、XQL、OQL、XML-QL、MLといった言語の影響を受けている。2007年1月23日にXQuery 1.0のW3Cでの標準化作業が終了し、勧告(Recommendation)となった。その後はXQuery 3.0が2014年4月8日、XQuery 3.1が2017年3月21日に勧告された。

Property Value
dbo:abstract
  • XQueryは、静的型付け機能を(実装依存の機能として)持つXMLデータ問合せの為の問い合わせ言語であり、チューリング完全な関数型言語でもある。XPathの目的が木の節点を指し示す(アドレッシング)ことであるのに対して、XQueryの目的はXMLデータソースのための照会機能を提供することである。 関係モデル (関係データベース) における関係問合せが、数学的背景を有する関係代数演算ないし関係論理演算に基づくように、XQuery問合せには形式意味論が与えられている。 XQueryはQuiltと呼ばれる言語をベースに設計されているが、他にもXPath 1.0, SQL、XQL、OQL、XML-QL、MLといった言語の影響を受けている。2007年1月23日にXQuery 1.0のW3Cでの標準化作業が終了し、勧告(Recommendation)となった。その後はXQuery 3.0が2014年4月8日、XQuery 3.1が2017年3月21日に勧告された。 (ja)
  • XQueryは、静的型付け機能を(実装依存の機能として)持つXMLデータ問合せの為の問い合わせ言語であり、チューリング完全な関数型言語でもある。XPathの目的が木の節点を指し示す(アドレッシング)ことであるのに対して、XQueryの目的はXMLデータソースのための照会機能を提供することである。 関係モデル (関係データベース) における関係問合せが、数学的背景を有する関係代数演算ないし関係論理演算に基づくように、XQuery問合せには形式意味論が与えられている。 XQueryはQuiltと呼ばれる言語をベースに設計されているが、他にもXPath 1.0, SQL、XQL、OQL、XML-QL、MLといった言語の影響を受けている。2007年1月23日にXQuery 1.0のW3Cでの標準化作業が終了し、勧告(Recommendation)となった。その後はXQuery 3.0が2014年4月8日、XQuery 3.1が2017年3月21日に勧告された。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 557710 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3286 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 82357594 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • XQueryは、静的型付け機能を(実装依存の機能として)持つXMLデータ問合せの為の問い合わせ言語であり、チューリング完全な関数型言語でもある。XPathの目的が木の節点を指し示す(アドレッシング)ことであるのに対して、XQueryの目的はXMLデータソースのための照会機能を提供することである。 関係モデル (関係データベース) における関係問合せが、数学的背景を有する関係代数演算ないし関係論理演算に基づくように、XQuery問合せには形式意味論が与えられている。 XQueryはQuiltと呼ばれる言語をベースに設計されているが、他にもXPath 1.0, SQL、XQL、OQL、XML-QL、MLといった言語の影響を受けている。2007年1月23日にXQuery 1.0のW3Cでの標準化作業が終了し、勧告(Recommendation)となった。その後はXQuery 3.0が2014年4月8日、XQuery 3.1が2017年3月21日に勧告された。 (ja)
  • XQueryは、静的型付け機能を(実装依存の機能として)持つXMLデータ問合せの為の問い合わせ言語であり、チューリング完全な関数型言語でもある。XPathの目的が木の節点を指し示す(アドレッシング)ことであるのに対して、XQueryの目的はXMLデータソースのための照会機能を提供することである。 関係モデル (関係データベース) における関係問合せが、数学的背景を有する関係代数演算ないし関係論理演算に基づくように、XQuery問合せには形式意味論が与えられている。 XQueryはQuiltと呼ばれる言語をベースに設計されているが、他にもXPath 1.0, SQL、XQL、OQL、XML-QL、MLといった言語の影響を受けている。2007年1月23日にXQuery 1.0のW3Cでの標準化作業が終了し、勧告(Recommendation)となった。その後はXQuery 3.0が2014年4月8日、XQuery 3.1が2017年3月21日に勧告された。 (ja)
rdfs:label
  • XQuery (ja)
  • XQuery (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of