wolfSSL (日本語: ウルフエスエスエル、旧称 CyaSSL) は組込みシステム開発者の使用に向けた小型で移植性の高い組み込みSSL/TLSライブラリである。TLS (SSL 3.0, TLS 1.0, 1.1, 1.2, 1.3, DTLS 1.0, 1.2)のオープンソース実装でC言語で書かれている。SSL/TLSクライアントライブラリとサーバライブラリが含まれ、SSLとTLSで定義される各種APIほかをサポートする。またOpenSSLで主に利用されている関数と互換のインタフェースを実現している。 wolfSSL/CyaSSLの前身であるyaSSLは、組み込み環境やリソースの限られたリアルタイムOS向けのC++で書かれたSSLライブラリである。

Property Value
dbo:abstract
  • wolfSSL (日本語: ウルフエスエスエル、旧称 CyaSSL) は組込みシステム開発者の使用に向けた小型で移植性の高い組み込みSSL/TLSライブラリである。TLS (SSL 3.0, TLS 1.0, 1.1, 1.2, 1.3, DTLS 1.0, 1.2)のオープンソース実装でC言語で書かれている。SSL/TLSクライアントライブラリとサーバライブラリが含まれ、SSLとTLSで定義される各種APIほかをサポートする。またOpenSSLで主に利用されている関数と互換のインタフェースを実現している。 wolfSSL/CyaSSLの前身であるyaSSLは、組み込み環境やリソースの限られたリアルタイムOS向けのC++で書かれたSSLライブラリである。 (ja)
  • wolfSSL (日本語: ウルフエスエスエル、旧称 CyaSSL) は組込みシステム開発者の使用に向けた小型で移植性の高い組み込みSSL/TLSライブラリである。TLS (SSL 3.0, TLS 1.0, 1.1, 1.2, 1.3, DTLS 1.0, 1.2)のオープンソース実装でC言語で書かれている。SSL/TLSクライアントライブラリとサーバライブラリが含まれ、SSLとTLSで定義される各種APIほかをサポートする。またOpenSSLで主に利用されている関数と互換のインタフェースを実現している。 wolfSSL/CyaSSLの前身であるyaSSLは、組み込み環境やリソースの限られたリアルタイムOS向けのC++で書かれたSSLライブラリである。 (ja)
dbo:frequentlyUpdated
  • yes
dbo:license
dbo:programmingLanguage
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3041415 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 24829 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79394810 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:developer
  • Todd Ouska (ja)
  • Todd Ouska (ja)
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:license
prop-ja:name
  • wolfSSL (ja)
  • wolfSSL (ja)
prop-ja:operatingSystem
  • マルチプラットフォーム (ja)
  • マルチプラットフォーム (ja)
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:released
  • 2006-02-19 (xsd:date)
prop-ja:status
  • Active (ja)
  • Active (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • wolfSSL (日本語: ウルフエスエスエル、旧称 CyaSSL) は組込みシステム開発者の使用に向けた小型で移植性の高い組み込みSSL/TLSライブラリである。TLS (SSL 3.0, TLS 1.0, 1.1, 1.2, 1.3, DTLS 1.0, 1.2)のオープンソース実装でC言語で書かれている。SSL/TLSクライアントライブラリとサーバライブラリが含まれ、SSLとTLSで定義される各種APIほかをサポートする。またOpenSSLで主に利用されている関数と互換のインタフェースを実現している。 wolfSSL/CyaSSLの前身であるyaSSLは、組み込み環境やリソースの限られたリアルタイムOS向けのC++で書かれたSSLライブラリである。 (ja)
  • wolfSSL (日本語: ウルフエスエスエル、旧称 CyaSSL) は組込みシステム開発者の使用に向けた小型で移植性の高い組み込みSSL/TLSライブラリである。TLS (SSL 3.0, TLS 1.0, 1.1, 1.2, 1.3, DTLS 1.0, 1.2)のオープンソース実装でC言語で書かれている。SSL/TLSクライアントライブラリとサーバライブラリが含まれ、SSLとTLSで定義される各種APIほかをサポートする。またOpenSSLで主に利用されている関数と互換のインタフェースを実現している。 wolfSSL/CyaSSLの前身であるyaSSLは、組み込み環境やリソースの限られたリアルタイムOS向けのC++で書かれたSSLライブラリである。 (ja)
rdfs:label
  • WolfSSL (ja)
  • WolfSSL (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • wolfSSL (ja)
  • wolfSSL (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of