Uniform Resource Name(URN, 統一資源名)は、urn スキームを使った Uniform Resource Identifier (URI) であり、それによって識別されるリソースにアクセス可能かどうかは含意しない。URN(名前)とURL(ロケータ)はどちらもURIであり、あるURIは同時に名前でありロケータでもありうる。 URN の機能要求仕様は で記述されている。URNは、URN、URC ()、URL から構成されるインターネット情報アーキテクチャの一部である。それぞれには、以下のような役割がある。 * URN は識別に使われる。 * URC はメタ情報を付与するためにある。 * URL はリソースの位置を示し、探すためにある。 ("URN Syntax") によれば、 Uniform Resource Names (URNs) は、永続的で位置に依存しないリソース識別子であり、URNと属性を共有する他の名前空間をURNの名前空間に簡単にマッピングできるよう設計されている。したがって、URNの文法は、既存のプロトコルで送信でき、多くのキーボードで入力できるといった形式で文字データをエンコードする手段を提供する。 ("Uniform Resource Identifier Generic Syntax") には以下のように述べられている。

Property Value
dbo:abstract
  • Uniform Resource Name(URN, 統一資源名)は、urn スキームを使った Uniform Resource Identifier (URI) であり、それによって識別されるリソースにアクセス可能かどうかは含意しない。URN(名前)とURL(ロケータ)はどちらもURIであり、あるURIは同時に名前でありロケータでもありうる。 URN の機能要求仕様は で記述されている。URNは、URN、URC ()、URL から構成されるインターネット情報アーキテクチャの一部である。それぞれには、以下のような役割がある。 * URN は識別に使われる。 * URC はメタ情報を付与するためにある。 * URL はリソースの位置を示し、探すためにある。 ("URN Syntax") によれば、 Uniform Resource Names (URNs) は、永続的で位置に依存しないリソース識別子であり、URNと属性を共有する他の名前空間をURNの名前空間に簡単にマッピングできるよう設計されている。したがって、URNの文法は、既存のプロトコルで送信でき、多くのキーボードで入力できるといった形式で文字データをエンコードする手段を提供する。 ("Uniform Resource Identifier Generic Syntax") には以下のように述べられている。 "Uniform Resource Name" (URN) という用語はこれまで、"urn"スキームでのURI()と名前の属性を持つ他の様々なURIも指してきた。前者は、リソースが存在しなくなったり、利用できなくなった時でもグローバルに一意で永続的に存在することを要求される。 (ja)
  • Uniform Resource Name(URN, 統一資源名)は、urn スキームを使った Uniform Resource Identifier (URI) であり、それによって識別されるリソースにアクセス可能かどうかは含意しない。URN(名前)とURL(ロケータ)はどちらもURIであり、あるURIは同時に名前でありロケータでもありうる。 URN の機能要求仕様は で記述されている。URNは、URN、URC ()、URL から構成されるインターネット情報アーキテクチャの一部である。それぞれには、以下のような役割がある。 * URN は識別に使われる。 * URC はメタ情報を付与するためにある。 * URL はリソースの位置を示し、探すためにある。 ("URN Syntax") によれば、 Uniform Resource Names (URNs) は、永続的で位置に依存しないリソース識別子であり、URNと属性を共有する他の名前空間をURNの名前空間に簡単にマッピングできるよう設計されている。したがって、URNの文法は、既存のプロトコルで送信でき、多くのキーボードで入力できるといった形式で文字データをエンコードする手段を提供する。 ("Uniform Resource Identifier Generic Syntax") には以下のように述べられている。 "Uniform Resource Name" (URN) という用語はこれまで、"urn"スキームでのURI()と名前の属性を持つ他の様々なURIも指してきた。前者は、リソースが存在しなくなったり、利用できなくなった時でもグローバルに一意で永続的に存在することを要求される。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1812037 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4788 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79624632 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Uniform Resource Name(URN, 統一資源名)は、urn スキームを使った Uniform Resource Identifier (URI) であり、それによって識別されるリソースにアクセス可能かどうかは含意しない。URN(名前)とURL(ロケータ)はどちらもURIであり、あるURIは同時に名前でありロケータでもありうる。 URN の機能要求仕様は で記述されている。URNは、URN、URC ()、URL から構成されるインターネット情報アーキテクチャの一部である。それぞれには、以下のような役割がある。 * URN は識別に使われる。 * URC はメタ情報を付与するためにある。 * URL はリソースの位置を示し、探すためにある。 ("URN Syntax") によれば、 Uniform Resource Names (URNs) は、永続的で位置に依存しないリソース識別子であり、URNと属性を共有する他の名前空間をURNの名前空間に簡単にマッピングできるよう設計されている。したがって、URNの文法は、既存のプロトコルで送信でき、多くのキーボードで入力できるといった形式で文字データをエンコードする手段を提供する。 ("Uniform Resource Identifier Generic Syntax") には以下のように述べられている。 (ja)
  • Uniform Resource Name(URN, 統一資源名)は、urn スキームを使った Uniform Resource Identifier (URI) であり、それによって識別されるリソースにアクセス可能かどうかは含意しない。URN(名前)とURL(ロケータ)はどちらもURIであり、あるURIは同時に名前でありロケータでもありうる。 URN の機能要求仕様は で記述されている。URNは、URN、URC ()、URL から構成されるインターネット情報アーキテクチャの一部である。それぞれには、以下のような役割がある。 * URN は識別に使われる。 * URC はメタ情報を付与するためにある。 * URL はリソースの位置を示し、探すためにある。 ("URN Syntax") によれば、 Uniform Resource Names (URNs) は、永続的で位置に依存しないリソース識別子であり、URNと属性を共有する他の名前空間をURNの名前空間に簡単にマッピングできるよう設計されている。したがって、URNの文法は、既存のプロトコルで送信でき、多くのキーボードで入力できるといった形式で文字データをエンコードする手段を提供する。 ("Uniform Resource Identifier Generic Syntax") には以下のように述べられている。 (ja)
rdfs:label
  • Uniform Resource Name (ja)
  • Uniform Resource Name (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of