Sun-2 シリーズのUNIX ワークステーションとサーバは、1983年にサン・マイクロシステムズによって発売された。名前が示すとおり、 Sun-2 は Sun-1 シリーズを置き換える、サンマイクロシステムズの第 2 世代のシステムである。Sun-2 シリーズは 10 MHz のモトローラ MC68010 マイクロプロセッサを搭載し、4.1BSDに基づいて完全な仮想記憶を実装した SunOS 1.0 が動作する最初のサンのアーキテクチャであった。初期の Sun-2 は インテルのマルチバスアーキテクチャに基づいていたが、後期には、将来の Sun-3 と Sun-4 ファミリでも使用される VMEバスに置き換えられた。 Sun-2 システムは SunOS のバージョン 4.0.3 までサポートされた。NetBSD では、2002年のNetBSD 1.6 のリリースで、マルチバス Sun-2 のサポートが追加された。

Property Value
dbo:abstract
  • Sun-2 シリーズのUNIX ワークステーションとサーバは、1983年にサン・マイクロシステムズによって発売された。名前が示すとおり、 Sun-2 は Sun-1 シリーズを置き換える、サンマイクロシステムズの第 2 世代のシステムである。Sun-2 シリーズは 10 MHz のモトローラ MC68010 マイクロプロセッサを搭載し、4.1BSDに基づいて完全な仮想記憶を実装した SunOS 1.0 が動作する最初のサンのアーキテクチャであった。初期の Sun-2 は インテルのマルチバスアーキテクチャに基づいていたが、後期には、将来の Sun-3 と Sun-4 ファミリでも使用される VMEバスに置き換えられた。 Sun-2 システムは SunOS のバージョン 4.0.3 までサポートされた。NetBSD では、2002年のNetBSD 1.6 のリリースで、マルチバス Sun-2 のサポートが追加された。 (ja)
  • Sun-2 シリーズのUNIX ワークステーションとサーバは、1983年にサン・マイクロシステムズによって発売された。名前が示すとおり、 Sun-2 は Sun-1 シリーズを置き換える、サンマイクロシステムズの第 2 世代のシステムである。Sun-2 シリーズは 10 MHz のモトローラ MC68010 マイクロプロセッサを搭載し、4.1BSDに基づいて完全な仮想記憶を実装した SunOS 1.0 が動作する最初のサンのアーキテクチャであった。初期の Sun-2 は インテルのマルチバスアーキテクチャに基づいていたが、後期には、将来の Sun-3 と Sun-4 ファミリでも使用される VMEバスに置き換えられた。 Sun-2 システムは SunOS のバージョン 4.0.3 までサポートされた。NetBSD では、2002年のNetBSD 1.6 のリリースで、マルチバス Sun-2 のサポートが追加された。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1356041 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3786 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 91060372 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Sun-2 シリーズのUNIX ワークステーションとサーバは、1983年にサン・マイクロシステムズによって発売された。名前が示すとおり、 Sun-2 は Sun-1 シリーズを置き換える、サンマイクロシステムズの第 2 世代のシステムである。Sun-2 シリーズは 10 MHz のモトローラ MC68010 マイクロプロセッサを搭載し、4.1BSDに基づいて完全な仮想記憶を実装した SunOS 1.0 が動作する最初のサンのアーキテクチャであった。初期の Sun-2 は インテルのマルチバスアーキテクチャに基づいていたが、後期には、将来の Sun-3 と Sun-4 ファミリでも使用される VMEバスに置き換えられた。 Sun-2 システムは SunOS のバージョン 4.0.3 までサポートされた。NetBSD では、2002年のNetBSD 1.6 のリリースで、マルチバス Sun-2 のサポートが追加された。 (ja)
  • Sun-2 シリーズのUNIX ワークステーションとサーバは、1983年にサン・マイクロシステムズによって発売された。名前が示すとおり、 Sun-2 は Sun-1 シリーズを置き換える、サンマイクロシステムズの第 2 世代のシステムである。Sun-2 シリーズは 10 MHz のモトローラ MC68010 マイクロプロセッサを搭載し、4.1BSDに基づいて完全な仮想記憶を実装した SunOS 1.0 が動作する最初のサンのアーキテクチャであった。初期の Sun-2 は インテルのマルチバスアーキテクチャに基づいていたが、後期には、将来の Sun-3 と Sun-4 ファミリでも使用される VMEバスに置き換えられた。 Sun-2 システムは SunOS のバージョン 4.0.3 までサポートされた。NetBSD では、2002年のNetBSD 1.6 のリリースで、マルチバス Sun-2 のサポートが追加された。 (ja)
rdfs:label
  • Sun-2 (ja)
  • Sun-2 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of