SmoothstepはさまざまなコンピュータグラフィックスAPIやゲームエンジンで使用される特定の補間手法である。これは、入力された重みに基づいて、2つの値を補間する関数である。 MSDNとOpenGLの両方で、を使用して実装するように要求されている。 次のような実装例がAMDにより提供されている。 float smoothstep (float edge0, float edge1, float x){ // Scale, bias and saturate x to 0..1 range x = saturate((x - edge0) / (edge1 - edge0)); // Evaluate polynomial return x*x*(3-2*x);}

Property Value
dbo:abstract
  • SmoothstepはさまざまなコンピュータグラフィックスAPIやゲームエンジンで使用される特定の補間手法である。これは、入力された重みに基づいて、2つの値を補間する関数である。 MSDNとOpenGLの両方で、を使用して実装するように要求されている。 次のような実装例がAMDにより提供されている。 float smoothstep (float edge0, float edge1, float x){ // Scale, bias and saturate x to 0..1 range x = saturate((x - edge0) / (edge1 - edge0)); // Evaluate polynomial return x*x*(3-2*x);} (ja)
  • SmoothstepはさまざまなコンピュータグラフィックスAPIやゲームエンジンで使用される特定の補間手法である。これは、入力された重みに基づいて、2つの値を補間する関数である。 MSDNとOpenGLの両方で、を使用して実装するように要求されている。 次のような実装例がAMDにより提供されている。 float smoothstep (float edge0, float edge1, float x){ // Scale, bias and saturate x to 0..1 range x = saturate((x - edge0) / (edge1 - edge0)); // Evaluate polynomial return x*x*(3-2*x);} (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1970796 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1128 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 84803026 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • SmoothstepはさまざまなコンピュータグラフィックスAPIやゲームエンジンで使用される特定の補間手法である。これは、入力された重みに基づいて、2つの値を補間する関数である。 MSDNとOpenGLの両方で、を使用して実装するように要求されている。 次のような実装例がAMDにより提供されている。 float smoothstep (float edge0, float edge1, float x){ // Scale, bias and saturate x to 0..1 range x = saturate((x - edge0) / (edge1 - edge0)); // Evaluate polynomial return x*x*(3-2*x);} (ja)
  • SmoothstepはさまざまなコンピュータグラフィックスAPIやゲームエンジンで使用される特定の補間手法である。これは、入力された重みに基づいて、2つの値を補間する関数である。 MSDNとOpenGLの両方で、を使用して実装するように要求されている。 次のような実装例がAMDにより提供されている。 float smoothstep (float edge0, float edge1, float x){ // Scale, bias and saturate x to 0..1 range x = saturate((x - edge0) / (edge1 - edge0)); // Evaluate polynomial return x*x*(3-2*x);} (ja)
rdfs:label
  • Smoothstep (ja)
  • Smoothstep (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of