『Six/Nine』(シックス・ナイン)は、日本のロックバンドであるBUCK-TICKの8枚目のオリジナル・アルバム。 1995年5月15日にビクターエンタテインメントのInvitationレーベルよりリリースされた。前作『darker than darkness -style 93-』(1993年)よりおよそ2年ぶりとなる作品であり、作詞は櫻井敦司および今井寿が担当、作曲は今井および星野英彦が担当、BUCK-TICKによるセルフ・プロデュースとなっている。 レコーディングは日本国内および国外の様々なスタジオで行われ、DER ZIBET所属のISSAYがボーカルとしてゲスト参加している。櫻井によるダークな世界観を前面に出した作品であり、今井が音楽ユニットであるSCHAFTにおいて志向したデジタル、インダストリアルなアプローチやアンビエントの要素も加わっている。曲名もできる限り捻くれたものにするという方針のため日本語が多く使用され長いタイトルとなった曲もあるほか、全16曲で71分超となるBUCK-TICK史上最長のオリジナル・アルバムとなっている。 本作はオリコンチャートにて初登場1位となった。

Property Value
dbo:abstract
  • 『Six/Nine』(シックス・ナイン)は、日本のロックバンドであるBUCK-TICKの8枚目のオリジナル・アルバム。 1995年5月15日にビクターエンタテインメントのInvitationレーベルよりリリースされた。前作『darker than darkness -style 93-』(1993年)よりおよそ2年ぶりとなる作品であり、作詞は櫻井敦司および今井寿が担当、作曲は今井および星野英彦が担当、BUCK-TICKによるセルフ・プロデュースとなっている。 レコーディングは日本国内および国外の様々なスタジオで行われ、DER ZIBET所属のISSAYがボーカルとしてゲスト参加している。櫻井によるダークな世界観を前面に出した作品であり、今井が音楽ユニットであるSCHAFTにおいて志向したデジタル、インダストリアルなアプローチやアンビエントの要素も加わっている。曲名もできる限り捻くれたものにするという方針のため日本語が多く使用され長いタイトルとなった曲もあるほか、全16曲で71分超となるBUCK-TICK史上最長のオリジナル・アルバムとなっている。 先行シングルとして「唄」および「鼓動」がリリースされた。収録曲「楽園(祈り 希い)」において「コーラン」の無断使用が発覚しから抗議されたために後に修正版がリリースされており、修正版のリリースと同日に「見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ」がリカットとしてリリースされた。 本作はオリコンチャートにて初登場1位となった。 (ja)
  • 『Six/Nine』(シックス・ナイン)は、日本のロックバンドであるBUCK-TICKの8枚目のオリジナル・アルバム。 1995年5月15日にビクターエンタテインメントのInvitationレーベルよりリリースされた。前作『darker than darkness -style 93-』(1993年)よりおよそ2年ぶりとなる作品であり、作詞は櫻井敦司および今井寿が担当、作曲は今井および星野英彦が担当、BUCK-TICKによるセルフ・プロデュースとなっている。 レコーディングは日本国内および国外の様々なスタジオで行われ、DER ZIBET所属のISSAYがボーカルとしてゲスト参加している。櫻井によるダークな世界観を前面に出した作品であり、今井が音楽ユニットであるSCHAFTにおいて志向したデジタル、インダストリアルなアプローチやアンビエントの要素も加わっている。曲名もできる限り捻くれたものにするという方針のため日本語が多く使用され長いタイトルとなった曲もあるほか、全16曲で71分超となるBUCK-TICK史上最長のオリジナル・アルバムとなっている。 先行シングルとして「唄」および「鼓動」がリリースされた。収録曲「楽園(祈り 希い)」において「コーラン」の無断使用が発覚しから抗議されたために後に修正版がリリースされており、修正版のリリースと同日に「見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ」がリカットとしてリリースされた。 本作はオリコンチャートにて初登場1位となった。 (ja)
dbo:title
  • Six/Nine (ja)
  • Six/Nine (ja)
dbo:wikiPageID
  • 359639 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 27871 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 91740593 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:align
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-en:allArrangements
prop-en:artist
prop-en:chartPosition
  • *1位(オリコン) (ja)
  • *1位(オリコン) (ja)
prop-en:collapsed
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-en:ean
  • (ja)
  • (2007年) (ja)
  • (2002年・初回盤) (ja)
  • (2002年・通常盤) (ja)
  • (1995年・修正盤) (ja)
  • (ja)
  • (2007年) (ja)
  • (2002年・初回盤) (ja)
  • (2002年・通常盤) (ja)
  • (1995年・修正盤) (ja)
prop-en:headline
  • 2002 (xsd:integer)
prop-en:label
prop-en:lastAlbum
  • (1994年) (ja)
  • 『シェイプレス』 (ja)
  • (1994年) (ja)
  • 『シェイプレス』 (ja)
prop-en:length
  • 71 (xsd:integer)
  • 143.0 (dbd:second)
  • 151.0 (dbd:second)
  • 241.0 (dbd:second)
  • 258.0 (dbd:second)
  • 259.0 (dbd:second)
  • 267.0 (dbd:second)
  • 268.0 (dbd:second)
  • 276.0 (dbd:second)
  • 277.0 (dbd:second)
  • 278.0 (dbd:second)
  • 279.0 (dbd:second)
  • 284.0 (dbd:second)
  • 287.0 (dbd:second)
  • 291.0 (dbd:second)
  • 294.0 (dbd:second)
  • 295.0 (dbd:second)
  • 304.0 (dbd:second)
  • 413.0 (dbd:second)
  • 87.0 (dbd:second)
  • 88.0 (dbd:second)
  • 305.0 (dbd:second)
  • 437.0 (dbd:second)
prop-en:lyrics
prop-en:lyricsCredits
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-en:misc
  • 0001-03-24 (xsd:gMonthDay)
prop-en:music
prop-en:musicCredits
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-en:name
  • Six/Nine (ja)
  • Six/Nine (ja)
prop-en:nextAlbum
  • (1995年) (ja)
  • 『CATALOGUE 1987-1995』 (ja)
  • (1995年) (ja)
  • 『CATALOGUE 1987-1995』 (ja)
prop-en:note
  • 編曲: 今井寿、横山和俊 (ja)
  • 編曲: 今井寿、横山和俊 (ja)
prop-en:producer
prop-en:quote
  • 基本的にはやっぱり一風変わっていたい願望があるし。でも無理して変えるんじゃなくて、削ぎ落していく方が自分では楽というか。だから、結果的にこうなって凄く満足している。 (ja)
  • 大げさに言うと、自分では神がかったかのような、何かが乗り移っちゃったかのような作品を作っちゃったから。それを人前で演るには凄くエネルギーが必要なライブだったんですよね。いつも気を張っていないとつぶれちゃいそうで、歌うことが苦しいと思えたし。 (ja)
  • SとNを使いたかったんですよ。S極とN極という正反対さを。最初は単なる『S/N』にしようかと思ったんだけど意味がわからな過ぎるから、もうちょっと何か無いかなと思ってたら、こういうぴったりハマる言葉があったんで。6と9も形的に正反対じゃないですか。 (ja)
  • 基本的にはやっぱり一風変わっていたい願望があるし。でも無理して変えるんじゃなくて、削ぎ落していく方が自分では楽というか。だから、結果的にこうなって凄く満足している。 (ja)
  • 大げさに言うと、自分では神がかったかのような、何かが乗り移っちゃったかのような作品を作っちゃったから。それを人前で演るには凄くエネルギーが必要なライブだったんですよね。いつも気を張っていないとつぶれちゃいそうで、歌うことが苦しいと思えたし。 (ja)
  • SとNを使いたかったんですよ。S極とN極という正反対さを。最初は単なる『S/N』にしようかと思ったんだけど意味がわからな過ぎるから、もうちょっと何か無いかなと思ってたら、こういうぴったりハマる言葉があったんで。6と9も形的に正反対じゃないですか。 (ja)
prop-en:recorded
prop-en:released
  • 0001-05-15 (xsd:gMonthDay)
prop-en:rev
  • CDジャーナル (ja)
  • B-T DATA (ja)
  • BUCK-TICK ~since 1985-2011~ (ja)
  • CDジャーナル (ja)
  • B-T DATA (ja)
  • BUCK-TICK ~since 1985-2011~ (ja)
prop-en:rev1score
  • 肯定的 (ja)
  • 肯定的 (ja)
prop-en:rev2score
  • 肯定的 (ja)
  • 肯定的 (ja)
prop-en:rev3score
  • 肯定的 (ja)
  • 肯定的 (ja)
prop-en:source
  • 今井寿, (ja)
  • 櫻井敦司, (ja)
  • 今井寿, (ja)
  • 櫻井敦司, (ja)
prop-en:thisAlbum
  • (1995年) (ja)
  • 『Six/Nine』 (ja)
  • (1995年) (ja)
  • 『Six/Nine』 (ja)
prop-en:title
  • Loop (ja)
  • (ja)
  • love letter (ja)
  • 鼓動 (ja)
  • Kick(大地を蹴る男) (ja)
  • Loop MARK II (ja)
  • 見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ (ja)
  • Somewhere Nowhere (ja)
  • 相変わらずの「アレ」のカタマリがのさばる反吐の底の吹き溜まり (ja)
  • デタラメ野郎 (ja)
  • 君のヴァニラ (ja)
  • 太陽ニ殺サレタ (ja)
  • 密室 (ja)
  • 愛しのロック・スター (ja)
  • 楽園(祈り 希い) (ja)
  • 細い線 (ja)
  • 限りなく鼠 (ja)
  • Loop (ja)
  • (ja)
  • love letter (ja)
  • 鼓動 (ja)
  • Kick(大地を蹴る男) (ja)
  • Loop MARK II (ja)
  • 見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ (ja)
  • Somewhere Nowhere (ja)
  • 相変わらずの「アレ」のカタマリがのさばる反吐の底の吹き溜まり (ja)
  • デタラメ野郎 (ja)
  • 君のヴァニラ (ja)
  • 太陽ニ殺サレタ (ja)
  • 密室 (ja)
  • 愛しのロック・スター (ja)
  • 楽園(祈り 希い) (ja)
  • 細い線 (ja)
  • 限りなく鼠 (ja)
prop-en:totalLength
  • auto (ja)
  • auto (ja)
prop-en:type
prop-en:width
  • 230 (xsd:integer)
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『Six/Nine』(シックス・ナイン)は、日本のロックバンドであるBUCK-TICKの8枚目のオリジナル・アルバム。 1995年5月15日にビクターエンタテインメントのInvitationレーベルよりリリースされた。前作『darker than darkness -style 93-』(1993年)よりおよそ2年ぶりとなる作品であり、作詞は櫻井敦司および今井寿が担当、作曲は今井および星野英彦が担当、BUCK-TICKによるセルフ・プロデュースとなっている。 レコーディングは日本国内および国外の様々なスタジオで行われ、DER ZIBET所属のISSAYがボーカルとしてゲスト参加している。櫻井によるダークな世界観を前面に出した作品であり、今井が音楽ユニットであるSCHAFTにおいて志向したデジタル、インダストリアルなアプローチやアンビエントの要素も加わっている。曲名もできる限り捻くれたものにするという方針のため日本語が多く使用され長いタイトルとなった曲もあるほか、全16曲で71分超となるBUCK-TICK史上最長のオリジナル・アルバムとなっている。 本作はオリコンチャートにて初登場1位となった。 (ja)
  • 『Six/Nine』(シックス・ナイン)は、日本のロックバンドであるBUCK-TICKの8枚目のオリジナル・アルバム。 1995年5月15日にビクターエンタテインメントのInvitationレーベルよりリリースされた。前作『darker than darkness -style 93-』(1993年)よりおよそ2年ぶりとなる作品であり、作詞は櫻井敦司および今井寿が担当、作曲は今井および星野英彦が担当、BUCK-TICKによるセルフ・プロデュースとなっている。 レコーディングは日本国内および国外の様々なスタジオで行われ、DER ZIBET所属のISSAYがボーカルとしてゲスト参加している。櫻井によるダークな世界観を前面に出した作品であり、今井が音楽ユニットであるSCHAFTにおいて志向したデジタル、インダストリアルなアプローチやアンビエントの要素も加わっている。曲名もできる限り捻くれたものにするという方針のため日本語が多く使用され長いタイトルとなった曲もあるほか、全16曲で71分超となるBUCK-TICK史上最長のオリジナル・アルバムとなっている。 本作はオリコンチャートにて初登場1位となった。 (ja)
rdfs:label
  • Six/Nine (ja)
  • Six/Nine (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-en:album of
is prop-en:lastAlbum of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of