ST-V(エスティーブイ)は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)が発売したアーケードゲーム基板であり、セガ社員の石川雅美が開発した。 基板名の『ST-V』は「Sega Titan Videogame system(セガ・タイタン・ビデオゲームシステム)」の略であり、「タイタン」は開発当時のコードネームである。土星(=Saturn、サターン)の衛星であるタイタン(Titan)の名が示す通り、セガサターンとの互換性を持つ。本基板で開発、発売されたゲームはセガサターンに移植が容易かつ非常に高い移植度を実現しやすく、移植されたゲームも多い。 CPUにSH-2、サウンド用として68EC000が使われており、ソフトはロムカートリッジで供給されるが、「スポーツフィッシング」など一部CD-ROMに対応した作品もあった。ネオジオを意識してカセットを何本も差してゲームを選択できる設計になっているものの、ST-V用のロムカートリッジをセガサターンに用いることはできない。メディアにロムカートリッジを用いた設計と、別途でディスクドライブを追加できる設計は、共に後のセガの次世代アーケード基板NAOMI(ドリームキャスト互換)にも受け継がれた。 部品調達難に伴い、2017年3月31日を以って修理サポートが終了した。

Property Value
dbo:abstract
  • ST-V(エスティーブイ)は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)が発売したアーケードゲーム基板であり、セガ社員の石川雅美が開発した。 基板名の『ST-V』は「Sega Titan Videogame system(セガ・タイタン・ビデオゲームシステム)」の略であり、「タイタン」は開発当時のコードネームである。土星(=Saturn、サターン)の衛星であるタイタン(Titan)の名が示す通り、セガサターンとの互換性を持つ。本基板で開発、発売されたゲームはセガサターンに移植が容易かつ非常に高い移植度を実現しやすく、移植されたゲームも多い。 CPUにSH-2、サウンド用として68EC000が使われており、ソフトはロムカートリッジで供給されるが、「スポーツフィッシング」など一部CD-ROMに対応した作品もあった。ネオジオを意識してカセットを何本も差してゲームを選択できる設計になっているものの、ST-V用のロムカートリッジをセガサターンに用いることはできない。メディアにロムカートリッジを用いた設計と、別途でディスクドライブを追加できる設計は、共に後のセガの次世代アーケード基板NAOMI(ドリームキャスト互換)にも受け継がれた。 部品調達難に伴い、2017年3月31日を以って修理サポートが終了した。 (ja)
  • ST-V(エスティーブイ)は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)が発売したアーケードゲーム基板であり、セガ社員の石川雅美が開発した。 基板名の『ST-V』は「Sega Titan Videogame system(セガ・タイタン・ビデオゲームシステム)」の略であり、「タイタン」は開発当時のコードネームである。土星(=Saturn、サターン)の衛星であるタイタン(Titan)の名が示す通り、セガサターンとの互換性を持つ。本基板で開発、発売されたゲームはセガサターンに移植が容易かつ非常に高い移植度を実現しやすく、移植されたゲームも多い。 CPUにSH-2、サウンド用として68EC000が使われており、ソフトはロムカートリッジで供給されるが、「スポーツフィッシング」など一部CD-ROMに対応した作品もあった。ネオジオを意識してカセットを何本も差してゲームを選択できる設計になっているものの、ST-V用のロムカートリッジをセガサターンに用いることはできない。メディアにロムカートリッジを用いた設計と、別途でディスクドライブを追加できる設計は、共に後のセガの次世代アーケード基板NAOMI(ドリームキャスト互換)にも受け継がれた。 部品調達難に伴い、2017年3月31日を以って修理サポートが終了した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 261634 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 2074 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 4114 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77990498 (xsd:integer)
  • 83630986 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:ref
  • Titan (ja)
  • CompileBankrupted (ja)
  • Titan (ja)
  • CompileBankrupted (ja)
prop-ja:reference
  • 「『ぷよぷよ』開発、コンパイル破綻」、1ページ (ja)
  • 「32ビット 家庭用『サターン』と共通仕様の業務用『タイタン』 セガ社低価格CG基板システムとして開発」、1ページ (ja)
  • 「『ぷよぷよ』開発、コンパイル破綻」、1ページ (ja)
  • 「32ビット 家庭用『サターン』と共通仕様の業務用『タイタン』 セガ社低価格CG基板システムとして開発」、1ページ (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ST-V(エスティーブイ)は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)が発売したアーケードゲーム基板であり、セガ社員の石川雅美が開発した。 基板名の『ST-V』は「Sega Titan Videogame system(セガ・タイタン・ビデオゲームシステム)」の略であり、「タイタン」は開発当時のコードネームである。土星(=Saturn、サターン)の衛星であるタイタン(Titan)の名が示す通り、セガサターンとの互換性を持つ。本基板で開発、発売されたゲームはセガサターンに移植が容易かつ非常に高い移植度を実現しやすく、移植されたゲームも多い。 CPUにSH-2、サウンド用として68EC000が使われており、ソフトはロムカートリッジで供給されるが、「スポーツフィッシング」など一部CD-ROMに対応した作品もあった。ネオジオを意識してカセットを何本も差してゲームを選択できる設計になっているものの、ST-V用のロムカートリッジをセガサターンに用いることはできない。メディアにロムカートリッジを用いた設計と、別途でディスクドライブを追加できる設計は、共に後のセガの次世代アーケード基板NAOMI(ドリームキャスト互換)にも受け継がれた。 部品調達難に伴い、2017年3月31日を以って修理サポートが終了した。 (ja)
  • ST-V(エスティーブイ)は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)が発売したアーケードゲーム基板であり、セガ社員の石川雅美が開発した。 基板名の『ST-V』は「Sega Titan Videogame system(セガ・タイタン・ビデオゲームシステム)」の略であり、「タイタン」は開発当時のコードネームである。土星(=Saturn、サターン)の衛星であるタイタン(Titan)の名が示す通り、セガサターンとの互換性を持つ。本基板で開発、発売されたゲームはセガサターンに移植が容易かつ非常に高い移植度を実現しやすく、移植されたゲームも多い。 CPUにSH-2、サウンド用として68EC000が使われており、ソフトはロムカートリッジで供給されるが、「スポーツフィッシング」など一部CD-ROMに対応した作品もあった。ネオジオを意識してカセットを何本も差してゲームを選択できる設計になっているものの、ST-V用のロムカートリッジをセガサターンに用いることはできない。メディアにロムカートリッジを用いた設計と、別途でディスクドライブを追加できる設計は、共に後のセガの次世代アーケード基板NAOMI(ドリームキャスト互換)にも受け継がれた。 部品調達難に伴い、2017年3月31日を以って修理サポートが終了した。 (ja)
rdfs:label
  • ST-V (ja)
  • ST-V (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:computingMedia of
is dbo:computingPlatform of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:arcadeSystem of
is prop-ja:media of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of