R.U.R.(原題: チェコ語: Rossumovi univerzální roboti、ロッサム万能ロボット会社)は、チェコの作家カレル・チャペックにより1920年に発表された戯曲。この劇で初めて「ロボット」という言葉を創り出し、歴史的にもかなり重要な文化財である。 劇の内容からアイザック・アシモフがロボット工学三原則を使った作品を発表するまでの間、ロボット=反乱というイメージが付きまとうことになる。当時のチェコはオーストリア・ハンガリー帝国のボヘミア人貴族の支配から独立した直後の新興国だったが、国内はロシア革命の影響を受けた労働者と富裕層との階級対立が深刻化していた。貴族階級の没落や社会主義革命の脅威といった世相が反映された作品でもある。 また、チャペック自身によればゴーレムの伝承も影響しているという。演劇としては、工場内の一室のみで全編が進行する室内劇である。 1921年1月2日にフラデツ・クラーロヴェーで「Klicpera」により初演された。

Property Value
dbo:abstract
  • R.U.R.(原題: チェコ語: Rossumovi univerzální roboti、ロッサム万能ロボット会社)は、チェコの作家カレル・チャペックにより1920年に発表された戯曲。この劇で初めて「ロボット」という言葉を創り出し、歴史的にもかなり重要な文化財である。 劇の内容からアイザック・アシモフがロボット工学三原則を使った作品を発表するまでの間、ロボット=反乱というイメージが付きまとうことになる。当時のチェコはオーストリア・ハンガリー帝国のボヘミア人貴族の支配から独立した直後の新興国だったが、国内はロシア革命の影響を受けた労働者と富裕層との階級対立が深刻化していた。貴族階級の没落や社会主義革命の脅威といった世相が反映された作品でもある。 また、チャペック自身によればゴーレムの伝承も影響しているという。演劇としては、工場内の一室のみで全編が進行する室内劇である。 1921年1月2日にフラデツ・クラーロヴェーで「Klicpera」により初演された。 (ja)
  • R.U.R.(原題: チェコ語: Rossumovi univerzální roboti、ロッサム万能ロボット会社)は、チェコの作家カレル・チャペックにより1920年に発表された戯曲。この劇で初めて「ロボット」という言葉を創り出し、歴史的にもかなり重要な文化財である。 劇の内容からアイザック・アシモフがロボット工学三原則を使った作品を発表するまでの間、ロボット=反乱というイメージが付きまとうことになる。当時のチェコはオーストリア・ハンガリー帝国のボヘミア人貴族の支配から独立した直後の新興国だったが、国内はロシア革命の影響を受けた労働者と富裕層との階級対立が深刻化していた。貴族階級の没落や社会主義革命の脅威といった世相が反映された作品でもある。 また、チャペック自身によればゴーレムの伝承も影響しているという。演劇としては、工場内の一室のみで全編が進行する室内劇である。 1921年1月2日にフラデツ・クラーロヴェーで「Klicpera」により初演された。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1270910 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6270 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 91837494 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • R.U.R.(原題: チェコ語: Rossumovi univerzální roboti、ロッサム万能ロボット会社)は、チェコの作家カレル・チャペックにより1920年に発表された戯曲。この劇で初めて「ロボット」という言葉を創り出し、歴史的にもかなり重要な文化財である。 劇の内容からアイザック・アシモフがロボット工学三原則を使った作品を発表するまでの間、ロボット=反乱というイメージが付きまとうことになる。当時のチェコはオーストリア・ハンガリー帝国のボヘミア人貴族の支配から独立した直後の新興国だったが、国内はロシア革命の影響を受けた労働者と富裕層との階級対立が深刻化していた。貴族階級の没落や社会主義革命の脅威といった世相が反映された作品でもある。 また、チャペック自身によればゴーレムの伝承も影響しているという。演劇としては、工場内の一室のみで全編が進行する室内劇である。 1921年1月2日にフラデツ・クラーロヴェーで「Klicpera」により初演された。 (ja)
  • R.U.R.(原題: チェコ語: Rossumovi univerzální roboti、ロッサム万能ロボット会社)は、チェコの作家カレル・チャペックにより1920年に発表された戯曲。この劇で初めて「ロボット」という言葉を創り出し、歴史的にもかなり重要な文化財である。 劇の内容からアイザック・アシモフがロボット工学三原則を使った作品を発表するまでの間、ロボット=反乱というイメージが付きまとうことになる。当時のチェコはオーストリア・ハンガリー帝国のボヘミア人貴族の支配から独立した直後の新興国だったが、国内はロシア革命の影響を受けた労働者と富裕層との階級対立が深刻化していた。貴族階級の没落や社会主義革命の脅威といった世相が反映された作品でもある。 また、チャペック自身によればゴーレムの伝承も影響しているという。演劇としては、工場内の一室のみで全編が進行する室内劇である。 1921年1月2日にフラデツ・クラーロヴェーで「Klicpera」により初演された。 (ja)
rdfs:label
  • R.U.R. (ja)
  • R.U.R. (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of