QBasicはQuickBASICを基にしたBASIC系の言語の統合開発環境(IDE)、インタプリタ。IDE上で入力されたコードを中間コードに即座にコンパイルし、要求に応じて解釈実行するという特徴をもつ。少なくともPC/AT互換機の英語モードにおいてはDOSと32ビット版Microsoft Windowsで動作し、DOSBoxとを用いればLinuxとFreeBSDでも動作する。コードの即時評価や、コードの部分修正が可能なデバッガといった独自の機能を備え、10年以上にわたって最先端のIDEを提供していた。 初期のマイクロソフトBASICと違って、QBasicはサブルーチンやwhile文などの構造をサポートするQuickBASICのような構造化プログラミング言語である。行番号は互換性のためにサポートされるが推奨されず、説明的なラベルの使用が推奨される。QBasicはユーザ定義データ型(構造体)を限定的にサポートし、いくつかの基本的な型が文字列や数値データを保持するために使用される。

Property Value
dbo:abstract
  • QBasicはQuickBASICを基にしたBASIC系の言語の統合開発環境(IDE)、インタプリタ。IDE上で入力されたコードを中間コードに即座にコンパイルし、要求に応じて解釈実行するという特徴をもつ。少なくともPC/AT互換機の英語モードにおいてはDOSと32ビット版Microsoft Windowsで動作し、DOSBoxとを用いればLinuxとFreeBSDでも動作する。コードの即時評価や、コードの部分修正が可能なデバッガといった独自の機能を備え、10年以上にわたって最先端のIDEを提供していた。 初期のマイクロソフトBASICと違って、QBasicはサブルーチンやwhile文などの構造をサポートするQuickBASICのような構造化プログラミング言語である。行番号は互換性のためにサポートされるが推奨されず、説明的なラベルの使用が推奨される。QBasicはユーザ定義データ型(構造体)を限定的にサポートし、いくつかの基本的な型が文字列や数値データを保持するために使用される。 (ja)
  • QBasicはQuickBASICを基にしたBASIC系の言語の統合開発環境(IDE)、インタプリタ。IDE上で入力されたコードを中間コードに即座にコンパイルし、要求に応じて解釈実行するという特徴をもつ。少なくともPC/AT互換機の英語モードにおいてはDOSとMicrosoft Windowsのほぼ全てのバージョンで動作し、DOSBoxとを用いればLinuxとFreeBSDでも動作する。コードの即時評価や、コードの部分修正が可能なデバッガといった独自の機能を備え、10年以上にわたって最先端のIDEを提供していた。 初期のマイクロソフトBASICと違って、QBasicはサブルーチンやwhile文などの構造をサポートするQuickBASICのような構造化プログラミング言語である。行番号は互換性のためにサポートされるが推奨されず、説明的なラベルの使用が推奨される。QBasicはユーザ定義データ型(構造体)を限定的にサポートし、いくつかの基本的な型が文字列や数値データを保持するために使用される。 (ja)
  • QBasicはQuickBASICを基にしたBASIC系の言語の統合開発環境(IDE)、インタプリタ。IDE上で入力されたコードを中間コードに即座にコンパイルし、要求に応じて解釈実行するという特徴をもつ。少なくともPC/AT互換機の英語モードにおいてはDOSと32ビット版Microsoft Windowsで動作し、DOSBoxとを用いればLinuxとFreeBSDでも動作する。コードの即時評価や、コードの部分修正が可能なデバッガといった独自の機能を備え、10年以上にわたって最先端のIDEを提供していた。 初期のマイクロソフトBASICと違って、QBasicはサブルーチンやwhile文などの構造をサポートするQuickBASICのような構造化プログラミング言語である。行番号は互換性のためにサポートされるが推奨されず、説明的なラベルの使用が推奨される。QBasicはユーザ定義データ型(構造体)を限定的にサポートし、いくつかの基本的な型が文字列や数値データを保持するために使用される。 (ja)
  • QBasicはQuickBASICを基にしたBASIC系の言語の統合開発環境(IDE)、インタプリタ。IDE上で入力されたコードを中間コードに即座にコンパイルし、要求に応じて解釈実行するという特徴をもつ。少なくともPC/AT互換機の英語モードにおいてはDOSとMicrosoft Windowsのほぼ全てのバージョンで動作し、DOSBoxとを用いればLinuxとFreeBSDでも動作する。コードの即時評価や、コードの部分修正が可能なデバッガといった独自の機能を備え、10年以上にわたって最先端のIDEを提供していた。 初期のマイクロソフトBASICと違って、QBasicはサブルーチンやwhile文などの構造をサポートするQuickBASICのような構造化プログラミング言語である。行番号は互換性のためにサポートされるが推奨されず、説明的なラベルの使用が推奨される。QBasicはユーザ定義データ型(構造体)を限定的にサポートし、いくつかの基本的な型が文字列や数値データを保持するために使用される。 (ja)
dbo:developer
dbo:influencedBy
dbo:license
dbo:wikiPageID
  • 1938509 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5749 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 5786 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78339395 (xsd:integer)
  • 86788728 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:プラットフォーム
prop-ja:ライセンス
prop-ja:名前
  • QBasic (ja)
  • QBasic (ja)
prop-ja:影響を受けた言語
prop-ja:登場時期
  • 1991 (xsd:integer)
prop-ja:開発者
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • QBasicはQuickBASICを基にしたBASIC系の言語の統合開発環境(IDE)、インタプリタ。IDE上で入力されたコードを中間コードに即座にコンパイルし、要求に応じて解釈実行するという特徴をもつ。少なくともPC/AT互換機の英語モードにおいてはDOSと32ビット版Microsoft Windowsで動作し、DOSBoxとを用いればLinuxとFreeBSDでも動作する。コードの即時評価や、コードの部分修正が可能なデバッガといった独自の機能を備え、10年以上にわたって最先端のIDEを提供していた。 初期のマイクロソフトBASICと違って、QBasicはサブルーチンやwhile文などの構造をサポートするQuickBASICのような構造化プログラミング言語である。行番号は互換性のためにサポートされるが推奨されず、説明的なラベルの使用が推奨される。QBasicはユーザ定義データ型(構造体)を限定的にサポートし、いくつかの基本的な型が文字列や数値データを保持するために使用される。 (ja)
  • QBasicはQuickBASICを基にしたBASIC系の言語の統合開発環境(IDE)、インタプリタ。IDE上で入力されたコードを中間コードに即座にコンパイルし、要求に応じて解釈実行するという特徴をもつ。少なくともPC/AT互換機の英語モードにおいてはDOSとMicrosoft Windowsのほぼ全てのバージョンで動作し、DOSBoxとを用いればLinuxとFreeBSDでも動作する。コードの即時評価や、コードの部分修正が可能なデバッガといった独自の機能を備え、10年以上にわたって最先端のIDEを提供していた。 初期のマイクロソフトBASICと違って、QBasicはサブルーチンやwhile文などの構造をサポートするQuickBASICのような構造化プログラミング言語である。行番号は互換性のためにサポートされるが推奨されず、説明的なラベルの使用が推奨される。QBasicはユーザ定義データ型(構造体)を限定的にサポートし、いくつかの基本的な型が文字列や数値データを保持するために使用される。 (ja)
  • QBasicはQuickBASICを基にしたBASIC系の言語の統合開発環境(IDE)、インタプリタ。IDE上で入力されたコードを中間コードに即座にコンパイルし、要求に応じて解釈実行するという特徴をもつ。少なくともPC/AT互換機の英語モードにおいてはDOSと32ビット版Microsoft Windowsで動作し、DOSBoxとを用いればLinuxとFreeBSDでも動作する。コードの即時評価や、コードの部分修正が可能なデバッガといった独自の機能を備え、10年以上にわたって最先端のIDEを提供していた。 初期のマイクロソフトBASICと違って、QBasicはサブルーチンやwhile文などの構造をサポートするQuickBASICのような構造化プログラミング言語である。行番号は互換性のためにサポートされるが推奨されず、説明的なラベルの使用が推奨される。QBasicはユーザ定義データ型(構造体)を限定的にサポートし、いくつかの基本的な型が文字列や数値データを保持するために使用される。 (ja)
  • QBasicはQuickBASICを基にしたBASIC系の言語の統合開発環境(IDE)、インタプリタ。IDE上で入力されたコードを中間コードに即座にコンパイルし、要求に応じて解釈実行するという特徴をもつ。少なくともPC/AT互換機の英語モードにおいてはDOSとMicrosoft Windowsのほぼ全てのバージョンで動作し、DOSBoxとを用いればLinuxとFreeBSDでも動作する。コードの即時評価や、コードの部分修正が可能なデバッガといった独自の機能を備え、10年以上にわたって最先端のIDEを提供していた。 初期のマイクロソフトBASICと違って、QBasicはサブルーチンやwhile文などの構造をサポートするQuickBASICのような構造化プログラミング言語である。行番号は互換性のためにサポートされるが推奨されず、説明的なラベルの使用が推奨される。QBasicはユーザ定義データ型(構造体)を限定的にサポートし、いくつかの基本的な型が文字列や数値データを保持するために使用される。 (ja)
rdfs:label
  • QBasic (ja)
  • QBasic (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • QBasic (ja)
  • QBasic (ja)
is dbo:influenced of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:progLanguage of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of