ほとんどの Unix系オペレーティングシステム (OS) で ps(ピーエス)は現在動作しているプロセスを表示するタスクマネージャーである。 ps にはたくさんのオプションがある。UNIX や POSIX 標準をサポートするオペレーティングシステムでは、ps はよく -ef オプションを付けて使われる。ここで、"-e" はすべて (every) のプロセスを選択し、 "-f" は完全な (full) 出力フォーマットを選ぶ。このようなシステムでよく使われる他のオプションには "-l" で、長い (long) 出力フォーマットを指定する。 BSD から派生したほとんどのシステムでは POSIX や UNIX 標準オプションをとることができない。これは歴史的なオプションの衝突によるもので、例えば "e" または "-e" オプションをつけると環境変数が表示される。そのようなシステムでは、ps は非標準のオプション aux をつけてよく使われる。ここで "a" は他のユーザの端末を含む端末上のすべてのプロセスをリストし、"u" は個々のプロセスの制御ユーザなどを追加し、"x" は制御端末をもたないすべてのプロセスをリストする。これらのオプションを使うときに互換性をできるだけ高めるには、"aux" の前に "-" をつけるべきではない。

Property Value
dbo:abstract
  • ほとんどの Unix系オペレーティングシステム (OS) で ps(ピーエス)は現在動作しているプロセスを表示するタスクマネージャーである。 ps にはたくさんのオプションがある。UNIX や POSIX 標準をサポートするオペレーティングシステムでは、ps はよく -ef オプションを付けて使われる。ここで、"-e" はすべて (every) のプロセスを選択し、 "-f" は完全な (full) 出力フォーマットを選ぶ。このようなシステムでよく使われる他のオプションには "-l" で、長い (long) 出力フォーマットを指定する。 BSD から派生したほとんどのシステムでは POSIX や UNIX 標準オプションをとることができない。これは歴史的なオプションの衝突によるもので、例えば "e" または "-e" オプションをつけると環境変数が表示される。そのようなシステムでは、ps は非標準のオプション aux をつけてよく使われる。ここで "a" は他のユーザの端末を含む端末上のすべてのプロセスをリストし、"u" は個々のプロセスの制御ユーザなどを追加し、"x" は制御端末をもたないすべてのプロセスをリストする。これらのオプションを使うときに互換性をできるだけ高めるには、"aux" の前に "-" をつけるべきではない。 Linux の ps は両方のオプションに対応している。Solaris の /usr/bin/ps は "-ef" に対応し、/usr/ucb/ps は "aux" に対応する。 top という他の UNIX ユーティリティは実行しているプロセスをリアルタイムで表示する。 (ja)
  • ほとんどの Unix系オペレーティングシステム (OS) で ps(ピーエス)は現在動作しているプロセスを表示するタスクマネージャーである。 ps にはたくさんのオプションがある。UNIX や POSIX 標準をサポートするオペレーティングシステムでは、ps はよく -ef オプションを付けて使われる。ここで、"-e" はすべて (every) のプロセスを選択し、 "-f" は完全な (full) 出力フォーマットを選ぶ。このようなシステムでよく使われる他のオプションには "-l" で、長い (long) 出力フォーマットを指定する。 BSD から派生したほとんどのシステムでは POSIX や UNIX 標準オプションをとることができない。これは歴史的なオプションの衝突によるもので、例えば "e" または "-e" オプションをつけると環境変数が表示される。そのようなシステムでは、ps は非標準のオプション aux をつけてよく使われる。ここで "a" は他のユーザの端末を含む端末上のすべてのプロセスをリストし、"u" は個々のプロセスの制御ユーザなどを追加し、"x" は制御端末をもたないすべてのプロセスをリストする。これらのオプションを使うときに互換性をできるだけ高めるには、"aux" の前に "-" をつけるべきではない。 Linux の ps は両方のオプションに対応している。Solaris の /usr/bin/ps は "-ef" に対応し、/usr/ucb/ps は "aux" に対応する。 top という他の UNIX ユーティリティは実行しているプロセスをリアルタイムで表示する。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1269754 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1728 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81027234 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ほとんどの Unix系オペレーティングシステム (OS) で ps(ピーエス)は現在動作しているプロセスを表示するタスクマネージャーである。 ps にはたくさんのオプションがある。UNIX や POSIX 標準をサポートするオペレーティングシステムでは、ps はよく -ef オプションを付けて使われる。ここで、"-e" はすべて (every) のプロセスを選択し、 "-f" は完全な (full) 出力フォーマットを選ぶ。このようなシステムでよく使われる他のオプションには "-l" で、長い (long) 出力フォーマットを指定する。 BSD から派生したほとんどのシステムでは POSIX や UNIX 標準オプションをとることができない。これは歴史的なオプションの衝突によるもので、例えば "e" または "-e" オプションをつけると環境変数が表示される。そのようなシステムでは、ps は非標準のオプション aux をつけてよく使われる。ここで "a" は他のユーザの端末を含む端末上のすべてのプロセスをリストし、"u" は個々のプロセスの制御ユーザなどを追加し、"x" は制御端末をもたないすべてのプロセスをリストする。これらのオプションを使うときに互換性をできるだけ高めるには、"aux" の前に "-" をつけるべきではない。 (ja)
  • ほとんどの Unix系オペレーティングシステム (OS) で ps(ピーエス)は現在動作しているプロセスを表示するタスクマネージャーである。 ps にはたくさんのオプションがある。UNIX や POSIX 標準をサポートするオペレーティングシステムでは、ps はよく -ef オプションを付けて使われる。ここで、"-e" はすべて (every) のプロセスを選択し、 "-f" は完全な (full) 出力フォーマットを選ぶ。このようなシステムでよく使われる他のオプションには "-l" で、長い (long) 出力フォーマットを指定する。 BSD から派生したほとんどのシステムでは POSIX や UNIX 標準オプションをとることができない。これは歴史的なオプションの衝突によるもので、例えば "e" または "-e" オプションをつけると環境変数が表示される。そのようなシステムでは、ps は非標準のオプション aux をつけてよく使われる。ここで "a" は他のユーザの端末を含む端末上のすべてのプロセスをリストし、"u" は個々のプロセスの制御ユーザなどを追加し、"x" は制御端末をもたないすべてのプロセスをリストする。これらのオプションを使うときに互換性をできるだけ高めるには、"aux" の前に "-" をつけるべきではない。 (ja)
rdfs:label
  • Ps (UNIX) (ja)
  • Ps (UNIX) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of