Pentium 4(ペンティアム・フォー)は、インテルが製造したNetBurstマイクロアーキテクチャに基づくx86アーキテクチャのマイクロプロセッサ(CPU)に付された商標である。集積トランジスタ数は4200万。最初の製品は2000年11月20日に発表され、当初はその単一製品に付した商品名と目されていた。しかしその後も後継のプロセスルールで製造されたが同名で販売され、結果として一連の製品を指す商標になった。そのため、同じくPentium 4を冠するCPUであってもプロセスルール(すなわち製品世代)によって性能が大きく異なる。それら製品世代を区別して指す場合には、(自作パソコンユーザーなどがそうするように)インテルが用いた社内開発コードネームをそのまま用いることが多い。本項でも以降の節では開発コードネームを見出しに用いる。

Property Value
dbo:abstract
  • Pentium 4(ペンティアム・フォー)は、インテルが製造したNetBurstマイクロアーキテクチャに基づくx86アーキテクチャのマイクロプロセッサ(CPU)に付された商標である。集積トランジスタ数は4200万。最初の製品は2000年11月20日に発表され、当初はその単一製品に付した商品名と目されていた。しかしその後も後継のプロセスルールで製造されたが同名で販売され、結果として一連の製品を指す商標になった。そのため、同じくPentium 4を冠するCPUであってもプロセスルール(すなわち製品世代)によって性能が大きく異なる。それら製品世代を区別して指す場合には、(自作パソコンユーザーなどがそうするように)インテルが用いた社内開発コードネームをそのまま用いることが多い。本項でも以降の節では開発コードネームを見出しに用いる。 (ja)
  • Pentium 4(ペンティアム・フォー)は、インテルが製造したNetBurstマイクロアーキテクチャに基づくx86アーキテクチャのマイクロプロセッサ(CPU)に付された商標である。集積トランジスタ数は4200万。最初の製品は2000年11月20日に発表され、当初はその単一製品に付した商品名と目されていた。しかしその後も後継のプロセスルールで製造されたが同名で販売され、結果として一連の製品を指す商標になった。そのため、同じくPentium 4を冠するCPUであってもプロセスルール(すなわち製品世代)によって性能が大きく異なる。それら製品世代を区別して指す場合には、(自作パソコンユーザーなどがそうするように)インテルが用いた社内開発コードネームをそのまま用いることが多い。本項でも以降の節では開発コードネームを見出しに用いる。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2466 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15225 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86007426 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:fsb最低単位
  • MHz (ja)
  • MHz (ja)
prop-ja:fsb最低周波数
  • 400 (xsd:integer)
prop-ja:fsb最高単位
  • MHz (ja)
  • MHz (ja)
prop-ja:fsb最高周波数
  • 1066 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:コア数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:コードネーム
  • Cedar Mill (ja)
  • Northwood (ja)
  • Prescott (ja)
  • Willamette (ja)
  • Cedar Mill (ja)
  • Northwood (ja)
  • Prescott (ja)
  • Willamette (ja)
prop-ja:ソケット
prop-ja:トランジスタ
  • 42 (xsd:integer)
prop-ja:マイクロアーキテクチャ
prop-ja:前世代プロセッサ
prop-ja:名称
  • Pentium 4 (ja)
  • Pentium 4 (ja)
prop-ja:命令セット
prop-ja:拡張命令セット
  • MMX, SSE, SSE2, SSE3 . (ja)
  • MMX, SSE, SSE2, SSE3 . (ja)
prop-ja:最低周波数
  • 1.300000 (xsd:double)
prop-ja:最大プロセスルール
  • 180.0
prop-ja:最小プロセスルール
  • 65.0
prop-ja:最高周波数
  • 3.800000 (xsd:double)
prop-ja:次世代プロセッサ
prop-ja:生産終了
  • 2008 (xsd:integer)
prop-ja:生産者
  • インテル (ja)
  • インテル (ja)
prop-ja:生産開始
  • 2000 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Intel_pentium4_1.5ghz_willamette_socek423.jpg (ja)
  • Intel_pentium4_1.5ghz_willamette_socek423.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • Pentium 4(ペンティアム・フォー)は、インテルが製造したNetBurstマイクロアーキテクチャに基づくx86アーキテクチャのマイクロプロセッサ(CPU)に付された商標である。集積トランジスタ数は4200万。最初の製品は2000年11月20日に発表され、当初はその単一製品に付した商品名と目されていた。しかしその後も後継のプロセスルールで製造されたが同名で販売され、結果として一連の製品を指す商標になった。そのため、同じくPentium 4を冠するCPUであってもプロセスルール(すなわち製品世代)によって性能が大きく異なる。それら製品世代を区別して指す場合には、(自作パソコンユーザーなどがそうするように)インテルが用いた社内開発コードネームをそのまま用いることが多い。本項でも以降の節では開発コードネームを見出しに用いる。 (ja)
  • Pentium 4(ペンティアム・フォー)は、インテルが製造したNetBurstマイクロアーキテクチャに基づくx86アーキテクチャのマイクロプロセッサ(CPU)に付された商標である。集積トランジスタ数は4200万。最初の製品は2000年11月20日に発表され、当初はその単一製品に付した商品名と目されていた。しかしその後も後継のプロセスルールで製造されたが同名で販売され、結果として一連の製品を指す商標になった。そのため、同じくPentium 4を冠するCPUであってもプロセスルール(すなわち製品世代)によって性能が大きく異なる。それら製品世代を区別して指す場合には、(自作パソコンユーザーなどがそうするように)インテルが用いた社内開発コードネームをそのまま用いることが多い。本項でも以降の節では開発コードネームを見出しに用いる。 (ja)
rdfs:label
  • Pentium 4 (ja)
  • Pentium 4 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:cpu of
is prop-ja:processors of
is prop-ja:spec of
is prop-ja:前世代プロセッサ of
is prop-ja:次世代プロセッサ of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of