PAPR(英: Power Architecture Platform Reference)は、2006年にPower.orgにより提唱された、Powerアーキテクチャ技術をベースとした、新しいオープンなコンピュータ処理の基盤を作るためのイニシアチブである。 PAPRは1990年代に作られた以前の2つの試みであるPRePおよびCHRPの後継であり、The PAPR specification (PAPR仕様)はLinuxオペレーティングシステムを稼働させる標準的なPowerアーキテクチャのコンピュータの開発基盤を提供する。PAPRはPower.orgの活動であり、過去にIBMがPRePで行ったのと同様に、一定の要件を満たすハードウェア、ソフトウェア、ファームウェアの制定を行っている。実際にはPAPRは、により開発されたOpen Firmware仕様の拡張であり、それによりPAPRマシンは市販のPC周辺機器や増設カードの利用が可能になるという優位を得た。 Power.org の分科会をリードするは、ePAPRとして知られる組み込みの仕様を2007年の第4四半期に向けて作成している。 「en:Power Architecture Platform Reference」も参照

Property Value
dbo:abstract
  • PAPR(英: Power Architecture Platform Reference)は、2006年にPower.orgにより提唱された、Powerアーキテクチャ技術をベースとした、新しいオープンなコンピュータ処理の基盤を作るためのイニシアチブである。 PAPRは1990年代に作られた以前の2つの試みであるPRePおよびCHRPの後継であり、The PAPR specification (PAPR仕様)はLinuxオペレーティングシステムを稼働させる標準的なPowerアーキテクチャのコンピュータの開発基盤を提供する。PAPRはPower.orgの活動であり、過去にIBMがPRePで行ったのと同様に、一定の要件を満たすハードウェア、ソフトウェア、ファームウェアの制定を行っている。実際にはPAPRは、により開発されたOpen Firmware仕様の拡張であり、それによりPAPRマシンは市販のPC周辺機器や増設カードの利用が可能になるという優位を得た。 Power.org の分科会をリードするは、ePAPRとして知られる組み込みの仕様を2007年の第4四半期に向けて作成している。 「en:Power Architecture Platform Reference」も参照 (ja)
  • PAPR(英: Power Architecture Platform Reference)は、2006年にPower.orgにより提唱された、Powerアーキテクチャ技術をベースとした、新しいオープンなコンピュータ処理の基盤を作るためのイニシアチブである。 PAPRは1990年代に作られた以前の2つの試みであるPRePおよびCHRPの後継であり、The PAPR specification (PAPR仕様)はLinuxオペレーティングシステムを稼働させる標準的なPowerアーキテクチャのコンピュータの開発基盤を提供する。PAPRはPower.orgの活動であり、過去にIBMがPRePで行ったのと同様に、一定の要件を満たすハードウェア、ソフトウェア、ファームウェアの制定を行っている。実際にはPAPRは、により開発されたOpen Firmware仕様の拡張であり、それによりPAPRマシンは市販のPC周辺機器や増設カードの利用が可能になるという優位を得た。 Power.org の分科会をリードするは、ePAPRとして知られる組み込みの仕様を2007年の第4四半期に向けて作成している。 「en:Power Architecture Platform Reference」も参照 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1635652 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1851 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86619707 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • PAPR(英: Power Architecture Platform Reference)は、2006年にPower.orgにより提唱された、Powerアーキテクチャ技術をベースとした、新しいオープンなコンピュータ処理の基盤を作るためのイニシアチブである。 PAPRは1990年代に作られた以前の2つの試みであるPRePおよびCHRPの後継であり、The PAPR specification (PAPR仕様)はLinuxオペレーティングシステムを稼働させる標準的なPowerアーキテクチャのコンピュータの開発基盤を提供する。PAPRはPower.orgの活動であり、過去にIBMがPRePで行ったのと同様に、一定の要件を満たすハードウェア、ソフトウェア、ファームウェアの制定を行っている。実際にはPAPRは、により開発されたOpen Firmware仕様の拡張であり、それによりPAPRマシンは市販のPC周辺機器や増設カードの利用が可能になるという優位を得た。 Power.org の分科会をリードするは、ePAPRとして知られる組み込みの仕様を2007年の第4四半期に向けて作成している。 「en:Power Architecture Platform Reference」も参照 (ja)
  • PAPR(英: Power Architecture Platform Reference)は、2006年にPower.orgにより提唱された、Powerアーキテクチャ技術をベースとした、新しいオープンなコンピュータ処理の基盤を作るためのイニシアチブである。 PAPRは1990年代に作られた以前の2つの試みであるPRePおよびCHRPの後継であり、The PAPR specification (PAPR仕様)はLinuxオペレーティングシステムを稼働させる標準的なPowerアーキテクチャのコンピュータの開発基盤を提供する。PAPRはPower.orgの活動であり、過去にIBMがPRePで行ったのと同様に、一定の要件を満たすハードウェア、ソフトウェア、ファームウェアの制定を行っている。実際にはPAPRは、により開発されたOpen Firmware仕様の拡張であり、それによりPAPRマシンは市販のPC周辺機器や増設カードの利用が可能になるという優位を得た。 Power.org の分科会をリードするは、ePAPRとして知られる組み込みの仕様を2007年の第4四半期に向けて作成している。 「en:Power Architecture Platform Reference」も参照 (ja)
rdfs:label
  • PAPR (ja)
  • PAPR (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of