Object Constraint Language(OCL)は、統一モデリング言語 (UML) モデルに適用する規則を記述するための宣言型言語である。IBMが開発し、UML標準の一部となった。初期のOCLは、単なるUMLの形式仕様記述言語としての拡張であったが、その後 UMLだけでなく Object Management Group (OMG) の Meta-Object Facility (MOF) のメタモデル全般を扱うようになった。Object Constraint Language (OCL) は Meta-Object Facility などのモデルやメタモデルについて、図表の形式では表現できない制約やクエリを表現することができる正確なテキスト言語である。OCL は OMG のモデル変換に関する推奨標準 QVT 仕様の一部となっている。他の多くのモデル変換言語(ATLなど)も OCL に基づいて構築されている。

Property Value
dbo:abstract
  • Object Constraint Language(OCL)は、統一モデリング言語 (UML) モデルに適用する規則を記述するための宣言型言語である。IBMが開発し、UML標準の一部となった。初期のOCLは、単なるUMLの形式仕様記述言語としての拡張であったが、その後 UMLだけでなく Object Management Group (OMG) の Meta-Object Facility (MOF) のメタモデル全般を扱うようになった。Object Constraint Language (OCL) は Meta-Object Facility などのモデルやメタモデルについて、図表の形式では表現できない制約やクエリを表現することができる正確なテキスト言語である。OCL は OMG のモデル変換に関する推奨標準 QVT 仕様の一部となっている。他の多くのモデル変換言語(ATLなど)も OCL に基づいて構築されている。 (ja)
  • Object Constraint Language(OCL)は、統一モデリング言語 (UML) モデルに適用する規則を記述するための宣言型言語である。IBMが開発し、UML標準の一部となった。初期のOCLは、単なるUMLの形式仕様記述言語としての拡張であったが、その後 UMLだけでなく Object Management Group (OMG) の Meta-Object Facility (MOF) のメタモデル全般を扱うようになった。Object Constraint Language (OCL) は Meta-Object Facility などのモデルやメタモデルについて、図表の形式では表現できない制約やクエリを表現することができる正確なテキスト言語である。OCL は OMG のモデル変換に関する推奨標準 QVT 仕様の一部となっている。他の多くのモデル変換言語(ATLなど)も OCL に基づいて構築されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 938316 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3387 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80669072 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Object Constraint Language(OCL)は、統一モデリング言語 (UML) モデルに適用する規則を記述するための宣言型言語である。IBMが開発し、UML標準の一部となった。初期のOCLは、単なるUMLの形式仕様記述言語としての拡張であったが、その後 UMLだけでなく Object Management Group (OMG) の Meta-Object Facility (MOF) のメタモデル全般を扱うようになった。Object Constraint Language (OCL) は Meta-Object Facility などのモデルやメタモデルについて、図表の形式では表現できない制約やクエリを表現することができる正確なテキスト言語である。OCL は OMG のモデル変換に関する推奨標準 QVT 仕様の一部となっている。他の多くのモデル変換言語(ATLなど)も OCL に基づいて構築されている。 (ja)
  • Object Constraint Language(OCL)は、統一モデリング言語 (UML) モデルに適用する規則を記述するための宣言型言語である。IBMが開発し、UML標準の一部となった。初期のOCLは、単なるUMLの形式仕様記述言語としての拡張であったが、その後 UMLだけでなく Object Management Group (OMG) の Meta-Object Facility (MOF) のメタモデル全般を扱うようになった。Object Constraint Language (OCL) は Meta-Object Facility などのモデルやメタモデルについて、図表の形式では表現できない制約やクエリを表現することができる正確なテキスト言語である。OCL は OMG のモデル変換に関する推奨標準 QVT 仕様の一部となっている。他の多くのモデル変換言語(ATLなど)も OCL に基づいて構築されている。 (ja)
rdfs:label
  • Object Constraint Language (ja)
  • Object Constraint Language (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of