NetCDF(ネットワーク共通データ形式,英語:Network Common Data Form)は、バイナリファイルフォーマットの一つであり、その拡張子は".nc"である。NetCDFは気象、海洋、気候変動などの分野で国際的に広く使われている。NetCDFは、コンピュータの機種に依存しないバイナリ形式であり(機種非依存)、データを配列として読み書きすることができ(配列指向)、さらにデータに加えそのデータに関する説明を格納できる(自己記述的)という特徴がある。NetCDFは、オープンな地理情報標準を策定する国際的なコンソーシアムである、Open Geospatial Consortiumにおける国際標準である。 NetCDFファイルを作成、読み書き、共有するには、ソフトウェアライブラリであるNetCDFライブラリを使う必要がある。C言語によって実装されたNetCDFライブラリが、MITライセンスのオープンソースソフトウェアとしてプロジェクトの公式サイトで提供されている。この他に、様々なプログラミング言語(C、C++、FORTRAN 77、Fortran 90、Java、Perl、Ruby、Python、Haskell、Mathematica、MATLAB、IDL、Octave)のAPIが利用できる。

Property Value
dbo:abstract
  • NetCDF(ネットワーク共通データ形式,英語:Network Common Data Form)は、バイナリファイルフォーマットの一つであり、その拡張子は".nc"である。NetCDFは気象、海洋、気候変動などの分野で国際的に広く使われている。NetCDFは、コンピュータの機種に依存しないバイナリ形式であり(機種非依存)、データを配列として読み書きすることができ(配列指向)、さらにデータに加えそのデータに関する説明を格納できる(自己記述的)という特徴がある。NetCDFは、オープンな地理情報標準を策定する国際的なコンソーシアムである、Open Geospatial Consortiumにおける国際標準である。 NetCDFファイルを作成、読み書き、共有するには、ソフトウェアライブラリであるNetCDFライブラリを使う必要がある。C言語によって実装されたNetCDFライブラリが、MITライセンスのオープンソースソフトウェアとしてプロジェクトの公式サイトで提供されている。この他に、様々なプログラミング言語(C、C++、FORTRAN 77、Fortran 90、Java、Perl、Ruby、Python、Haskell、Mathematica、MATLAB、IDL、Octave)のAPIが利用できる。 NetCDFは1989年にUnidata Program CenterのGlenn Davisらにより開発され、以来多数のNetCDFユーザにより増強されてきた。 (ja)
  • NetCDF(ネットワーク共通データ形式,英語:Network Common Data Form)は、バイナリファイルフォーマットの一つであり、その拡張子は".nc"である。NetCDFは気象、海洋、気候変動などの分野で国際的に広く使われている。NetCDFは、コンピュータの機種に依存しないバイナリ形式であり(機種非依存)、データを配列として読み書きすることができ(配列指向)、さらにデータに加えそのデータに関する説明を格納できる(自己記述的)という特徴がある。NetCDFは、オープンな地理情報標準を策定する国際的なコンソーシアムである、Open Geospatial Consortiumにおける国際標準である。 NetCDFファイルを作成、読み書き、共有するには、ソフトウェアライブラリであるNetCDFライブラリを使う必要がある。C言語によって実装されたNetCDFライブラリが、MITライセンスのオープンソースソフトウェアとしてプロジェクトの公式サイトで提供されている。この他に、様々なプログラミング言語(C、C++、FORTRAN 77、Fortran 90、Java、Perl、Ruby、Python、Haskell、Mathematica、MATLAB、IDL、Octave)のAPIが利用できる。 NetCDFは1989年にUnidata Program CenterのGlenn Davisらにより開発され、以来多数のNetCDFユーザにより増強されてきた。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2582649 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2879 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87028983 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --05-31
prop-ja:特筆性
  • --05-31
prop-ja:雑多な内容の箇条書き
  • --05-31
dct:subject
rdfs:comment
  • NetCDF(ネットワーク共通データ形式,英語:Network Common Data Form)は、バイナリファイルフォーマットの一つであり、その拡張子は".nc"である。NetCDFは気象、海洋、気候変動などの分野で国際的に広く使われている。NetCDFは、コンピュータの機種に依存しないバイナリ形式であり(機種非依存)、データを配列として読み書きすることができ(配列指向)、さらにデータに加えそのデータに関する説明を格納できる(自己記述的)という特徴がある。NetCDFは、オープンな地理情報標準を策定する国際的なコンソーシアムである、Open Geospatial Consortiumにおける国際標準である。 NetCDFファイルを作成、読み書き、共有するには、ソフトウェアライブラリであるNetCDFライブラリを使う必要がある。C言語によって実装されたNetCDFライブラリが、MITライセンスのオープンソースソフトウェアとしてプロジェクトの公式サイトで提供されている。この他に、様々なプログラミング言語(C、C++、FORTRAN 77、Fortran 90、Java、Perl、Ruby、Python、Haskell、Mathematica、MATLAB、IDL、Octave)のAPIが利用できる。 (ja)
  • NetCDF(ネットワーク共通データ形式,英語:Network Common Data Form)は、バイナリファイルフォーマットの一つであり、その拡張子は".nc"である。NetCDFは気象、海洋、気候変動などの分野で国際的に広く使われている。NetCDFは、コンピュータの機種に依存しないバイナリ形式であり(機種非依存)、データを配列として読み書きすることができ(配列指向)、さらにデータに加えそのデータに関する説明を格納できる(自己記述的)という特徴がある。NetCDFは、オープンな地理情報標準を策定する国際的なコンソーシアムである、Open Geospatial Consortiumにおける国際標準である。 NetCDFファイルを作成、読み書き、共有するには、ソフトウェアライブラリであるNetCDFライブラリを使う必要がある。C言語によって実装されたNetCDFライブラリが、MITライセンスのオープンソースソフトウェアとしてプロジェクトの公式サイトで提供されている。この他に、様々なプログラミング言語(C、C++、FORTRAN 77、Fortran 90、Java、Perl、Ruby、Python、Haskell、Mathematica、MATLAB、IDL、Octave)のAPIが利用できる。 (ja)
rdfs:label
  • NetCDF (ja)
  • NetCDF (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of