NGSI-LDは、コンテキスト情報 (context information) をパブリッシュ (publishing)、クエリ (querying)、およびサブスクライブ (subscribing) するための情報モデル (information model) およびAPIです。これは、さまざまなステークホルダー間での構造化された情報のオープンな交換と共有を促進することを目的としています。スマートシティ (Smart Cities)、 スマートインダストリー (Smart Industry)、スマートアグリカルチャー (Smart Agriculture)、 より一般的にはモノのインターネット (Internet of Things)、 サイバーフィジカルシステム (Cyber-Physical Systems)、システムのシステム (Systems of systems) およびデジタルツイン (Digital Twins) などのアプリケーションドメイン全体で使用されます。

Property Value
dbo:abstract
  • NGSI-LDは、コンテキスト情報 (context information) をパブリッシュ (publishing)、クエリ (querying)、およびサブスクライブ (subscribing) するための情報モデル (information model) およびAPIです。これは、さまざまなステークホルダー間での構造化された情報のオープンな交換と共有を促進することを目的としています。スマートシティ (Smart Cities)、 スマートインダストリー (Smart Industry)、スマートアグリカルチャー (Smart Agriculture)、 より一般的にはモノのインターネット (Internet of Things)、 サイバーフィジカルシステム (Cyber-Physical Systems)、システムのシステム (Systems of systems) およびデジタルツイン (Digital Twins) などのアプリケーションドメイン全体で使用されます。 NGSI-LDは、欧州委員会 (European Commission) からの要求に従って、コンテキスト情報管理業界仕様グループ (Context Information Management Industry Specification Group) を通じてETSI (European Telecommunications Standardization Institute) によって標準化されています。その採用とさらなる発展は、EUの "ICT標準化のためのローリングプラン" (Rolling plan for ICT standardization)で詳しく説明されています。NGSI-LDは、コンテキスト管理 (context management)フレームワークとコンテキストモデリングにおける数十年前の研究コーパスに基づいて構築されています。頭字語NGSIは、"Next Generation Service Interfaces" (次世代サービスインターフェイス) の略で、コンテキストインターフェイスを含むOMAによって最初に発行された一連の仕様 です。 これらは、FIWAREオープンソースコミュニティを生み出したEuropean Future Internet Public-Private-Partnership (PPP)によってNGSIv2として取り上げられ、進化しました。 NGSI-LD情報モデルは、コンテキスト情報を、プロパティと他のエンティティとのリレーションシップを持つエンティティとして表します。これは、RDFとセマンティックWeb (semantic web) フレームワークに基づいて正式に定義されたセマンティクスを使用して、プロパティグラフ (property graphs)から導出されます。 それはJSON-LDを使用してシリアル化できます。 すべてのエンティティとリレーションシップには、識別子として一意のIRI参照が与えられ、対応するデータをLinked dataデータセットとしてエクスポートできるようになります。-LDサフィックスは、Linked Dataユニバースへの所属を示します。 (ja)
  • NGSI-LDは、コンテキスト情報 (context information) をパブリッシュ (publishing)、クエリ (querying)、およびサブスクライブ (subscribing) するための情報モデル (information model) およびAPIです。これは、さまざまなステークホルダー間での構造化された情報のオープンな交換と共有を促進することを目的としています。スマートシティ (Smart Cities)、 スマートインダストリー (Smart Industry)、スマートアグリカルチャー (Smart Agriculture)、 より一般的にはモノのインターネット (Internet of Things)、 サイバーフィジカルシステム (Cyber-Physical Systems)、システムのシステム (Systems of systems) およびデジタルツイン (Digital Twins) などのアプリケーションドメイン全体で使用されます。 NGSI-LDは、欧州委員会 (European Commission) からの要求に従って、コンテキスト情報管理業界仕様グループ (Context Information Management Industry Specification Group) を通じてETSI (European Telecommunications Standardization Institute) によって標準化されています。その採用とさらなる発展は、EUの "ICT標準化のためのローリングプラン" (Rolling plan for ICT standardization)で詳しく説明されています。NGSI-LDは、コンテキスト管理 (context management)フレームワークとコンテキストモデリングにおける数十年前の研究コーパスに基づいて構築されています。頭字語NGSIは、"Next Generation Service Interfaces" (次世代サービスインターフェイス) の略で、コンテキストインターフェイスを含むOMAによって最初に発行された一連の仕様 です。 これらは、FIWAREオープンソースコミュニティを生み出したEuropean Future Internet Public-Private-Partnership (PPP)によってNGSIv2として取り上げられ、進化しました。 NGSI-LD情報モデルは、コンテキスト情報を、プロパティと他のエンティティとのリレーションシップを持つエンティティとして表します。これは、RDFとセマンティックWeb (semantic web) フレームワークに基づいて正式に定義されたセマンティクスを使用して、プロパティグラフ (property graphs)から導出されます。 それはJSON-LDを使用してシリアル化できます。 すべてのエンティティとリレーションシップには、識別子として一意のIRI参照が与えられ、対応するデータをLinked dataデータセットとしてエクスポートできるようになります。-LDサフィックスは、Linked Dataユニバースへの所属を示します。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4358918 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 17516 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 83303808 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:abbreviation
  • NGSI-LD (ja)
  • NGSI-LD (ja)
prop-ja:authors
  • ISG CIM of ETSI (ja)
  • ISG CIM of ETSI (ja)
prop-ja:baseStandards
prop-ja:domain
prop-ja:organization
prop-ja:status
  • ETSI Group Specification (ja)
  • ETSI Group Specification (ja)
prop-ja:title
  • NGSI-LD - A graph-based context information model and API (ja)
  • NGSI-LD - A graph-based context information model and API (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearStarted
  • 2017 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • NGSI-LDは、コンテキスト情報 (context information) をパブリッシュ (publishing)、クエリ (querying)、およびサブスクライブ (subscribing) するための情報モデル (information model) およびAPIです。これは、さまざまなステークホルダー間での構造化された情報のオープンな交換と共有を促進することを目的としています。スマートシティ (Smart Cities)、 スマートインダストリー (Smart Industry)、スマートアグリカルチャー (Smart Agriculture)、 より一般的にはモノのインターネット (Internet of Things)、 サイバーフィジカルシステム (Cyber-Physical Systems)、システムのシステム (Systems of systems) およびデジタルツイン (Digital Twins) などのアプリケーションドメイン全体で使用されます。 (ja)
  • NGSI-LDは、コンテキスト情報 (context information) をパブリッシュ (publishing)、クエリ (querying)、およびサブスクライブ (subscribing) するための情報モデル (information model) およびAPIです。これは、さまざまなステークホルダー間での構造化された情報のオープンな交換と共有を促進することを目的としています。スマートシティ (Smart Cities)、 スマートインダストリー (Smart Industry)、スマートアグリカルチャー (Smart Agriculture)、 より一般的にはモノのインターネット (Internet of Things)、 サイバーフィジカルシステム (Cyber-Physical Systems)、システムのシステム (Systems of systems) およびデジタルツイン (Digital Twins) などのアプリケーションドメイン全体で使用されます。 (ja)
rdfs:label
  • NGSI-LD (ja)
  • NGSI-LD (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of