Microsoft Windows NT 3.1 (マイクロソフト ウインドウズ NT 3.1)はマイクロソフトが開発した32ビットオペレーティングシステムである。Windows NT系の最初のオペレーティングシステムで、英語版は1993年7月27日にリリースされた。NT系列の最初のバージョンであるが、「NT 3.1」の名称はWindows 3.1のブランド拡張を狙って命名された。 Windows NT 3.1のアーキテクチャはマイクロソフトとIBMとの共同開発であるOS/2の刷新を図って設計された。しかし、Windows 3.0が人気を獲得したため、よりWindowsのアーキテクチャに近づける変更が為されたことで、IBMはマイクロソフトとの協力関係を打ち切った。設計目標は旧来のDOSベースのオペレーティングシステムよりも堅牢性と安定性に優れていて、かつマルチプロセッサアーキテクチャの移植性が優れていることとされた。Windows NT 3.1の一般サーバーおよびワークステーション向けは単にWindows NT 3.1とされ、認証サーバー専用製品はWindows NT 3.1 Advanced Serverとされた。

Property Value
dbo:abstract
  • Microsoft Windows NT 3.1 (マイクロソフト ウインドウズ NT 3.1)はマイクロソフトが開発した32ビットオペレーティングシステムである。Windows NT系の最初のオペレーティングシステムで、英語版は1993年7月27日にリリースされた。NT系列の最初のバージョンであるが、「NT 3.1」の名称はWindows 3.1のブランド拡張を狙って命名された。 Windows NT 3.1のアーキテクチャはマイクロソフトとIBMとの共同開発であるOS/2の刷新を図って設計された。しかし、Windows 3.0が人気を獲得したため、よりWindowsのアーキテクチャに近づける変更が為されたことで、IBMはマイクロソフトとの協力関係を打ち切った。設計目標は旧来のDOSベースのオペレーティングシステムよりも堅牢性と安定性に優れていて、かつマルチプロセッサアーキテクチャの移植性が優れていることとされた。Windows NT 3.1の一般サーバーおよびワークステーション向けは単にWindows NT 3.1とされ、認証サーバー専用製品はWindows NT 3.1 Advanced Serverとされた。 認証システムはLAN Managerをベースに拡張したもので、認証サーバーはマスターデータベースを持つ「プライマリドメインコントローラー(PDC)」または、読み取り専用レプリカを持つ「バックアップドメインコントローラー(BDC)」のいずれかである。PDCとBDCの入れ替えは可能だが、非ドメインコントローラーにすることはできなかった(これが可能になるのはWindows NT 3.5以降である)。 当時の水準では高性能なシステムが必要であったことと、Windows NT 3.1の能力をフルに活用できる32ビットアプリケーションが不足していたため、市場での成功は限定的であった。しかし、Windows NT 3.1は後のWindows NT系オペレーティングシステムの基礎を築き上げた。 (ja)
  • Microsoft Windows NT 3.1 (マイクロソフト ウインドウズ NT 3.1)はマイクロソフトが開発した32ビットオペレーティングシステムである。Windows NT系の最初のオペレーティングシステムで、英語版は1993年7月27日にリリースされた。NT系列の最初のバージョンであるが、「NT 3.1」の名称はWindows 3.1のブランド拡張を狙って命名された。 Windows NT 3.1のアーキテクチャはマイクロソフトとIBMとの共同開発であるOS/2の刷新を図って設計された。しかし、Windows 3.0が人気を獲得したため、よりWindowsのアーキテクチャに近づける変更が為されたことで、IBMはマイクロソフトとの協力関係を打ち切った。設計目標は旧来のDOSベースのオペレーティングシステムよりも堅牢性と安定性に優れていて、かつマルチプロセッサアーキテクチャの移植性が優れていることとされた。Windows NT 3.1の一般サーバーおよびワークステーション向けは単にWindows NT 3.1とされ、認証サーバー専用製品はWindows NT 3.1 Advanced Serverとされた。 認証システムはLAN Managerをベースに拡張したもので、認証サーバーはマスターデータベースを持つ「プライマリドメインコントローラー(PDC)」または、読み取り専用レプリカを持つ「バックアップドメインコントローラー(BDC)」のいずれかである。PDCとBDCの入れ替えは可能だが、非ドメインコントローラーにすることはできなかった(これが可能になるのはWindows NT 3.5以降である)。 当時の水準では高性能なシステムが必要であったことと、Windows NT 3.1の能力をフルに活用できる32ビットアプリケーションが不足していたため、市場での成功は限定的であった。しかし、Windows NT 3.1は後のWindows NT系オペレーティングシステムの基礎を築き上げた。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3509947 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 33357 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 33464 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81351077 (xsd:integer)
  • 84636504 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • January 2009 (ja)
  • January 2009 (ja)
prop-ja:developer
prop-ja:firstReleaseDate
  • --01-28
  • --07-27
prop-ja:firstReleaseUrl
prop-ja:kernelType
prop-ja:license
prop-ja:name
  • Windows NT 3.1 (ja)
  • Windows NT 3.1 (ja)
prop-ja:releaseDate
  • 1994-10-29 (xsd:date)
prop-ja:releaseUrl
  • news:1994Nov7.165711.21637@alw.nih.gov (ja)
  • news:1994Nov7.165711.21637@alw.nih.gov (ja)
prop-ja:releaseVersion
  • Service Pack 3 (ja)
  • Service Pack 3 (ja)
prop-ja:sourceModel
prop-ja:succeededBy
prop-ja:supportStatus
  • --12-31
prop-ja:supportedPlatforms
prop-ja:versionOf
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Microsoft Windows NT 3.1 (マイクロソフト ウインドウズ NT 3.1)はマイクロソフトが開発した32ビットオペレーティングシステムである。Windows NT系の最初のオペレーティングシステムで、英語版は1993年7月27日にリリースされた。NT系列の最初のバージョンであるが、「NT 3.1」の名称はWindows 3.1のブランド拡張を狙って命名された。 Windows NT 3.1のアーキテクチャはマイクロソフトとIBMとの共同開発であるOS/2の刷新を図って設計された。しかし、Windows 3.0が人気を獲得したため、よりWindowsのアーキテクチャに近づける変更が為されたことで、IBMはマイクロソフトとの協力関係を打ち切った。設計目標は旧来のDOSベースのオペレーティングシステムよりも堅牢性と安定性に優れていて、かつマルチプロセッサアーキテクチャの移植性が優れていることとされた。Windows NT 3.1の一般サーバーおよびワークステーション向けは単にWindows NT 3.1とされ、認証サーバー専用製品はWindows NT 3.1 Advanced Serverとされた。 (ja)
  • Microsoft Windows NT 3.1 (マイクロソフト ウインドウズ NT 3.1)はマイクロソフトが開発した32ビットオペレーティングシステムである。Windows NT系の最初のオペレーティングシステムで、英語版は1993年7月27日にリリースされた。NT系列の最初のバージョンであるが、「NT 3.1」の名称はWindows 3.1のブランド拡張を狙って命名された。 Windows NT 3.1のアーキテクチャはマイクロソフトとIBMとの共同開発であるOS/2の刷新を図って設計された。しかし、Windows 3.0が人気を獲得したため、よりWindowsのアーキテクチャに近づける変更が為されたことで、IBMはマイクロソフトとの協力関係を打ち切った。設計目標は旧来のDOSベースのオペレーティングシステムよりも堅牢性と安定性に優れていて、かつマルチプロセッサアーキテクチャの移植性が優れていることとされた。Windows NT 3.1の一般サーバーおよびワークステーション向けは単にWindows NT 3.1とされ、認証サーバー専用製品はWindows NT 3.1 Advanced Serverとされた。 (ja)
rdfs:label
  • Microsoft Windows NT 3.1 (ja)
  • Microsoft Windows NT 3.1 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:includedWith of
is prop-ja:precededBy of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of