Microsoft Jet Database Engine (マイクロソフト・ジェット・データベースエンジン)は、いくつかのマイクロソフト製品が採用しているデータベースエンジンである。Microsoft Jetエンジンまたは単にJet とも呼ばれる。Jetの最初のバージョンは1992年に開発され、データベースの操作に使用できる3つのモジュールで構成される。 JETは、Joint Engine Technology (共同エンジン技術)の頭字語である。 Microsoft AccessやVisual Basicは、その基盤となるデータベースエンジンとしてJetを使用していた。ただし、後にMicrosoft Desktop Engine (MSDE)に、さらに後にSQL Server Expressに置き換えらた。大規模なデータベース活用の際には、JetデータベースをMicrosoft SQL Serverのデータベース製品群にアップグレード(またはマイクロソフトの用語では「アップサイズ」)することができる。 圧縮と暗号化が有効な50億レコードを含むMS Jet(Red)データベースの場合、約1テラバイトのディスク記憶域が必要となる。

Property Value
dbo:abstract
  • Microsoft Jet Database Engine (マイクロソフト・ジェット・データベースエンジン)は、いくつかのマイクロソフト製品が採用しているデータベースエンジンである。Microsoft Jetエンジンまたは単にJet とも呼ばれる。Jetの最初のバージョンは1992年に開発され、データベースの操作に使用できる3つのモジュールで構成される。 JETは、Joint Engine Technology (共同エンジン技術)の頭字語である。 Microsoft AccessやVisual Basicは、その基盤となるデータベースエンジンとしてJetを使用していた。ただし、後にMicrosoft Desktop Engine (MSDE)に、さらに後にSQL Server Expressに置き換えらた。大規模なデータベース活用の際には、JetデータベースをMicrosoft SQL Serverのデータベース製品群にアップグレード(またはマイクロソフトの用語では「アップサイズ」)することができる。 圧縮と暗号化が有効な50億レコードを含むMS Jet(Red)データベースの場合、約1テラバイトのディスク記憶域が必要となる。 (ja)
  • Microsoft Jet Database Engine (マイクロソフト・ジェット・データベースエンジン)は、いくつかのマイクロソフト製品が採用しているデータベースエンジンである。Microsoft Jetエンジンまたは単にJet とも呼ばれる。Jetの最初のバージョンは1992年に開発され、データベースの操作に使用できる3つのモジュールで構成される。 JETは、Joint Engine Technology (共同エンジン技術)の頭字語である。 Microsoft AccessやVisual Basicは、その基盤となるデータベースエンジンとしてJetを使用していた。ただし、後にMicrosoft Desktop Engine (MSDE)に、さらに後にSQL Server Expressに置き換えらた。大規模なデータベース活用の際には、JetデータベースをMicrosoft SQL Serverのデータベース製品群にアップグレード(またはマイクロソフトの用語では「アップサイズ」)することができる。 圧縮と暗号化が有効な50億レコードを含むMS Jet(Red)データベースの場合、約1テラバイトのディスク記憶域が必要となる。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • ACE 16
dbo:operatingSystem
dbo:publisher
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4335939 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14807 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 82595620 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:別名
  • Microsoft JET Engine (ja)
  • Microsoft JET Engine (ja)
prop-ja:名称
  • Microsoft Jet Database Engine (ja)
  • Microsoft Jet Database Engine (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:最新版
  • ACE 16 (ja)
  • ACE 16 (ja)
prop-ja:種別
prop-ja:開発元
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Microsoft Jet Database Engine (マイクロソフト・ジェット・データベースエンジン)は、いくつかのマイクロソフト製品が採用しているデータベースエンジンである。Microsoft Jetエンジンまたは単にJet とも呼ばれる。Jetの最初のバージョンは1992年に開発され、データベースの操作に使用できる3つのモジュールで構成される。 JETは、Joint Engine Technology (共同エンジン技術)の頭字語である。 Microsoft AccessやVisual Basicは、その基盤となるデータベースエンジンとしてJetを使用していた。ただし、後にMicrosoft Desktop Engine (MSDE)に、さらに後にSQL Server Expressに置き換えらた。大規模なデータベース活用の際には、JetデータベースをMicrosoft SQL Serverのデータベース製品群にアップグレード(またはマイクロソフトの用語では「アップサイズ」)することができる。 圧縮と暗号化が有効な50億レコードを含むMS Jet(Red)データベースの場合、約1テラバイトのディスク記憶域が必要となる。 (ja)
  • Microsoft Jet Database Engine (マイクロソフト・ジェット・データベースエンジン)は、いくつかのマイクロソフト製品が採用しているデータベースエンジンである。Microsoft Jetエンジンまたは単にJet とも呼ばれる。Jetの最初のバージョンは1992年に開発され、データベースの操作に使用できる3つのモジュールで構成される。 JETは、Joint Engine Technology (共同エンジン技術)の頭字語である。 Microsoft AccessやVisual Basicは、その基盤となるデータベースエンジンとしてJetを使用していた。ただし、後にMicrosoft Desktop Engine (MSDE)に、さらに後にSQL Server Expressに置き換えらた。大規模なデータベース活用の際には、JetデータベースをMicrosoft SQL Serverのデータベース製品群にアップグレード(またはマイクロソフトの用語では「アップサイズ」)することができる。 圧縮と暗号化が有効な50億レコードを含むMS Jet(Red)データベースの場合、約1テラバイトのディスク記憶域が必要となる。 (ja)
rdfs:label
  • Microsoft Jet Database Engine (ja)
  • Microsoft Jet Database Engine (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Microsoft Jet Database Engine (ja)
  • Microsoft Jet Database Engine (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of