『MAD RAT DEAD』(または『マッド・ラット・デッド』、『マッドラットデッド』)は、日本一ソフトウェアが2020年に発売したPlayStation 4およびNintendo Switch(Lite)用ゲームソフト。キャッチコピーは「ニンゲンどもよ、聞いてくれ。狂ったネズミの耳鳴りを。」。略称は「MRD」。 研究所で生まれ育った実験用ネズミであり、ケージの中で一生を終えた主人公のマッドラットが、ネズミの神様から特別な能力と共に時間を巻き戻し「最期の1日」をやり直すチャンスを与えられ、マッドラットは満足して死ねるよう夢である「自分をケージに閉じ込めて実験したニンゲンに復讐すること」を叶える冒険が描かれる。マッドラットは自分の心臓である相棒のハートと共に、町中や研究所などの人間が生活している場所を冒険する。世界観はアメコミチックおよびカートゥーンアニメ風で刺激的な色使いのグラフィックで彩られ、愉快ながらもどこか不気味な雰囲気となっており、カートゥーン調の2Dイラストで表現されたキャラクターたちがキリキリと動くという点も特徴。 本作は楽曲のリズムにあわせてボタンを押すことでマッドラットが軽快に動くという、リズムゲームと横スクロールアクションゲームが融合したリズムアクションゲームとなっており、キャラクター、敵やギミック、全てのものがリズムに合わせて動くようになっている。

Property Value
dbo:abstract
  • 『MAD RAT DEAD』(または『マッド・ラット・デッド』、『マッドラットデッド』)は、日本一ソフトウェアが2020年に発売したPlayStation 4およびNintendo Switch(Lite)用ゲームソフト。キャッチコピーは「ニンゲンどもよ、聞いてくれ。狂ったネズミの耳鳴りを。」。略称は「MRD」。 研究所で生まれ育った実験用ネズミであり、ケージの中で一生を終えた主人公のマッドラットが、ネズミの神様から特別な能力と共に時間を巻き戻し「最期の1日」をやり直すチャンスを与えられ、マッドラットは満足して死ねるよう夢である「自分をケージに閉じ込めて実験したニンゲンに復讐すること」を叶える冒険が描かれる。マッドラットは自分の心臓である相棒のハートと共に、町中や研究所などの人間が生活している場所を冒険する。世界観はアメコミチックおよびカートゥーンアニメ風で刺激的な色使いのグラフィックで彩られ、愉快ながらもどこか不気味な雰囲気となっており、カートゥーン調の2Dイラストで表現されたキャラクターたちがキリキリと動くという点も特徴。 本作は楽曲のリズムにあわせてボタンを押すことでマッドラットが軽快に動くという、リズムゲームと横スクロールアクションゲームが融合したリズムアクションゲームとなっており、キャラクター、敵やギミック、全てのものがリズムに合わせて動くようになっている。 (ja)
  • 『MAD RAT DEAD』(または『マッド・ラット・デッド』、『マッドラットデッド』)は、日本一ソフトウェアが2020年に発売したPlayStation 4およびNintendo Switch(Lite)用ゲームソフト。キャッチコピーは「ニンゲンどもよ、聞いてくれ。狂ったネズミの耳鳴りを。」。略称は「MRD」。 研究所で生まれ育った実験用ネズミであり、ケージの中で一生を終えた主人公のマッドラットが、ネズミの神様から特別な能力と共に時間を巻き戻し「最期の1日」をやり直すチャンスを与えられ、マッドラットは満足して死ねるよう夢である「自分をケージに閉じ込めて実験したニンゲンに復讐すること」を叶える冒険が描かれる。マッドラットは自分の心臓である相棒のハートと共に、町中や研究所などの人間が生活している場所を冒険する。世界観はアメコミチックおよびカートゥーンアニメ風で刺激的な色使いのグラフィックで彩られ、愉快ながらもどこか不気味な雰囲気となっており、カートゥーン調の2Dイラストで表現されたキャラクターたちがキリキリと動くという点も特徴。 本作は楽曲のリズムにあわせてボタンを押すことでマッドラットが軽快に動くという、リズムゲームと横スクロールアクションゲームが融合したリズムアクションゲームとなっており、キャラクター、敵やギミック、全てのものがリズムに合わせて動くようになっている。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4402737 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 33093 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 92550531 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:composer
prop-ja:contentsicon
  • 暴力、犯罪 (ja)
  • 暴力、犯罪 (ja)
prop-ja:date
  • 0001-10-29 (xsd:gMonthDay)
  • 0001-10-30 (xsd:gMonthDay)
  • 0001-11-06 (xsd:gMonthDay)
prop-ja:designer
  • 溝上侑 (ja)
  • 溝上侑 (ja)
prop-ja:dev
prop-ja:director
  • 溝上侑 (ja)
  • 溝上侑 (ja)
prop-ja:engine
prop-ja:fam
  • 7.500000 (xsd:double)
prop-ja:genre
prop-ja:lang
  • 日本語 (ja)
  • 英語 (ja)
  • 日本語 (ja)
  • 英語 (ja)
prop-ja:mc
  • 69 (xsd:integer)
  • 79 (xsd:integer)
prop-ja:media
prop-ja:plat
prop-ja:play
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:producer
  • 新川宗平 (ja)
  • 新川宗平 (ja)
prop-ja:pub
  • 日本一ソフトウェア (ja)
  • NIS America (ja)
  • 日本一ソフトウェア (ja)
  • NIS America (ja)
prop-ja:rev
  • Hardcore Gamer (ja)
  • PlayStation LifeStyle (ja)
  • TheSixthAxis (ja)
  • Hardcore Gamer (ja)
  • PlayStation LifeStyle (ja)
  • TheSixthAxis (ja)
prop-ja:rev1score
  • 3.500000 (xsd:double)
prop-ja:rev2score
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:rev3score
  • 6.500000 (xsd:double)
prop-ja:title
  • MAD RAT DEAD (ja)
  • マッド・ラット・デッド (ja)
  • MAD RAT DEAD (ja)
  • マッド・ラット・デッド (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『MAD RAT DEAD』(または『マッド・ラット・デッド』、『マッドラットデッド』)は、日本一ソフトウェアが2020年に発売したPlayStation 4およびNintendo Switch(Lite)用ゲームソフト。キャッチコピーは「ニンゲンどもよ、聞いてくれ。狂ったネズミの耳鳴りを。」。略称は「MRD」。 研究所で生まれ育った実験用ネズミであり、ケージの中で一生を終えた主人公のマッドラットが、ネズミの神様から特別な能力と共に時間を巻き戻し「最期の1日」をやり直すチャンスを与えられ、マッドラットは満足して死ねるよう夢である「自分をケージに閉じ込めて実験したニンゲンに復讐すること」を叶える冒険が描かれる。マッドラットは自分の心臓である相棒のハートと共に、町中や研究所などの人間が生活している場所を冒険する。世界観はアメコミチックおよびカートゥーンアニメ風で刺激的な色使いのグラフィックで彩られ、愉快ながらもどこか不気味な雰囲気となっており、カートゥーン調の2Dイラストで表現されたキャラクターたちがキリキリと動くという点も特徴。 本作は楽曲のリズムにあわせてボタンを押すことでマッドラットが軽快に動くという、リズムゲームと横スクロールアクションゲームが融合したリズムアクションゲームとなっており、キャラクター、敵やギミック、全てのものがリズムに合わせて動くようになっている。 (ja)
  • 『MAD RAT DEAD』(または『マッド・ラット・デッド』、『マッドラットデッド』)は、日本一ソフトウェアが2020年に発売したPlayStation 4およびNintendo Switch(Lite)用ゲームソフト。キャッチコピーは「ニンゲンどもよ、聞いてくれ。狂ったネズミの耳鳴りを。」。略称は「MRD」。 研究所で生まれ育った実験用ネズミであり、ケージの中で一生を終えた主人公のマッドラットが、ネズミの神様から特別な能力と共に時間を巻き戻し「最期の1日」をやり直すチャンスを与えられ、マッドラットは満足して死ねるよう夢である「自分をケージに閉じ込めて実験したニンゲンに復讐すること」を叶える冒険が描かれる。マッドラットは自分の心臓である相棒のハートと共に、町中や研究所などの人間が生活している場所を冒険する。世界観はアメコミチックおよびカートゥーンアニメ風で刺激的な色使いのグラフィックで彩られ、愉快ながらもどこか不気味な雰囲気となっており、カートゥーン調の2Dイラストで表現されたキャラクターたちがキリキリと動くという点も特徴。 本作は楽曲のリズムにあわせてボタンを押すことでマッドラットが軽快に動くという、リズムゲームと横スクロールアクションゲームが融合したリズムアクションゲームとなっており、キャラクター、敵やギミック、全てのものがリズムに合わせて動くようになっている。 (ja)
rdfs:label
  • MAD RAT DEAD (ja)
  • MAD RAT DEAD (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • MAD RAT DEAD (ja)
  • マッド・ラット・デッド (ja)
  • MAD RAT DEAD (ja)
  • マッド・ラット・デッド (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of