Linux Security Modules (LSM) はGNU/Linux(Linuxディストリビューション)において、任意の1つのセキュリティ実装のみをサポートすることを回避し、同時に様々なコンピュータセキュリティモデルをサポートするためLinuxカーネルに追加されたフレームワークである。GNU General Public Licenseの条項に従いライセンスされ、Linuxカーネルバージョン2.6の標準的な機能の一部となっている。AppArmor、Security-Enhanced Linux (SELinux)、そして TOMOYO Linuxは現在メインライン(メインストリーム)カーネル(リーナス・トーバルズにより管理されるカーネルソースコードツリーで公式のLinuxカーネル)に存在するLSMベースのセキュリティモジュールである。 カーネルソースコードディレクトリのトップにあるsecurity/というディレクトリの下にカーネル内処理に関するサブルーチン群が、include/linux/security.hヘッダファイルに主要な関数・構造体のプロトタイプ宣言や有益なマクロ、インライン関数がある。 "Linux Security Module"と呼称する文書・Webページが散見されるが、正しくはLinux Security Modulesである。

Property Value
dbo:abstract
  • Linux Security Modules (LSM) はGNU/Linux(Linuxディストリビューション)において、任意の1つのセキュリティ実装のみをサポートすることを回避し、同時に様々なコンピュータセキュリティモデルをサポートするためLinuxカーネルに追加されたフレームワークである。GNU General Public Licenseの条項に従いライセンスされ、Linuxカーネルバージョン2.6の標準的な機能の一部となっている。AppArmor、Security-Enhanced Linux (SELinux)、そして TOMOYO Linuxは現在メインライン(メインストリーム)カーネル(リーナス・トーバルズにより管理されるカーネルソースコードツリーで公式のLinuxカーネル)に存在するLSMベースのセキュリティモジュールである。 カーネルソースコードディレクトリのトップにあるsecurity/というディレクトリの下にカーネル内処理に関するサブルーチン群が、include/linux/security.hヘッダファイルに主要な関数・構造体のプロトタイプ宣言や有益なマクロ、インライン関数がある。 名称より誤解を受けることが多いが、2011年現在におけるLSMはローダブル・カーネル・モジュール (LKM) ではなく、カーネル内に静的にリンクされる。またLSMの上に実装される各種セキュリティモジュールは以前はLKMとして実装可能であったが、現在では原則不可能である(後述)。 "Linux Security Module"と呼称する文書・Webページが散見されるが、正しくはLinux Security Modulesである。 (ja)
  • Linux Security Modules (LSM) はGNU/Linux(Linuxディストリビューション)において、任意の1つのセキュリティ実装のみをサポートすることを回避し、同時に様々なコンピュータセキュリティモデルをサポートするためLinuxカーネルに追加されたフレームワークである。GNU General Public Licenseの条項に従いライセンスされ、Linuxカーネルバージョン2.6の標準的な機能の一部となっている。AppArmor、Security-Enhanced Linux (SELinux)、そして TOMOYO Linuxは現在メインライン(メインストリーム)カーネル(リーナス・トーバルズにより管理されるカーネルソースコードツリーで公式のLinuxカーネル)に存在するLSMベースのセキュリティモジュールである。 カーネルソースコードディレクトリのトップにあるsecurity/というディレクトリの下にカーネル内処理に関するサブルーチン群が、include/linux/security.hヘッダファイルに主要な関数・構造体のプロトタイプ宣言や有益なマクロ、インライン関数がある。 名称より誤解を受けることが多いが、2011年現在におけるLSMはローダブル・カーネル・モジュール (LKM) ではなく、カーネル内に静的にリンクされる。またLSMの上に実装される各種セキュリティモジュールは以前はLKMとして実装可能であったが、現在では原則不可能である(後述)。 "Linux Security Module"と呼称する文書・Webページが散見されるが、正しくはLinux Security Modulesである。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2282634 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13063 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86261724 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Linux Security Modules (LSM) はGNU/Linux(Linuxディストリビューション)において、任意の1つのセキュリティ実装のみをサポートすることを回避し、同時に様々なコンピュータセキュリティモデルをサポートするためLinuxカーネルに追加されたフレームワークである。GNU General Public Licenseの条項に従いライセンスされ、Linuxカーネルバージョン2.6の標準的な機能の一部となっている。AppArmor、Security-Enhanced Linux (SELinux)、そして TOMOYO Linuxは現在メインライン(メインストリーム)カーネル(リーナス・トーバルズにより管理されるカーネルソースコードツリーで公式のLinuxカーネル)に存在するLSMベースのセキュリティモジュールである。 カーネルソースコードディレクトリのトップにあるsecurity/というディレクトリの下にカーネル内処理に関するサブルーチン群が、include/linux/security.hヘッダファイルに主要な関数・構造体のプロトタイプ宣言や有益なマクロ、インライン関数がある。 "Linux Security Module"と呼称する文書・Webページが散見されるが、正しくはLinux Security Modulesである。 (ja)
  • Linux Security Modules (LSM) はGNU/Linux(Linuxディストリビューション)において、任意の1つのセキュリティ実装のみをサポートすることを回避し、同時に様々なコンピュータセキュリティモデルをサポートするためLinuxカーネルに追加されたフレームワークである。GNU General Public Licenseの条項に従いライセンスされ、Linuxカーネルバージョン2.6の標準的な機能の一部となっている。AppArmor、Security-Enhanced Linux (SELinux)、そして TOMOYO Linuxは現在メインライン(メインストリーム)カーネル(リーナス・トーバルズにより管理されるカーネルソースコードツリーで公式のLinuxカーネル)に存在するLSMベースのセキュリティモジュールである。 カーネルソースコードディレクトリのトップにあるsecurity/というディレクトリの下にカーネル内処理に関するサブルーチン群が、include/linux/security.hヘッダファイルに主要な関数・構造体のプロトタイプ宣言や有益なマクロ、インライン関数がある。 "Linux Security Module"と呼称する文書・Webページが散見されるが、正しくはLinux Security Modulesである。 (ja)
rdfs:label
  • Linux Security Modules (ja)
  • Linux Security Modules (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of