M6は、LWRCインターナショナルによって設計および製造された一連のカービンである。それはM4カービンを元にしており、パーツの80%を共有している。 「M」と名前についているが、アメリカ軍の制式採用ではない。 HK416と同様、独自のガスピストンシステムとボルトキャリア/キャリアキーの設計により、弾丸が発射された際に排出されるガスが武器のボルトキャリアまたはレシーバに接触するのを防ぎ、内部の加熱やガスによる汚染を低減し、また 武器のメンテナンスを簡素化し、信頼性を向上させる。 標準となるバレルの長さは16.1インチで、バレル、内外ともにピストン部品を覆うフェライト軟窒加工された1/7インチのツイスト(6条、右回り)バレルを備えている。また、10.5インチ、12.7インチ、14.7インチ、18インチ(一部のモデルで使用可能)のバレル長が用意されている。 ディスカバリーチャンネルでは、M6A2とM6A4が登場した。さらにこの武器は、SWATチームが装備するカービンとして、スパイクTVショー最悪の戦士のエピソード、「SWAT対GSG-9」において特集された。

Property Value
dbo:abstract
  • M6は、LWRCインターナショナルによって設計および製造された一連のカービンである。それはM4カービンを元にしており、パーツの80%を共有している。 「M」と名前についているが、アメリカ軍の制式採用ではない。 HK416と同様、独自のガスピストンシステムとボルトキャリア/キャリアキーの設計により、弾丸が発射された際に排出されるガスが武器のボルトキャリアまたはレシーバに接触するのを防ぎ、内部の加熱やガスによる汚染を低減し、また 武器のメンテナンスを簡素化し、信頼性を向上させる。 標準となるバレルの長さは16.1インチで、バレル、内外ともにピストン部品を覆うフェライト軟窒加工された1/7インチのツイスト(6条、右回り)バレルを備えている。また、10.5インチ、12.7インチ、14.7インチ、18インチ(一部のモデルで使用可能)のバレル長が用意されている。 ディスカバリーチャンネルでは、M6A2とM6A4が登場した。さらにこの武器は、SWATチームが装備するカービンとして、スパイクTVショー最悪の戦士のエピソード、「SWAT対GSG-9」において特集された。 (ja)
  • M6は、LWRCインターナショナルによって設計および製造された一連のカービンである。それはM4カービンを元にしており、パーツの80%を共有している。 「M」と名前についているが、アメリカ軍の制式採用ではない。 HK416と同様、独自のガスピストンシステムとボルトキャリア/キャリアキーの設計により、弾丸が発射された際に排出されるガスが武器のボルトキャリアまたはレシーバに接触するのを防ぎ、内部の加熱やガスによる汚染を低減し、また 武器のメンテナンスを簡素化し、信頼性を向上させる。 標準となるバレルの長さは16.1インチで、バレル、内外ともにピストン部品を覆うフェライト軟窒加工された1/7インチのツイスト(6条、右回り)バレルを備えている。また、10.5インチ、12.7インチ、14.7インチ、18インチ(一部のモデルで使用可能)のバレル長が用意されている。 ディスカバリーチャンネルでは、M6A2とM6A4が登場した。さらにこの武器は、SWATチームが装備するカービンとして、スパイクTVショー最悪の戦士のエピソード、「SWAT対GSG-9」において特集された。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 3800092 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5757 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 92308180 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:action
  • Rotating bolt, selective fire (ja)
  • Rotating bolt, selective fire (ja)
prop-ja:caption
  • 写真のLWRC M6A2は、「フラット・ダーク・アース」によって塗装され、サプレッサー、ホログラフィック・サイトを備えた短いバレルで構成されている。 (ja)
  • 写真のLWRC M6A2は、「フラット・ダーク・アース」によって塗装され、サプレッサー、ホログラフィック・サイトを備えた短いバレルで構成されている。 (ja)
prop-ja:cartridge
  • 5.560000 (xsd:double)
  • 6.800000 (xsd:double)
prop-ja:designer
prop-ja:feed
prop-ja:isRanged
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:manufacturer
  • LWRC (ja)
  • LWRC (ja)
prop-ja:name
  • LWRC M6 (ja)
  • LWRC M6 (ja)
prop-ja:origin
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:productionDate
  • 2006 (xsd:integer)
prop-ja:rate
  • 700 (xsd:integer)
prop-ja:sights
  • Troy BUIS Flip-Up iron sights (ja)
  • Troy BUIS Flip-Up iron sights (ja)
prop-ja:type
prop-ja:unitCost
  • 2350.0 (dbd:usDollar)
prop-ja:variants
  • M6, M6A1, M6A2, M6A3, M6A4 (ja)
  • M6, M6A1, M6A2, M6A3, M6A4 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • M6は、LWRCインターナショナルによって設計および製造された一連のカービンである。それはM4カービンを元にしており、パーツの80%を共有している。 「M」と名前についているが、アメリカ軍の制式採用ではない。 HK416と同様、独自のガスピストンシステムとボルトキャリア/キャリアキーの設計により、弾丸が発射された際に排出されるガスが武器のボルトキャリアまたはレシーバに接触するのを防ぎ、内部の加熱やガスによる汚染を低減し、また 武器のメンテナンスを簡素化し、信頼性を向上させる。 標準となるバレルの長さは16.1インチで、バレル、内外ともにピストン部品を覆うフェライト軟窒加工された1/7インチのツイスト(6条、右回り)バレルを備えている。また、10.5インチ、12.7インチ、14.7インチ、18インチ(一部のモデルで使用可能)のバレル長が用意されている。 ディスカバリーチャンネルでは、M6A2とM6A4が登場した。さらにこの武器は、SWATチームが装備するカービンとして、スパイクTVショー最悪の戦士のエピソード、「SWAT対GSG-9」において特集された。 (ja)
  • M6は、LWRCインターナショナルによって設計および製造された一連のカービンである。それはM4カービンを元にしており、パーツの80%を共有している。 「M」と名前についているが、アメリカ軍の制式採用ではない。 HK416と同様、独自のガスピストンシステムとボルトキャリア/キャリアキーの設計により、弾丸が発射された際に排出されるガスが武器のボルトキャリアまたはレシーバに接触するのを防ぎ、内部の加熱やガスによる汚染を低減し、また 武器のメンテナンスを簡素化し、信頼性を向上させる。 標準となるバレルの長さは16.1インチで、バレル、内外ともにピストン部品を覆うフェライト軟窒加工された1/7インチのツイスト(6条、右回り)バレルを備えている。また、10.5インチ、12.7インチ、14.7インチ、18インチ(一部のモデルで使用可能)のバレル長が用意されている。 ディスカバリーチャンネルでは、M6A2とM6A4が登場した。さらにこの武器は、SWATチームが装備するカービンとして、スパイクTVショー最悪の戦士のエピソード、「SWAT対GSG-9」において特集された。 (ja)
rdfs:label
  • LWRC M6 (ja)
  • LWRC M6 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of