LHS 3844 bとは、トランジット系外惑星探索衛星(TESS)によって発見された赤色矮星LHS 3844の周囲を公転している太陽系外惑星である。公転周期は11時間であり、半径は地球の1.32倍である。アルベドが低いため、表面は月や水星の表面に似ている可能性がある。LHS 3844 bは、夜間に殆ど熱が伝わらないため、恐らく大気はないとみられ、昼間の気温は1,040 K (770 °C; 1,410 °F)である。しかし、0.1バールを超える雲頂を伴う曇りと同様な環境の存在を排除することはできない。

Property Value
dbo:abstract
  • LHS 3844 bとは、トランジット系外惑星探索衛星(TESS)によって発見された赤色矮星LHS 3844の周囲を公転している太陽系外惑星である。公転周期は11時間であり、半径は地球の1.32倍である。アルベドが低いため、表面は月や水星の表面に似ている可能性がある。LHS 3844 bは、夜間に殆ど熱が伝わらないため、恐らく大気はないとみられ、昼間の気温は1,040 K (770 °C; 1,410 °F)である。しかし、0.1バールを超える雲頂を伴う曇りと同様な環境の存在を排除することはできない。 大気の損失を説明するために、LHS 3844 bは恒星系の雪線の内部に形成されたといった説が提示されている。なぜなら、それが雪線を越えて形成された場合、表面には揮発性物質を含んだ厚い大気が存在するとされているためである。大気の損失に関するモデルによれば、現在まで大気を維持するのに十分であったはずである。LHS 3844 bはガス放出が発生していた揮発性の低いマントルで形成された。なぜなら、マントルの構成が地球のものと類似していて、プレートテクトニクスである場合、主星が赤色矮星でない限り厚い大気を維持しているはずであるためである。その場合、赤色矮星にフレアが発生している場合を除いて、厚い大気を維持している。大気の損失における別の説明としては大気とマントルが失われるほどの大きな衝突が発生したという説も存在する。彗星を介して揮発性物質が惑星に運ばれないことを説明するために主星から離れた位置に巨大ガス惑星が存在している可能性もある。 (ja)
  • LHS 3844 bとは、トランジット系外惑星探索衛星(TESS)によって発見された赤色矮星LHS 3844の周囲を公転している太陽系外惑星である。公転周期は11時間であり、半径は地球の1.32倍である。アルベドが低いため、表面は月や水星の表面に似ている可能性がある。LHS 3844 bは、夜間に殆ど熱が伝わらないため、恐らく大気はないとみられ、昼間の気温は1,040 K (770 °C; 1,410 °F)である。しかし、0.1バールを超える雲頂を伴う曇りと同様な環境の存在を排除することはできない。 大気の損失を説明するために、LHS 3844 bは恒星系の雪線の内部に形成されたといった説が提示されている。なぜなら、それが雪線を越えて形成された場合、表面には揮発性物質を含んだ厚い大気が存在するとされているためである。大気の損失に関するモデルによれば、現在まで大気を維持するのに十分であったはずである。LHS 3844 bはガス放出が発生していた揮発性の低いマントルで形成された。なぜなら、マントルの構成が地球のものと類似していて、プレートテクトニクスである場合、主星が赤色矮星でない限り厚い大気を維持しているはずであるためである。その場合、赤色矮星にフレアが発生している場合を除いて、厚い大気を維持している。大気の損失における別の説明としては大気とマントルが失われるほどの大きな衝突が発生したという説も存在する。彗星を介して揮発性物質が惑星に運ばれないことを説明するために主星から離れた位置に巨大ガス惑星が存在している可能性もある。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 4269531 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5587 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88747263 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:base
  • Earth (ja)
  • Earth (ja)
prop-en:exoplanet
  • LHS 3844 b (ja)
  • LHS 3844 b (ja)
prop-en:pError
  • 0.050600 (xsd:double)
prop-en:parallax
  • 67.154800 (xsd:double)
prop-en:radius
  • 132 (xsd:integer)
prop-en:wikiPageUsesTemplate
prop-en:アルベド
  • <0.2 (ja)
  • <0.2 (ja)
prop-en:主恒星
prop-en:公転周期
  • (ja)
  • (ja)
prop-en:分類
prop-en:別名称
  • TIC 410153553 b (ja)
  • TOI-136.01 (ja)
  • TIC 410153553 b (ja)
  • TOI-136.01 (ja)
prop-en:半径
  • R⊕ (ja)
  • R⊕ (ja)
prop-en:和名
  • LHS 3844 b (ja)
  • LHS 3844 b (ja)
prop-en:固有運動
  • 赤経: 334.357 ミリ秒/年 (ja)
  • 赤緯: -726.974 ミリ秒/年 (ja)
  • 赤経: 334.357 ミリ秒/年 (ja)
  • 赤緯: -726.974 ミリ秒/年 (ja)
prop-en:
  • 340 (xsd:integer)
prop-en:画像ファイル
  • PIA23130-Exoplanet-LHS3844b-ArtistConcept-20190819.jpg (ja)
  • PIA23130-Exoplanet-LHS3844b-ArtistConcept-20190819.jpg (ja)
prop-en:画像説明
  • LHS 3844 bの想像図 (ja)
  • LHS 3844 bの想像図 (ja)
prop-en:発見方法
prop-en:発見日
  • 2018 (xsd:integer)
prop-en:発見者
  • トランジット系外惑星探索衛星(TESS) (ja)
  • トランジット系外惑星探索衛星(TESS) (ja)
prop-en:
  • 太陽系外惑星 (ja)
  • 太陽系外惑星 (ja)
prop-en:衛星数
  • 0 (xsd:integer)
prop-en:軌道の種類
prop-en:軌道傾斜角
  • &deg; (ja)
  • &deg; (ja)
prop-en:軌道長半径
  • au (ja)
  • au (ja)
prop-en:通過時刻
  • 2458325.725680 (xsd:double)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • LHS 3844 bとは、トランジット系外惑星探索衛星(TESS)によって発見された赤色矮星LHS 3844の周囲を公転している太陽系外惑星である。公転周期は11時間であり、半径は地球の1.32倍である。アルベドが低いため、表面は月や水星の表面に似ている可能性がある。LHS 3844 bは、夜間に殆ど熱が伝わらないため、恐らく大気はないとみられ、昼間の気温は1,040 K (770 °C; 1,410 °F)である。しかし、0.1バールを超える雲頂を伴う曇りと同様な環境の存在を排除することはできない。 (ja)
  • LHS 3844 bとは、トランジット系外惑星探索衛星(TESS)によって発見された赤色矮星LHS 3844の周囲を公転している太陽系外惑星である。公転周期は11時間であり、半径は地球の1.32倍である。アルベドが低いため、表面は月や水星の表面に似ている可能性がある。LHS 3844 bは、夜間に殆ど熱が伝わらないため、恐らく大気はないとみられ、昼間の気温は1,040 K (770 °C; 1,410 °F)である。しかし、0.1バールを超える雲頂を伴う曇りと同様な環境の存在を排除することはできない。 (ja)
rdfs:label
  • LHS 3844 b (ja)
  • LHS 3844 b (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-en:exoplanet of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of