Itanium(アイテニアム)は、インテルが2001年にリリースした、64ビットマイクロプロセッサ。ヒューレット・パッカード (HP) と共同開発した高性能サーバ向けの命令セットアーキテクチャであるIA-64を初めて採用した。 Itanium 2(アイテニアムツー)は、翌2002年に発表されたItaniumの後継で、3次キャッシュを内蔵させるなど性能の向上を図った。2008年2月25日、インテルはItanium 2の表記を「Itanium 9000」などに変更した。これはプロセッサナンバーの採用によりItaniumとItanium 2を区別する必要性が薄れたこと、ブランド力の強化などがあげられる。2019年1月、インテルは2021年のItaniumシリーズ製造終了を発表した。

Property Value
dbo:abstract
  • Itanium(アイテニアム)は、インテルが2001年にリリースした、64ビットマイクロプロセッサ。ヒューレット・パッカード (HP) と共同開発した高性能サーバ向けの命令セットアーキテクチャであるIA-64を初めて採用した。 Itanium 2(アイテニアムツー)は、翌2002年に発表されたItaniumの後継で、3次キャッシュを内蔵させるなど性能の向上を図った。2008年2月25日、インテルはItanium 2の表記を「Itanium 9000」などに変更した。これはプロセッサナンバーの採用によりItaniumとItanium 2を区別する必要性が薄れたこと、ブランド力の強化などがあげられる。2019年1月、インテルは2021年のItaniumシリーズ製造終了を発表した。 (ja)
  • Itanium(アイテニアム)は、インテルが2001年にリリースした、64ビットマイクロプロセッサ。ヒューレット・パッカード (HP) と共同開発した高性能サーバ向けの命令セットアーキテクチャであるIA-64を初めて採用した。 Itanium 2(アイテニアムツー)は、翌2002年に発表されたItaniumの後継で、3次キャッシュを内蔵させるなど性能の向上を図った。2008年2月25日、インテルはItanium 2の表記を「Itanium 9000」などに変更した。これはプロセッサナンバーの採用によりItaniumとItanium 2を区別する必要性が薄れたこと、ブランド力の強化などがあげられる。2019年1月、インテルは2021年のItaniumシリーズ製造終了を発表した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 123552 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 25859 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 25919 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80553060 (xsd:integer)
  • 84632407 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:fsb最低単位
  • MHz (ja)
  • MHz (ja)
prop-ja:fsb最低周波数
  • 266 (xsd:integer)
  • 400 (xsd:integer)
prop-ja:fsb最高周波数
  • 667 (xsd:integer)
prop-ja:qpi最低単位
  • GT/s (ja)
  • GT/s (ja)
prop-ja:qpi最低帯域
  • 4.800000 (xsd:double)
prop-ja:qpi最高単位
  • GT/s (ja)
  • GT/s (ja)
prop-ja:qpi最高帯域
  • 6.400000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:コア数
  • 1 (xsd:integer)
  • 1248 (xsd:integer)
prop-ja:コードネーム
  • Deerfield (ja)
  • Fanwood (ja)
  • Kittson (ja)
  • Madison (ja)
  • Mckinley (ja)
  • Merced (ja)
  • Montecito (ja)
  • Montvale (ja)
  • Paulson (ja)
  • Tukwila (ja)
  • Deerfield (ja)
  • Fanwood (ja)
  • Kittson (ja)
  • Madison (ja)
  • Mckinley (ja)
  • Merced (ja)
  • Montecito (ja)
  • Montvale (ja)
  • Paulson (ja)
  • Tukwila (ja)
prop-ja:ソケット
prop-ja:マイクロアーキテクチャ
  • Itaniumマイクロアーキテクチャ (ja)
  • Itaniumマイクロアーキテクチャ (ja)
prop-ja:名称
  • Itanium (ja)
  • Itanium 2 (ja)
  • Itanium (ja)
  • Itanium 2 (ja)
prop-ja:命令セット
prop-ja:最低周波数
  • 733 (xsd:integer)
  • 900 (xsd:integer)
prop-ja:最低周波数単位
  • MHz (ja)
  • MHz (ja)
prop-ja:最大プロセスルール
  • 0.180000 (xsd:double)
prop-ja:最小プロセスルール
  • 32.0
prop-ja:最高周波数
  • 2.660000 (xsd:double)
  • 800 (xsd:integer)
prop-ja:最高周波数単位
  • MHz (ja)
  • MHz (ja)
prop-ja:生産終了
  • 2002 (xsd:integer)
  • --01-30
  • --07-29
prop-ja:生産者
prop-ja:生産開始
  • 2001 (xsd:integer)
  • 2002 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Itanium.png (ja)
  • KL Intel Itanium2.jpg (ja)
  • Itanium.png (ja)
  • KL Intel Itanium2.jpg (ja)
prop-ja:画像の説明
  • Itanium 2 (ja)
  • Itanium 733MHz (ja)
  • Itanium 2 (ja)
  • Itanium 733MHz (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • Itanium(アイテニアム)は、インテルが2001年にリリースした、64ビットマイクロプロセッサ。ヒューレット・パッカード (HP) と共同開発した高性能サーバ向けの命令セットアーキテクチャであるIA-64を初めて採用した。 Itanium 2(アイテニアムツー)は、翌2002年に発表されたItaniumの後継で、3次キャッシュを内蔵させるなど性能の向上を図った。2008年2月25日、インテルはItanium 2の表記を「Itanium 9000」などに変更した。これはプロセッサナンバーの採用によりItaniumとItanium 2を区別する必要性が薄れたこと、ブランド力の強化などがあげられる。2019年1月、インテルは2021年のItaniumシリーズ製造終了を発表した。 (ja)
  • Itanium(アイテニアム)は、インテルが2001年にリリースした、64ビットマイクロプロセッサ。ヒューレット・パッカード (HP) と共同開発した高性能サーバ向けの命令セットアーキテクチャであるIA-64を初めて採用した。 Itanium 2(アイテニアムツー)は、翌2002年に発表されたItaniumの後継で、3次キャッシュを内蔵させるなど性能の向上を図った。2008年2月25日、インテルはItanium 2の表記を「Itanium 9000」などに変更した。これはプロセッサナンバーの採用によりItaniumとItanium 2を区別する必要性が薄れたこと、ブランド力の強化などがあげられる。2019年1月、インテルは2021年のItaniumシリーズ製造終了を発表した。 (ja)
rdfs:label
  • Itanium (ja)
  • Itanium (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:computingPlatform of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:supportedPlatforms of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of