IBM MQ(アイビーエム エムキュー)はIBMが開発・販売するメッセージングミドルウェアである。旧称はMQSeries、WebSphere MQなど。メッセージキュー方式の信頼性が高く非同期通信も可能なマルチプラットフォーム対応のメッセージ通信を提供する。システム連携などで使用される。 IBM MQ は各種プラットフォームでの時間を保証したメッセージ配信を行う。メッセージ交換の信頼性と堅牢性を強化し、メッセージを失わないことを保証する。 MQ は時間に依存しないアーキテクチャを構成する機構も提供する。メッセージをあるアプリケーションから別のアプリケーションに送信するとき、相手のアプリケーションがその時点で動作していなくてもよい。受信側アプリケーションが動作していないときにメッセージが送られた場合、キューマネージャが受信側が問い合わせてくるまでそれを保持しておく。メッセージの順序性はFIFO順で保持される。これは IBM MQ のキューマネージャに限った機能ではない。 IBM MQ は他のアプリケーションを起動するためのメッセージを受け付けて起動を実施できる。これによりメッセージ駆動型アーキテクチャを実現できる。

Property Value
dbo:abstract
  • IBM MQ(アイビーエム エムキュー)はIBMが開発・販売するメッセージングミドルウェアである。旧称はMQSeries、WebSphere MQなど。メッセージキュー方式の信頼性が高く非同期通信も可能なマルチプラットフォーム対応のメッセージ通信を提供する。システム連携などで使用される。 IBM MQ は各種プラットフォームでの時間を保証したメッセージ配信を行う。メッセージ交換の信頼性と堅牢性を強化し、メッセージを失わないことを保証する。 MQ は時間に依存しないアーキテクチャを構成する機構も提供する。メッセージをあるアプリケーションから別のアプリケーションに送信するとき、相手のアプリケーションがその時点で動作していなくてもよい。受信側アプリケーションが動作していないときにメッセージが送られた場合、キューマネージャが受信側が問い合わせてくるまでそれを保持しておく。メッセージの順序性はFIFO順で保持される。これは IBM MQ のキューマネージャに限った機能ではない。 通信相手のアーキテクチャの違いを IBM MQ で変換することによって対応することができる。例えば、ビッグエンディアンからリトルエンディアンへの変換やEBCDICからASCIIへの変換である。これは、"Exits" と呼ばれるアプリケーションコードで実行される。Exits はキューマネージャ上で動作し、必要に応じてデータ変換を行う。 IBM MQ は他のアプリケーションを起動するためのメッセージを受け付けて起動を実施できる。これによりメッセージ駆動型アーキテクチャを実現できる。 (ja)
  • IBM MQ(アイビーエム エムキュー)はIBMが開発・販売するメッセージングミドルウェアである。旧称はMQSeries、WebSphere MQなど。メッセージキュー方式の信頼性が高く非同期通信も可能なマルチプラットフォーム対応のメッセージ通信を提供する。システム連携などで使用される。 IBM MQ は各種プラットフォームでの時間を保証したメッセージ配信を行う。メッセージ交換の信頼性と堅牢性を強化し、メッセージを失わないことを保証する。 MQ は時間に依存しないアーキテクチャを構成する機構も提供する。メッセージをあるアプリケーションから別のアプリケーションに送信するとき、相手のアプリケーションがその時点で動作していなくてもよい。受信側アプリケーションが動作していないときにメッセージが送られた場合、キューマネージャが受信側が問い合わせてくるまでそれを保持しておく。メッセージの順序性はFIFO順で保持される。これは IBM MQ のキューマネージャに限った機能ではない。 通信相手のアーキテクチャの違いを IBM MQ で変換することによって対応することができる。例えば、ビッグエンディアンからリトルエンディアンへの変換やEBCDICからASCIIへの変換である。これは、"Exits" と呼ばれるアプリケーションコードで実行される。Exits はキューマネージャ上で動作し、必要に応じてデータ変換を行う。 IBM MQ は他のアプリケーションを起動するためのメッセージを受け付けて起動を実施できる。これによりメッセージ駆動型アーキテクチャを実現できる。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • V9.1 /2018年7月
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1001102 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4715 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87451050 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • IBM MQ (ja)
  • IBM MQ (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:最新版
  • V9.1 / 2018年7月 (ja)
  • V9.1 / 2018年7月 (ja)
prop-ja:種別
prop-ja:開発元
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • IBM MQ(アイビーエム エムキュー)はIBMが開発・販売するメッセージングミドルウェアである。旧称はMQSeries、WebSphere MQなど。メッセージキュー方式の信頼性が高く非同期通信も可能なマルチプラットフォーム対応のメッセージ通信を提供する。システム連携などで使用される。 IBM MQ は各種プラットフォームでの時間を保証したメッセージ配信を行う。メッセージ交換の信頼性と堅牢性を強化し、メッセージを失わないことを保証する。 MQ は時間に依存しないアーキテクチャを構成する機構も提供する。メッセージをあるアプリケーションから別のアプリケーションに送信するとき、相手のアプリケーションがその時点で動作していなくてもよい。受信側アプリケーションが動作していないときにメッセージが送られた場合、キューマネージャが受信側が問い合わせてくるまでそれを保持しておく。メッセージの順序性はFIFO順で保持される。これは IBM MQ のキューマネージャに限った機能ではない。 IBM MQ は他のアプリケーションを起動するためのメッセージを受け付けて起動を実施できる。これによりメッセージ駆動型アーキテクチャを実現できる。 (ja)
  • IBM MQ(アイビーエム エムキュー)はIBMが開発・販売するメッセージングミドルウェアである。旧称はMQSeries、WebSphere MQなど。メッセージキュー方式の信頼性が高く非同期通信も可能なマルチプラットフォーム対応のメッセージ通信を提供する。システム連携などで使用される。 IBM MQ は各種プラットフォームでの時間を保証したメッセージ配信を行う。メッセージ交換の信頼性と堅牢性を強化し、メッセージを失わないことを保証する。 MQ は時間に依存しないアーキテクチャを構成する機構も提供する。メッセージをあるアプリケーションから別のアプリケーションに送信するとき、相手のアプリケーションがその時点で動作していなくてもよい。受信側アプリケーションが動作していないときにメッセージが送られた場合、キューマネージャが受信側が問い合わせてくるまでそれを保持しておく。メッセージの順序性はFIFO順で保持される。これは IBM MQ のキューマネージャに限った機能ではない。 IBM MQ は他のアプリケーションを起動するためのメッセージを受け付けて起動を実施できる。これによりメッセージ駆動型アーキテクチャを実現できる。 (ja)
rdfs:label
  • IBM MQ (ja)
  • IBM MQ (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • IBM MQ (ja)
  • IBM MQ (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of